映画-Movie Walker > 人物を探す > エリオット・ニュージェント

年代別 映画作品( 1927年 ~ 1955年 まで合計24映画作品)

1935年

ソプラノ奥様

  • 1935年公開
  • 監督

「巌窟王(1934)」「暴君ネロ(1932)」のエリッサ・ランディと「盲目の飛行士」「三日姫君」のケーリー・グラントが主役を演じる映画で、「三角の月」「彼女は僕を愛さない」のエリオット・ニュージェントが監督に当たったもの。原作はギルダ・ヴァレシ・アーキボルドとドロテア・ダン・バーンズ共作の戯曲で、「可愛いマーカちゃん」「明日無き抱擁」のグラディス・レーマンがチャールズ・ブラケットと共同して脚色した。撮影は「女は要らねえ」のシロドア・スパーキュールと「盲目の飛行士」のウィリアム・C・メラーが共同担当。助演は「ルムバ」「その夜の真心」のリン・オヴァーマンを始め、「青春の頬杖」のシャロン・リン、新顔のミシュレット・ビュラニ、「空中レヴュー時代」のポール・ポルカシ、「海軍士官候補生(1933)」のフランク・アルバートソン、「西部無敵王」のセシリア・パーカー、エイドリアン・ロズリーらで、有名な歌手のポネーリが特別出演している。

監督
エリオット・ニュージェント
出演キャスト
エリッサ・ランディ ケーリー・グラント リン・オヴァーマン シャロン・リン
1934年

彼女は僕を愛さない

  • 1934年公開
  • 監督

「恋と胃袋」「虹の都へ」のビング・クロスビーが「生活の設計」「南風」のミリアム・ホプキンソと共に主演する映画で、エドワード・ホープの小説とハワード・リンゼイの戯曲を素材として「恋の手ほどき(1933)」「坊やはおやすみ」のベンジャミン・グレイザーが脚色し「三角の月」「生の創め」のエリオット・ニュージェントが監督に当たり、「恋と胃袋」「あたしは別よ」のチャールズ・ラングが撮影している。助演者は「絢爛たる殺人」のキティー・カーライル、「可愛いマーカちゃん」のリン・オヴァーマン、「第三の恋」「新世紀」のエドワード・ヌージェント、「罪じゃないわよ」のウォーレン・ハイマー、「若草物語(1933)」のヘンリー・スティーブンソン、「かぼちゃ太夫」のジュディス・アレン、「ロイドの大勝利」のジョージ・バービア、「世界拳闘王」のヴィンス・バーネット、「妾は天使じゃない」のラルフ・ハロルドという顔触れである。

監督
エリオット・ニュージェント
出演キャスト
ビング・クロスビー ミリアム・ホプキンス キティー・カーライル エドワード・ヌージェント
1933年

三角の月

  • 1933年公開
  • 監督

「裁かれる魂」「闇の口笛」のエリオット・ニュージェントが監督した映画で、ガートルード・トンコノジイ作の戯曲に基づき、「ジェニイの一生」「ブロンド・ヴィナス」のS・K・ローレンと「恋愛百科全書」の「偽りのマドンナ」のレイ・ハリスが共同脚色した。主なる出演者は「暴君ネロ(1932)」「お化け大統領」のクローデッド・コルベール、「響け応援歌」「ビール万歳」のリチャード・アーレン、「未亡人倶楽部」「ママはパパが好き」のメアリー・ボーランドを始め、「怪物団」のウォーレス・フォード、「鉄血士官校」のトム・ブラウン、「カンターの闘牛師」のリダ・ロバーティ、「戦く幻影」のウィリアム・ベイクウェル、「進め女性軍」のジョーン・マーシュ、「恋の凱歌」のハーディ・オルブライト等で、撮影は「ジェニイの一生」のレオン・シャムロイの担当。B・P・シュールバーグ作品である。

監督
エリオット・ニュージェント
出演キャスト
クローデット・コルベール リチャード・アーレン メアリー・ボーランド ウォーレス・フォード

自由の翼

  • 1933年公開
  • 監督

「裏町」「蒼白いまぶた」のアイリーン・ダンと「大帝国行進曲」「林檎の頬」のクライヴ・ブルックが主演する映画で、「三角の月」「生の創め」のエリオット・ニュージェントが監督にあたった。原作はイギリス劇作家ジョン・ヴァン・ドルーテン作の舞台劇で「今日限りの命」のドワイト・テイラーが脚色に任じた。助演俳優は「風雲の支那」のニルス・アスター、「相寄る魂」のローラ・ホープ・クルーズ、「愛の鳴咽」のヘンリー・スティーブンソン、「暴君ネロ(1932)」のヴィヴィアン・トビン等で、撮影は「立ち上がるアメリカ」「頓珍漢外交ゼネバ行」のエドワード・クロンジェガーの担任である。

監督
エリオット・ニュージェント
出演キャスト
アイリーン・ダン クライヴ・ブルック ニルス・アスター ヘンリー・スティーブンソン

闇の口笛

  • 1933年公開
  • 監督、脚色

舞台の喜劇俳優として名あり、無声映画時代に23回映画に顔をみせたことのあるアーネスト・トルエックスがトーキーへの初主演映画で、原作は氏自らブロードウェイで当てたローレンス・グロス、エドワード・チャイルヅ・カーペンター合作の舞台喜劇で、「裁かれる魂」「新生の曙」のエリオット・ニュージェントが監督に当たり、脚色にも任じている。撮影は「キートンの決闘狂」「街の野獣(1932)」のノーバート・ブロディンの担当。助演者は「夫婦戦線」「待ちかねる処女」のユーナ・マーケル、「戦慄街」「放送室の殺人」のエドワード・アーノルド、「私重役様よ」のジョン・ミルジャン、「満蒙龍騎隊」のC・ヘンリー・ゴードン、かつての喜劇映画スターの1人ジョニー・ハインズ「恐怖城」のジョセフ・カウソーンその他である。

監督
エリオット・ニュージェント
出演キャスト
アーネスト・トルエックス ウナ・マーケル エドワード・アーノルド ジョン・ミルジャン
1932年

裁かれる魂

  • 1932年公開
  • 監督

「モンテ・カルロの女」「処女読本(1932)」出演のウォーレンス・ウィリアムが主演する映画でフランク・J・コリンズが書卸したストーリーをアール・ポールドウィンが脚色し、「女傑」のジェームズ・フラッドが俳優から監督となったエリオット・ニュージェントと共同して監督に当たり、「悪魔スヴェンガリ」「狂へる天才」のバーニー・マクギルが撮影したもの。助演者は「モルグ街の殺人」「紳士酒場」出演のシドニー・フォックス、「特集社会面」のアリーン・マクマホン、「暁の偵察」のウィリアム・ジャニー、「天晴れヴォング」のラルフ・インス「ミラクルマン(1932)」のジョン・レイ、「ルンペン紳士」のガイ・キッピー及びメイ・マディスン、J・キャロル・ネッシュ、モーガン・ウォーレス、ノール・フランシス、スタンリー・フィールズ等である。

監督
ジェームズ・フラッド エリオット・ニュージェント
出演キャスト
ウォーレン・ウィリアム シドニー・フォックス アリーン・マクマホン ウィリアム・ジャニー

生の創め(1932)

  • 1932年公開
  • 監督

「裁かれる魂」と同じくジェームズ・フラッドとエリオット・ニュージェントが共同監督した映画で、1932年ニューヨークで当たりをとったメアリー・マクドゥーガル・アクセルソン作の舞台劇の基づいて、「劇場王ブラウン」「ドクターX」のアール・ボールドウィンが脚色に当たった。主演者「天晴れウォング」「放蕩息子」のロレッタ・ヤングと「群集の喚呼」「戦慄街」のエリック・リンデンで、「裁かれる魂」のアリーン・マクマホン、「仮面の米国」のグレンダ・ファレル、「豪華船」のヴィヴェエン・オスボン、「二秒間」のブレストン・フォスター、「僕の武勇伝」のドロシー・ピーターソン、ギルバート・ローランド、ルーセルマ・スティーヴンス等が助演している。撮影は「タクシー」「都会の世紀末」のジェームズ・ヴァン・ツリースの担任。

監督
ジェームズ・フラッド エリオット・ニュージェント
出演キャスト
ロレッタ・ヤング エリック・リンデン アリーン・マクマホン グレンダ・ファレル
1931年

選手の後に娘あり

  • 1931年公開
  • 原作戯曲

J・C・ニュージェント、エリオット・ニュージェントの合作の舞台劇から「無冠の帝王」「繁昌娘」のロバート・ロード、「街のをんな」「春ひらく(1931)」のレイモンド・グリフィス、「躍り子をめぐりて」の監督者レイ・エンライトの3人が脚色し、台詞をつけ、「特集社会面」「犯罪王リコ」のマーヴィン・ルロイが監督し、「特集社会面」「繁昌娘」のソル・ポリートが撮影したもの。主なる出演者は「女が第一」「四拾八手の裏表」のジョー・E・ブラウン、「リオ・リタ」のドロシー・リー、「いんちき商売」のルース・ホール、エドワード・ウッズ、ウェード・ポートラー、ウィリアム・バーレス、エドワード・ヌージェント、ジョン・ハリントンなどである。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
ジョー・E・ブラウン ドロシー・リー ルース・ホール エドワード・ウッズ

最後の偵察

  • 1931年公開
  • 出演(Francis 役)

「無冠の帝王」に次ぐリチャード・バーセルメス主演映画で、「暁の偵察」と同じくジョン・モンク・ソーンダース氏が自作を脚色して台詞をつけ、「特集社会面」のバイロン・モーガンが台本を作り、かつて「裏町の怪老窟」「激流の哀曲」等に出演したウィリアム・ディーターレがワーナー社の監督者に招聘されて最初にものした映画である。助演者は「緑の処女地」のジョン・マック・ブラウン、「キスメット(1930)」のでデヴィッド・マナース、「スポーツ王国」のエリオット・ニュージェント、「目醒め」のウォルター・バイロン、「あけぼの」のヘレン・チャンドラーという錚々たる連中である。

監督
ウィリアム・ディターレ
出演キャスト
リチャード・バーセルメス デイヴィッド・マナース ジョン・マック・ブラウン ヘレン・チャンドラー

純真花婿

  • 1931年公開
  • 出演(Daniel_Curtis 役)

「スポーツ王国」のエリオット・ニュージェントと「若き翼」「命をける男」のジーン・アーサー、「略奪者」「グレイト・ガッポ」のベティー・カンプソンが共演する映画で、ドランス・デイヴィス作劇「エプソンの紐」に基づいて「エロチック艦隊」「若殿頑張る」のデール・ヴァン・エヴァリーが脚色し、フレッド・ニプロ・ジュニアが台詞を執筆、「象狩り二人行脚」のヴィン・ムーアが監督、「名児は這い寄る」「キング・オブ・ジャズ」のジェローム・アッシュが撮影した。助演者はエリオット・ニュージェントの父で「エロチック艦隊」「ビッグ・ハウス」のJ・C・ニュージェント、「戦う隊商」「泥人形」のタリー・マーシャル、アリソン・スキップワース、エヴァ・マッケンジー等である。

監督
ヴィン・ムーア
出演キャスト
エリオット・ニュージェント ジーン・アーサー ベティー・カンプソン J・C・ニュージェント
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > エリオット・ニュージェント