TOP > 映画監督・俳優を探す > 松野泉

年代別 映画作品( 2007年 ~ 2020年 まで合計31映画作品)

2020年

河童の女

  • 7月11日(土)
  • 録音、整音

「カメラを止めるな!」などを輩出しているENBUゼミナール・シネマプロジェクト第9弾。川辺の民宿で生まれ、今もそこで働いている浩二。ある日、父が女と出ていき、一人で民宿を続けることに。すると、東京から家出してきた美穂が住み込みで働き始める。監督は、舞台や映像作品の脚本・演出を多数手掛け、本作が初の劇場公開作品となる辻野正樹。ワークショップオーディションで選ばれた青野竜平、郷田明希らに加え、「記憶にございません!」の近藤芳正が出演している。

監督
辻野正樹
出演キャスト
青野竜平 郷田明希 斎藤陸 瑚海みどり

僕の好きな女の子

芸人で芥川賞作家の又吉直樹による恋愛エッセイを、演劇ユニット玉田企画の主宰で「あの日々の話」ではメガホンを取った玉田真也が映画化した恋愛劇。友達以上恋人未満の加藤とミホ。ミホの本心はわからないが、加藤はこの関係を壊さぬよう気持ちを抑え……。恋をする人間の感情を、等身大の会話劇として描き出す。逡巡する加藤をミュージシャンとして活動する一方「ギャングース」などに出演する渡辺大知が、ヒロインのミホを「ハルカの陶」の奈緒が演じる。島ぜんぶでおーきな祭-第11回沖縄国際映画祭- TV DIRECTOR'S MOVIE部門および第6回京都国際映画祭TV DIRECTOR‘S MOVIE部門上映作品。

監督
玉田真也
出演キャスト
渡辺大知 奈緒 徳永えり 山本浩司

どこへ出しても恥かしい人

『生きてるって言ってみろ』など数々の曲を発表、歌手だけでなく画家や詩人としても活動する友川カズキの2010年夏の日々を捉えたドキュメンタリー。20年来のめり込んでいる競輪に一日の大半を費やし、その合い間に絵を描きライブで歌う、彼の生活を記録する。本作のために、ドラムス・パーカッション奏者の石塚俊明やピアニストの永畑雅人らと車中で演奏を行った姿も収録。監督は、御嶽山に立つ山小屋の生活風景をまとめた「或る山」(第2回恵比寿映像祭にて上映)を手がけた佐々木育野。

監督
佐々木育野
出演キャスト
友川カズキ 石塚俊明 永畑雅人 及位鋭門

君がいる、いた、そんな時。

広島県呉市を舞台に、不器用に生きる小学生2人と新任司書が織りなす人間ドラマ。クラスでいじめられているフィリピン人と日本人のハーフの正哉は、新任司書・祥子と過ごす図書室をよりどころにしていた。ある日、正哉が図書室に行くと、同級生の涼太がいた。監督は、「父の愛人」の迫田公介。出演は、「映画 としまえん」の小島藤子。

監督
迫田公介
出演キャスト
マサマヨール忠 坂本いろは 小島藤子 おだしずえ
2018年

ウィッチ・フウィッチ

  • 2018年2月24日(土)
  • 録音

「はらはらなのか。」の酒井麻衣監督が、ケータイで撮る映画プロジェクトに参画し撮り上げたラブ・ファンタジー。一見普通の大学生だが、男を虜にして魔力を得る魔女家系のイチゴ。彼氏のジンも実は狼族の家系で、満月の夜や血を見たりすると獣化する狼男だった。出演は「イノセント 15」の小川紗良、萩原利久、『仮面ライダーアマゾンズ』の藤田富、「全員死刑」の鳥居みゆき。撮影を「はらはらなのか。」の伊集守忠、音楽を「5つ数えれば君の夢」のVampilliaが担当する。

監督
酒井麻衣
出演キャスト
小川紗良 萩原利久 micci the mistake 辻凪子

36.8℃ サンジュウロクドハチブ

  • 2018年7月7日(土)
  • 録音

地域の食や高校生とコラボした青春映画制作プロジェクト“ぼくらのレシピ図鑑”第1弾。加古川に住む女子高生・若菜は家族や友達との間に微妙な温度差を感じている。進路や元カレの悩みを打ち明けられるのは、SNSで知り合ったOLのみずほさんだけだった。監督・脚本は、「幸福のスイッチ」の安田真奈。出演は、「トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡」の堀田真由。2017年11月18日よりイオンシネマ加古川にて先行上映。

監督
安田真奈
出演キャスト
堀田真由 岸本華和 西野凪沙 安藤瑠一

サトウくん

  • 2018年1月27日(土)
  • 整音、音響効果

三重県菰野町を舞台にしたSF短編。家族で町の外にある政府の施設に移住した宇宙人のサトウくんが菰野町に戻ってくるが、旧友の土方くんと町を巡るうち異変に気付く。第9回沖縄国際映画祭出品作品。監督・脚本・編集は、「隕石とインポテンツ」の佐々木想。町内の少年2人が主演を務め、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣らが出演。

監督
佐々木想
出演キャスト
土方雄也 市岡和真 西野亮廣 山本プロ野球
2019年

おっさんのケーフェイ

  • 2019年2月16日(土)
  • 録音

第13回CO2の助成企画として道頓堀プロレスの全面協力を得て完成した人間ドラマ。11歳のヒロトは将来の夢もなく、冴えない日々を過ごしていた。そんなある日、たまたま入ったプロレス会場で人気レスラーの引退試合を観戦し、今までにない興奮を覚える。フェイクドキュメンタリー「あの娘はサブカルチャーが好き」の谷口恒平による長編デビュー作。出演は、「菊とギロチン」の川瀬陽太、「いつまた、君と 何日君再来」の松田優佑。第12回大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門、第17回ニッポン・コネクションニッポンヴィジョンズ部門、カナザワ映画祭2017期待の新人監督部門、第18回TAMA NEW WAVEある視点部門上映作品。

監督
谷口恒平
出演キャスト
川瀬陽太 松田優佑 赤城 小林陽翔
2017年

キセキの葉書

  • 2017年11月4日(土)
  • 録音

実話に基づくヒューマンドラマ。兵庫で障害児の娘を育てている美幸。郷里・大分の母が認知症と鬱を併発させるが、帰郷できない美幸は、気持ちの明るくなるハガキを毎日母に送ろうと思いつく。主演の鈴木紗理奈がマドリード国際映画祭最優秀主演女優賞を受賞。監督は、「邂逅 KAIKOU」のジャッキー・ウー。2017年8月19日より東大阪・布施ラインシネマにて先行上映。

監督
ジャッキー・ウー
出演キャスト
鈴木紗理奈 申芳夫 八日市屋天満 福冨慶士郎

さよならも出来ない

  • 2017年6月24日(土)
  • 監督、編集

第17回TAMA NEW WAVEコンペティショングランプリ&ベスト女優賞受賞作。別れてから3年も同棲生活を続けている香里と環。だが、その生活に変化が訪れる。人材育成事業・シネマカレッジ京都の俳優ワークショップ参加者が中心キャストを務めた。監督は、「GHOST OF YESTERDAY」の松野泉。2017年6月24日より京都・立誠シネマプロジェクトを皮切りに順次公開。

監督
松野泉
出演キャスト
野里佳忍 土手理恵子 上野伸弥 日永貴子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 松野泉

ムービーウォーカー 上へ戻る