映画-Movie Walker > 人物を探す > アーロン・ワーナー

年代別 映画作品( 1992年 ~ 2007年 まで合計5映画作品)

2007年

シュレック3

  • 2007年6月30日(土)公開
  • 製作、脚本

前作が世界興収9億ドルの大ヒットとなった、ドリームワークス製作のCG冒険アニメ第3弾。今回もM・マイヤーズをはじめE・マーフィ、C・ディアスら豪華俳優陣が声優を務めた。

監督
クリス・ミラー ロマン・ヒュイ
出演キャスト
マイク・マイヤーズ エディ・マーフィ キャメロン・ディアス アントニオ・バンデラス
2004年

シュレック2

  • 2004年7月24日(土)公開
  • 製作総指揮

アカデミー賞を受賞した冒険アニメの続編。前作でフィオナ姫と結ばれたシュレックのピンチを、“長ぐつをはいたネコ”など新キャラの活躍と共に描く痛快作。

監督
アンドリュー・アダムソン ケリー・アズベリー コンラッド・ヴァーノン
出演キャスト
マイク・マイヤーズ キャメロン・ディアス エディ・マーフィ アントニオ・バンデラス
2001年

シュレック

  • 2001年12月15日(土)公開
  • 製作

孤独な怪物シュレックと、ユニークな仲間たちとの冒険を描いたフルCGアニメ。吹替版ではシュレックを濱田雅功が関西弁で好演。フィオナ姫を藤原紀香が担当。

監督
アンドリュー・アダムソン ヴィッキー・ジェンソン
出演キャスト
マイク・マイヤーズ キャメロン・ディアス エディ・マーフィ ジョン・リスゴー
1995年

タンク・ガール

  • 1995年11月3日(金)公開
  • 製作総指揮

イギリスで“漫画界のセックス・ピストルズ”との評価も得た、アラン・マーティンとジェイミー・ヒューレットの同名コミックを映画化したSFアクション・コメディ。コミック原画を挿入したビジュアル、全編に流れるオルタナティヴ・ロック、そしてパンク風のファッションなど、MTV感覚のポップなセンスが見どころ。監督は「エルム街の悪夢 ザ・ファイナル・ナイトメア」のレイチェル・タラレイ。製作はリチャード・B・ルイス、ベン・デンシャム、ジョン・ワトソンの共同、脚本は「ガンメン」のテディ・サラフィアン(監督リチャード・サラフィアンの娘)、撮影は「コミットメンツ」のゲイル・タッターサル、編集はジェームズ・R・シモンズ、美術は「トゥームストーン」のキャサリン・ハードウィック、衣装は「エリザ」のアリアンヌ・フィリップス、ヴィジュアル・エフェクツはピーター・クロスマン、“リッパーズ”デザインは「ザ・フライ」「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」など特殊メイクの第一人者、スタン・ウィンストンがそれぞれ担当。音楽は「ストリートファイター(1994)」のグレアム・レヴェルがスコアを書き、監修をボニー・グリーンバーグがつとめたほか、オルタナティヴ・ロック界からコートニー・ラヴ・コベイン(“ニルヴァーナ”のリーダー、故カート・コバーンの元恋人としても有名)が参加した。主演は「フリー・ウィリー」のロリ・ペティ。共演は「マチネー 土曜の午後はキッスで始まる」のナオミ・ワッツ、「JM」のアイス・T、「デッドマン」のイギー・ポップなど。また、敵役で「時計じかけのオレンジ」「ミルク・マネー」のマルコム・マクドウェルが怪演を見せる。

監督
レイチェル・タラレイ
出演キャスト
ロリ・ペティ アイス・T ナオミ・ワッツ ドン・ハーヴェイ
1992年

エルム街の悪夢6 ザ・ファイナルナイトメア

  • 1992年1月11日(土)公開
  • 製作

夢と現実の混在する悪夢の町で、ひとりの女性カウンセラーと殺人鬼フレディの対決を描くホラーシリーズ第6弾。シリーズ最終作とされている。監督・原案は本シリーズのプロデューサーを務め、今回が初演出のレイチェル・タラレイ、製作はシリーズ全作を手掛けたロバート・シェイとアーロン・ワーナー。脚本はマイケル・デ・ルカ、撮影はデクラン・クイン、音楽はブライアン・メイが担当。ゲスト出演にロザンヌ・バー、ジョニー・デップ、アリス・クーパー。

監督
レイチェル・タラレイ
出演キャスト
ロバート・イングランド リサ・ゼーン ション・グリーンブラッド Breckin Meyer
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アーロン・ワーナー