映画-Movie Walker > 人物を探す > アン・V・コーツ

年代別 映画作品( 1962年 ~ 2010年 まで合計20映画作品)

2010年

小さな命が呼ぶとき

  • 2010年7月24日(土)公開
  • 編集

ブレンダン・フレイザー&ハリソン・フォード主演の感動ドラマ。難病に冒され、余命わずかと診断された子供のために、私財を投げ打ってその治療薬を開発する会社を設立しようとする父親と、彼の情熱に突き動かされた天才科学者との実話を映画化。ハリソン・フォードが研究者役だけでなく、自ら製作総指揮にも挑んだ渾身の一作だ。

監督
トム・ヴォーン
出演キャスト
ブレンダン・フレイザー ハリソン・フォード ケリー・ラッセル コートニー・B・ヴァンス
2008年

ライラの冒険 黄金の羅針盤

  • 2008年3月1日(土)公開
  • 編集

イギリスで人気のファンタジー小説3部作、その第1部を映画化。現実世界と似たパラレルワールドに住む少女が、すべての世界を巻き込む戦いの鍵を握る壮大な冒険ドラマ。

監督
クリス・ワイツ
出演キャスト
ニコール・キッドマン ダコタ・ブルー・リチャーズ サム・エリオット エヴァ・グリーン
2004年

エレファント・マン

  • 2004年11月20日(土)公開
  • 編集

鬼才デビッド・リンチの'80年の衝撃作を、ニュープリントで上映。19世紀の英国に実在した異形の青年の悲痛な運命を通し、人間の本質をじっくりとあぶり出す。

監督
デイヴィッド・リンチ
出演キャスト
ジョン・ハート アンソニー・ホプキンス アン・バンクロフト ジョン・ギールグッド

テイキング ライブス

  • 2004年9月11日(土)公開
  • 編集

アンジェリーナ・ジョリーがFBI捜査官を演じるクライム・サスペンス。殺した相手の人生を“乗っ取る”サイコキラーとヒロインの対決を、スタイリッシュな映像と共に描きだす。

監督
D・J・カルーソ
出演キャスト
アンジェリーナ・ジョリー イーサン・ホーク キーファー・サザーランド ジーナ・ローランズ
2003年

運命の女

  • 2003年1月11日(土)公開
  • 編集

「危険な情事」のエイドリアン・ライン監督が、リチャード・ギア&ダイアン・レイン主演で描く衝撃のサスペンス。年下青年との情事におぼれる妻と、妻の不倫を知った夫の葛藤をスリリングに描く。

監督
エイドリアン・ライン
出演キャスト
リチャード・ギア ダイアン・レイン オリヴィエ・マルティネス エリック・ペア・サリヴァン
2001年

スウィート・ノベンバー

  • 2001年10月27日(土)公開
  • 編集

キアヌ・リーブスとシャーリズ・セロンの美男美女スターの共演によるラブ・ストーリー。仕事一筋の男と自由奔放な女の偶然から始まった恋物語が、ユーモアと共に哀切さを伝える。

監督
パット・オコナー
出演キャスト
キアヌ・リーヴス シャーリーズ・セロン ジェイソン・アイザックス グレッグ・ジャーマン
2000年

エリン・ブロコビッチ

  • 2000年5月27日(土)公開
  • 編集

 本物のエリン・ブロコビッチがレストランのウェイトレス役で特別出演。ジュリアという名札をつけ、エリン自身を演じるJ・ロバーツと言葉を交わすシーンは印象的。

監督
スティーヴン・ソダーバーグ
出演キャスト
ジュリア・ロバーツ アルバート・フィニー アーロン・エッカート マーグ・ヘルゲンバーガー
1998年

アウト・オブ・サイト

  • 1998年11月21日(土)公開
  • 編集

プロの銀行強盗と女連邦保安官の恋愛をスタイリッシュに描いたラヴ・サスペンス。「ジャッキー・ブラウン」の原作者エルモア・レナードの同名小説を「セックスと嘘とビデオテープ」「蒼い記憶」のスティーヴン・ソダーバーグ監督が映画化。脚本は「ゲット・ショーティ」に次いでレナード作品を脚色したスコット・フランク。製作は「ゲット・ショーティ」のダニー・デヴィート、「フィーリング・ミネソタ」のマイケル・シャンバーグ、「マチルダ」のステイシー・シェール。製作総指揮は「メン・イン・ブラック」の監督バリー・ソネンフェルドと「セックスと嘘とビデオテープ」のジョン・ハーディ。撮影は「蒼い記憶」のエリオット・デイヴィス。音楽はベルファスト出身のDJデイヴィッド・ホルムズ。編集は「シークレット・サービス」のアン・V・コーツ。出演は「ピースメーカー」『ER 緊急救命室』(TV)のジョージ・クルーニー、「Uターン」のジェニファー・ロペス、「ボディ・カウント ヤバい奴ら」のヴィング・レイムス、「ゲット・ショーティ」のデニス・ファリーナ、「ブギーナイツ」のドン・チードルほか。

監督
スティーヴン・ソダーバーグ
出演キャスト
ジョージ・クルーニー ジェニファー・ロペス ルイス・ガスマン ポール・ソリュー
1996年

素顔のままで

  • 1996年9月28日(土)公開
  • 編集

人気ストリッパーが巻き込まれた事件の顛末を描いた、オフ・ビートなユーモア・ミステリー。カール・ハイアセンの長編小説『ストリップティーズ』(邦訳・扶桑社ミステリー文庫)を、「ハネムーン・イン・ベガス」「あなたに降る夢」などコメディを得意とするアンドリュー・バーグマンの監督・脚本で映画化。製作は彼とコンビのマイク・ロベル。撮影は「バットマン・フォーエヴァー」のスティーブン・ゴールドブラット、美術は「フィッシャー・キング」のメル・ボーン、編集はアン・V・コーツ、衣裳は「オール・ザット・ジャズ」のアルバート・ウォルスキー。音楽は、「セブン」「ジャンクション」のハワード・ショアがスコアを書き、ジョエル・シルの総指揮の下、チャイナ・フィリップス、カラー・ミー・バッド、アニー・レノックス、ユーリズミックスらが楽曲を提供。主演は「陪審員」「スカーレット・レター」のデミ・ムーアで、1250万ドルという女優として過去最高のギャラが話題を呼んだ。彼女は撮影前には体重が55kg以上もあったが、ハードなトレーニングでシェイプアップし、そのセクシーな肢体で踊るストリップ・ダンスが見どころ。共演は「ザ・プレイヤー」のバート・レイノルズ、「ジャッジ・ドレッド」のアーマンド・アサンテ、「ダイ・ハード2」のロバート・パトリック、「ミッション:インポッシブル」のヴィング・レイムス、巨乳ストリッパー兼モデルとして有名なパンドラ・ピークスらに加え、デミの7歳になる実娘ルーマー・ウィリスが、彼女の娘役でデビューしている。

監督
アンドリュー・バーグマン
出演キャスト
デミ・ムーア バート・レイノルズ アーマンド・アサンテ ヴィング・レイムス
1995年

コンゴ

  • 1995年10月21日(土)公開
  • 編集

アフリカの奥地を目指して進む、ハイテクを装備した探検隊の冒険行を描いたエンターテインメント大作。「ジュラシック・パーク」「ディスクロージャー」の原作者、マイケル・クライトンの『失われた黄金都市』(80、ハヤカワ文庫・刊)を、「アラクノフォビア」「生きてこそ」のフランク・マーシャルの監督で映画化。製作は公私に渡り彼の良きパートナーたるキャスリーン・ケネディと、サム・マーサーの共同。脚本は「生きてこそ」「月の輝く夜に」のジョン・パトリック・シャンレイ。撮影は「バグジー」のアレン・ダヴュー、音楽は「氷の微笑」のジェリー・ゴールドスミス、美術は「リーサル・ウェポン」のJ・マイケル・リヴァ。特殊視覚効果のI.L.M.、クリーチャー・デザインのスタン・ウィンストンら、「ジュラシック・パーク」のSFXスタッフが結集。出演は「ノーバディーズ・フール」のディラン・ウォルシュ、「ボビー・フィッシャーを探して」のローラ・リニー、「ノー・エスケイプ」のアーニー・ハドソン、「シャドー」のティム・カリー、「未来は今」のブルース・キャンベルら地味ながら個性派揃い。

監督
フランク・マーシャル
出演キャスト
ディラン・ウォルシュ ローラ・リニー アーニー・ハドソン ティム・カリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アン・V・コーツ