映画-Movie Walker > 人物を探す > フランク・ストレイヤー

年代別 映画作品( 1926年 ~ 1950年 まで合計11映画作品)

1950年

ブロンディ子守の巻

  • 1950年3月7日(火)公開
  • 監督

監督のフランク・ストレイヤーはコロンビアの幾多のブロンディ・シリーズを手がけている監督で、ストーリィは「失恋4人男」のリチャード・フラーノイ。「ブロンディ」映画を数多く手担当したロバート・チャピン、カレン・デ・ウォルフ、リチャード・フローノイによって書かれ、「凸凹スパイ騒動」「姉妹と水兵」のグラディス・レーマンが脚色に当たっている。ブロンディ・シリーズの名コンビ、ペニー・シングルトン、アーサー・レイク、5歳のラリー・シムズが主演し、「出獄」のジョナサン・ヘールが助演。

監督
フランク・ストレイヤー
出演キャスト
ペニー・シングルトン アーサー・レイク ラリー・シムズ デイズイ
1936年

沿岸警備船

  • 1936年当年公開
  • 監督

「南方の騎士」「紅唇罪あり」のジョン・ウェインが主演する映画で、ドレル・マクゴワンとスチュアート・マクゴワンの原作をジョージ・ワグナーが脚色し、フランク・ストレイヤーが監督にあたり、アーチー・スタウトが撮影した。助演には「快速突破隊」のナン・グレイ、「三角の月」のウィリアム・ベイクウェル、「丘の一本松」のファジー・ナイト、ラッセル・ヒックス、等である。

監督
フランク・ストレイヤー
出演キャスト
ジョン・ウェイン ナン・グレイ ウィリアム・ベイクウェル ファジー・ナイト
1931年

春宵綺談

  • 1931年当年公開
  • 監督

「ケンタッキーの唄」のジョセフ・ワグスタッフ、「有頂天時代(1930)」「ハヴァナから来た女」のローラ・レーン、「1930年フォックス・フォリース」「サニー・サイド・アップ」のフランク・リチャードソン等が主演するミュージカル・コメディー映画で、アンドリュー・ベニソンが原作を書き、「1930年フォックス・フォリース」「想夫舞曲」のウィリアム・ケイ・ウェルズが脚色台詞、「陸戦隊のモーラン」「金髪騒動」のフランク・ストレイヤーが監督、「熱砂果つるところ」「ツェッペリン倫敦襲撃」のコンラッド・ウェルズが撮影した。助演者は「最敬礼」のシャロン・リン、「浮気発散」のディキシー・リー、ウォルター・カトレット、イルカ・チェイス、チャールズ・ジューデルス等である。

監督
フランク・ストレイヤー
出演キャスト
ジョセフ・ワグスタッフ ローラ・レーン シャロン・リン フランク・リチャードソン
1929年

モダーン・イヴ

  • 1929年当年公開
  • 監督

「金髪騒動」「陸戦隊のモーラン」と同じくフランク・ストレイヤー氏の監督作品でグラディス・レーマン女史が原作並びに脚色の筆をとった。主演者は「私のあなた」「乙女純情」のパッシー・ルス・ミラー嬢と「紳士は金髪がお好き(1928)」「万事円満」のフォード・スターリング氏、で他に「ブロードウェイ・メロディー」のジェット・プラウディー氏、「ウォール街の狼」のアーサー・ランキン氏、ガートルード・アスター嬢その他が助演している。カメラは「青春の夢(1929)」「ドノヴァン」のテッド・テズラフ氏が担任。

監督
フランク・ストレイヤー
出演キャスト
パッシー・ルス・ミラー フォード・スターリング ジェッド・プラウティー ガートルード・アスター
1928年

金髪の歌

  • 1928年当年公開
  • 監督

「紳士は金髪がお好き(1928)」に主演したルース・テイラー嬢とジェームズ・ホール氏との第1回共演映画で「アビーの白薔薇」の作者アン・ニコルズ女史作の喜劇を映画化したもの。脚色にはフランク・バトラー氏とギルバート・プラット氏が協力し「彌次喜多探偵の巻」「乱暴ロージー」のフランク・ストレイヤー氏が監督した。助演者はかつてパラマウントのスターだったライラ・リー嬢、ハリソン・フォード氏、ウィリアム・オースティン氏、アイヴィー・ハリス嬢ウェード・ボトラー氏等。因みにジェームズ・ホール氏の最近出演映画には「四人の息子(1928)」「娘十八爆発時代」等がある。

監督
フランク・ストレイヤー
出演キャスト
ジェームズ・ホール ルース・テイラー ハリソン・フォード ウィリアム・オースティン

弥次喜多探偵の巻

  • 1928年当年公開
  • 監督

「弥次喜多女難の巻」に次ぐウォーレス・ビアリー氏、レイモンド・ハットン氏共演の弥次喜多物で、「弥次喜多空中の巻」と同じくフランク・ストレイヤー氏が監督している。グローヴァ・ジョーンズ氏とギルバート・プラット氏とが協同して原作並に脚色を書いた。「凸凹青春の巻」でコンクリン、フィールヅの凸凹組を助演したメアリー・ブライアン嬢とジャック・ルーデン氏、それから「最後の命令」出演のウィリアム・パウエル氏、その他アーサー・ハウスマン氏、ジョセフ・ダブリュー・ジラード氏、ジョージ・アーヴィング氏、ジャック・リチャードソン氏などが出演している。因に今度はハットン氏は一人二役を演ずる。

監督
フランク・ストレイヤー
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー レイモンド・ハットン メアリー・ブライアン ウィリアム・パウエル

陸戦隊のモーラン

  • 1928年当年公開
  • 監督

「野球王」「特製運動服」「金は天下の廻りもの」等と同じくリチャード・ディックス氏主演喜活劇で、世界早回り旅行の記録保持者たる新聞記者リントン・ウェルス氏の原作をサム・ミンツ氏とレイ・ハリス氏とが改作し、アグネス・ブランド・リー女史が脚色し、「乱暴ロージー」「彌次喜多探偵の巻」等と同じくフランク・ストレイヤー氏が監督したものである。助演者は大西洋横断飛行を試みた女流飛行家レース・エルダー嬢を始め、ブルックス・ベネディクト氏、ロスコー・カーンス氏、駒井哲氏、バー・マッキントッシュ氏等である。

監督
フランク・ストレイヤー
出演キャスト
リチャード・ディックス レース・エルダー ブルックス・ベネディクト バー・マッキントッシュ
1927年

弥次喜多空中の巻

  • 1927年当年公開
  • 監督

「弥次喜多消防の巻」に次いで製作されたウォーレス・ビアリー氏、レイモンド・ハットン氏共演喜劇で、弥次喜多物に御馴染みのモンテ・ブライス氏がキーン・トンプソン氏と共に原作を書き、トム・ジェラティー氏が脚色し、「乱暴ロージー」「恋慕やつれ」等と同じくフランク・ストレイヤー氏が監督したもの。助演者は「オール持つ手に」「百貨店」等出演のルイズ・ブルックス嬢を始め、ラッセル・シンプソン氏、マルコム・ウエイト氏、エミール・ショータール氏等である。

監督
フランク・ストレイヤー
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー レイモンド・ハットン ラッセル・シンプソン マルコム・ウエイト

乱暴ローシー

  • 1927年当年公開
  • 監督

「あれ」「離婚時代」に続いて製作されたクララ・ボウ嬢主演映画で、ナナリー・ジョンソン氏作の雑誌小説をマックス・マーシン氏が加筆し、ルイズ・ロング女史とエセル・ドハテイー女史とが脚色し、「恋慕やつれ」「女房いぬ間に」と同じくフランク・ストレイヤー氏が監督したもの。ボウ嬢の相手役は「鉄蹄万里」「嵐の翼」等出演のリード・ハウス氏で、アーサー・ハウスマン氏、ドリス・ヒル嬢、ダグラス・ギルモア氏等が助演している。

監督
フランク・ストレイヤー
出演キャスト
クララ・ボウ リード・ハウス アーサー・ハウスマン ドリス・ヒル
1926年

女房いぬ間に

  • 1926年当年公開
  • 監督

ダグラス・ブロンストン氏の原作によって「恋慕やつれ」と同じくフランク・ストレイヤー氏が監督したもので、主役は「お転婆キキー(1926)」「お洒落娘」等出演のジョージ・K・アーサー氏と「偽りの警報」「命の警笛」等出演のドロシー・レヴイア嬢で、ダマス。リケッツ氏、ハリー・デップ氏が助演している。

監督
フランク・ストレイヤー
出演キャスト
ジョージ・K・アーサー ドロシー・レヴィア トマス・リケッツ ネッド・スパークス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フランク・ストレイヤー