映画-Movie Walker > 人物を探す > 山本嘉次郎

年代別 映画作品( 1942年 ~ 1967年 まで合計61映画作品)

1967年

坊っちゃん社員 青春でつっ走れ!

  • 1967年5月20日(土)公開
  • 脚色

源氏鶏太の原作より、「雌が雄を喰い殺す かまきり」の池田一朗と、「坊っちゃん社員 青春は俺のものだ!」の山本嘉次郎が潤色し、山本嘉次郎と「これが青春だ!」の須崎勝弥がシナリオ化した。監督は前作と同じく松森健で、「坊っちゃん社員 青春は俺のものだ!」に続く第二作。撮影もコンビの西垣六郎。

監督
松森健
出演キャスト
夏木陽介 高島忠夫 浜美枝 高橋紀子

坊っちゃん社員 青春は俺のものだ!

  • 1967年4月1日(土)公開
  • 脚色

源氏鶏太の原作『坊っちゃん社員』を、「狸の王様」の山本嘉次郎が脚色し、「これが青春だ!」の松森健が監督した青春もの。撮影は「殺人狂時代」の西垣六郎。

監督
松森健
出演キャスト
夏木陽介 高島忠夫 浜美枝 高橋紀子
1966年

狸の休日

  • 1966年10月22日(土)公開
  • 監督、脚本

新鋭米谷純一と「狸の王様」の脚本・監督の山本嘉次郎が脚本を執筆、山本嘉次郎が監督した“狸シリーズ”第四作目。撮影は「風来忍法帖 八方破れ」の飯村正。

監督
山本嘉次郎
出演キャスト
高島忠夫 草笛光子 有島一郎 高橋紀子

狸の王様

  • 1966年4月16日(土)公開
  • 監督、脚本

「狸の大将」の山本嘉次郎と「クレージーの無責任清水港」の坪島孝が共同でシナリオを執筆、山本嘉次郎が監督した“狸”シリーズ第三作目。撮影は「女の中にいる他人」の福沢康道。

監督
山本嘉次郎
出演キャスト
小林桂樹 草笛光子 伴淳三郎 団令子
1965年

狸の大将

  • 1965年7月25日(日)公開
  • 監督、脚本

「花のお江戸の無責任」の山本嘉次郎が脚本を執筆、監督した人情喜劇。撮影は「日本一のゴマすり男」の斎藤孝雄。

監督
山本嘉次郎
出演キャスト
小林桂樹 淡路恵子 伴淳三郎 中北千枝子
1964年

花のお江戸の無責任

  • 1964年12月20日(日)公開
  • 監督、脚本

戸板康二の原案を「ひばり チエミ いづみ 三人よれば」の田波靖男と「天才詐欺師物語 狸の花道」の山本嘉次郎が共同で脚本化、山本嘉次郎が監督したコメディ。撮影は「地の涯に生きるもの」の遠藤精一。

監督
山本嘉次郎
出演キャスト
植木等 谷啓 ハナ肇 草笛光子

天才詐欺師物語 狸の花道

  • 1964年8月1日(土)公開
  • 監督、製作

町田浩二の原作「詐欺の天才奮戦記」を平戸延介が脚色「銀座退屈娘」の山本嘉次郎が監督した喜劇。撮影は「蟻地獄作戦」の小泉福造。

監督
山本嘉次郎
出演キャスト
小林桂樹 三木のり平 森繁久彌 山茶花究
1963年

六本木の夜 愛して愛して

  • 1963年1月29日(火)公開
  • 製作

中央公論所載・笹沢左保原作『六本木心中』より「若い季節(1962)」の田波靖男が脚色、新人岩内克己が第一回目に監督した青春ドラマ。撮影は「私と私」の完倉泰一。

監督
岩内克己
出演キャスト
峰健二 清水将夫 中川ゆき 淡路恵子
1960年

八百屋お七 江戸祭り一番娘

  • 1960年8月9日(火)公開
  • 脚本

山本嘉次郎と若尾徳平の共同脚本を、「サラリーマン御意見帖 出世無用」の岩城英二が監督した娯楽時代劇。撮影は「新三等重役 亭主教育の巻」の鈴木斌。

監督
岩城英二
出演キャスト
中島そのみ 有島一郎 一の宮あつ子 佐原健二

恐妻党総裁に栄光あれ

  • 1960年5月10日(火)公開
  • 出演(藤原弘次郎博士 役)

川内康範の原作を、原作者自身が脚色し、「サザエさんの赤ちゃん誕生」の青柳信雄が監督した喜劇。「若い素肌」の小泉福造が撮影した。

監督
青柳信雄
出演キャスト
高島忠夫 白川由美 有島一郎 山本嘉次郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 山本嘉次郎