映画-Movie Walker > 人物を探す > 戸川幸夫

年代別 映画作品( 1947年 ~ 1990年 まで合計17映画作品)

1990年

オーロラの下で

  • 1990年8月3日(金)公開
  • 原作

シベリアを舞台に日本人のマタギとオオカミ犬との固い友情を描く。戸川幸夫原作の同名小説の映画化で、脚本は「傷だらけの勲章」の大和屋竺と「誓いの休暇」のイジョフ・ヴァレンティン・イワノヴィッチの共同執筆。監督は「イタズ 熊」の後藤俊夫。撮影は「公園通りの猫たち」の奥村祐治がそれぞれ担当。日本=ソ連合作。

監督
後藤俊夫
出演キャスト
役所広司 マリーナ・ズージナ 桜田淳子 ガッツ石松
1987年

イタズ 熊

  • 1987年当年公開
  • 監修

老マタギと少年とイタズ(熊)の出会いを基に生命の大切さを描く。脚本は「結婚案内ミステリー」の小野竜之助、監督は原作も執筆した「マタギ」の後藤俊夫、撮影は同作の山崎尭也がそれぞれ担当。

監督
後藤俊夫
出演キャスト
田村高廣 桜田淳子 宮田浩史 小島三児
1980年

知床の詩 この原始と野生の地

  • 1980年当年公開
  • 出演

北海道・知床半島を横断する一般国道334号知床横断道路の開通によって、素晴らしい知床の自然がどう変わるかを考察したドキュメンタリー。出演は児童文学作家の戸川幸夫。演出・脚本は「みなみ北海道の旅」の森道夫。ナレーションは田口計。1980年12月6日にHBC-TBS-CBC-MBS-RKB全国放送。視聴率26パーセントと好評を得た。

出演キャスト
戸川幸夫
1968年

北海道物語

  • 1968年6月15日(土)公開
  • 製作委員会

北海道開拓百年記念映画として製作されたもので、杉原文治と井出玉江が共同でシナリオを執筆し、杉原文治が監督した長編ドキュメンタリー。撮影は伊藤義一、諌山雄幸、山下亘が三班に分れて担当した。

監督
杉原文治
1967年

東京市街戦

  • 1967年11月18日(土)公開
  • 原作

文芸春秋所載の戸川幸夫原作「東京市街戦」を、「波止場の鷹」のコンビの小川英が脚色し、西村昭五郎が監督したアクションもの。撮影は「対決(1967)」の萩原憲治。

監督
西村昭五郎
出演キャスト
渡哲也 松原智恵子 佐々木孝丸 宍戸錠
1965年

マカオの竜

  • 1965年12月18日(土)公開
  • 原作

戸川幸夫の原作を、「怪盗X 首のない男」の山崎巌と「黒い賭博師 ダイスで殺せ」の江崎実生が共同でシナリオを執筆、江崎実生が監督したアクションもの。撮影は「未成年」の横山実。

監督
江崎実生
出演キャスト
小林旭 宍戸錠 佐野茂夫 十朱幸代
1964年

間諜中野学校 国籍のない男たち

  • 1964年5月31日(日)公開
  • 原作

戸川幸夫の原作『南海の肉弾』より「銀座の次郎長 天下の一大事」の中西隆三と「若い港」の銀座三十五が共同で脚色「抜き射ちの竜 拳銃の歌」の野口晴康が監督したアクションもの。撮影は「帝銀事件 死刑囚」の岩佐一泉。

監督
野口晴康
出演キャスト
二谷英明 岩崎加根子 山本陽子 西尾三枝子
1962年

大氷原(1962)

  • 1962年4月22日(日)公開
  • 原作

戸川幸夫原作を「湖畔の人」の秋元隆太が脚色、「北帰行より 渡り鳥北へ帰る」の斎藤武市が監督したミステリー・アクションもの。撮影もコンビの高村倉太郎。

監督
斎藤武市
出演キャスト
宍戸錠 和泉雅子 小高雄二 沢本忠雄
1960年

地の涯に生きるもの

  • 1960年10月16日(日)公開
  • 原作

戸川幸夫の『オホーツク老人』の映画化で、知床半島に猫だけを相手に一冬をすごす男の物語。三枝睦明と久松静児が脚色し、「新・女大学」のコンビ久松静児が監督し、遠藤精一が撮影した。パースペクタ立体音響。昭和35年度芸術祭参加作品。

監督
久松静児
出演キャスト
森繁久彌 草笛光子 山崎努 船戸順
1959年

波止場の無法者

  • 1959年11月15日(日)公開
  • 原作

戸川幸夫の原作小説を「浮気の季節」の松浦健郎が脚色「ギターを持った渡り鳥」の斎藤武市が監督した、マドロスものアクション・ドラマ。撮影も同じく「ギターを持った渡り鳥」の高村倉太郎。

監督
斎藤武市
出演キャスト
小林旭 浅丘ルリ子 中原早苗 岡田眞澄
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 戸川幸夫