映画-Movie Walker > 人物を探す > ベティ・ファーネス

年代別 映画作品( 1933年 ~ 1937年 まで合計10映画作品)

1937年

父とその子

  • 1937年公開
  • 出演(Lucy 役)

「拾万ドル玉手箱」と同じくJ・ウォルター・ルーペンが監督したウォーレス・ビアリー主演映画で、ドン・マークィス作の喜劇を劇作家A・E・トーマスが脚色したものである。助演者は「港に異常なし」のユーナ・マイクル、「拾万ドル玉手箱」のエリック・リンデン、「愛と光」のベティー・ファーネス、「銀翼の戦慄」のジュディス・バーレット、「高飛び成層圏」のテッド・ヒーリー、「処女散歩」のジャネット・ビーチャー、「ダイヤモンド・ジム」のジョージ・シドニーその他で、カメラも「拾万ドル玉手箱」と同じくクライド・デ・ヴィナが受持った。

監督
J・ウォルター・ルーベン
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー ウナ・マーケル エリック・リンデン ジュディス・バーレット

酔いどれリズム

  • 1937年公開
  • 出演(Carol_Wilson 役)

「結婚気象台」のラルフ・ベラミー「有頂天時代」のベティー・ファーネス、「嵐の翼」のロバート・アームストロングおよび「たくましき男」のレイモンド・ウォルバーンが主要なる役を勤める映画で「悪魔の影」を協同執筆したリー・ローブとハロルド・バックマンが協力して脚本を書き下ろし、「歓呼の嵐」「渦巻く妖術」のハミルトン・マクファッデンが監督に当たり、「悪魔の影」のアレン・G・シーグラーが撮影したものである。助演は「ある父の横顔」のサーストン・ホール「僕の脱走記」のエドワード・ポーレー、ウェード・ボトラー等である。

監督
ハミルトン・マクファッデン
出演キャスト
ラルフ・ベラミー ベティ・ファーネス ロバート・アームストロング レイモンド・ウォルバーン
1936年

有頂天時代(1936)

  • 1936年公開
  • 出演(Margaret 役)

「トップ・ハット」「艦隊を追って」と同じくフレッド・アステア、シンジャー・ロジャース主演映画で、監督には「乙女よ嘆くな」「愛の弾丸」のジョージ・スティーヴンスが当たった。原作は「空中レヴュー時代」の脚色者の一人アーウィン・ゲルシーが書き下ろし、「トップ・ハット」「艦隊を追って」のアラン・スコットがハワード・リンゼイと協力脚色した。音楽は「ロバータ」「ショーボート」のジェローム・カーン作曲、作詞は「セシリア」「恋の歌」のドロシー・フィールヅである。助演はミュージカル・コメディー俳優ヴィクター・ムーア、「トップ・ハット」のヘレン・ブロデリック及びエリック・ブローア、「愛と光」のベティ・ファーネス、「女秘書の秘密」のジョージ・メタクサの面々で、撮影は例によってデゥィット・エイベル担当。

監督
ジョージ・スティーヴンス
出演キャスト
フレッド・アステア ジンジャー・ロジャース ヴィクター・ムーア ヘレン・ブロデリック
1935年

愛と光

  • 1935年公開
  • 出演(Joyce_Hudson 役)

「昨日」「模倣の人々」に次ぐジョン・M・スタール監督作品で、「ロバータ」「裏町」のアイリーン・ダンが「踊るブロードウェイ」「歓楽の女王」のロバート・テイラーと共に主演する。原作はロイド・C・ダグラス作の小説で、「昨日」のジョージ・オニールが「若草物語(1949)」「小牧師(1934)」の脚色チーム、サラ・Y・メイソン、ヴィクター・ヒアマンと協力して脚色に当たった。助演は「結婚十分前」「猫と提琴」のチャールズ・バターウォース、「海軍士官候補生(1933)」「乱暴選手」のベティー・ファーネスを初め、「奇跡の処女(1934)」のセーラ・ヘイドン、「ますらを」のラルフ・モーガン、ヘンリー・アーメッタ、ギルバート・エメリー、アーサー・トリーチャー、ベリル・マーサー、コーラ・スー・コリンズその他で、キャメラは「化石人間」「フランケンシュタインの花嫁」のジョン・J・メスコール担当である。

監督
ジョン・M・スタール
出演キャスト
アイリーン・ダン ロバート・テイラー チャールズ・バターウォース ベティ・ファーネス

珍芸騒動

  • 1935年公開
  • 出演(Phyllis_Allen 役)

「1936年の大放送」「むすめ結婚症」のジョージ・バーンズ及びグレーシー・アレンが主演する映画で、サム・ミンツとドン・ハートマンが書き卸し、ハートマンが脚色し、「かぼちゃ大当たり」「むすめ結婚症」のノーマン・Z・マクロードが監督に当たり、「轟く凱歌」のギルバート・ウォーレントンンが撮影した。バーンズ及びアレンを囲って「カレッジ・リズム」のジョージ・バービア、「愛と光」のベティー・ファーネス、アンドリュー・トームス、ラファエル・ストーム等出演。

監督
ノーマン・Z・マクロード
出演キャスト
ジョージ・バーンズ グレイシー・アレン ジョージ・バービア ベティ・ファーネス
1934年

ある女の一生

  • 1934年公開
  • 出演(Joan_Shadwell 役)

「泉」「晩春」のアン・ハーディングが「昨日」「空飛ぶ音楽」のジョン・ボールズを相手に主演する映画で、ルイス・ブロムフィールドの原作を「泉」「小牧師(1934)」のジェーン・マーフィンが脚色し、「農園のレベッカ」「嵐の国のテス(1932)」のアルフレッド・サンテルが監督に当たり、「紅雀」「宿命の窓」のルシエン・アンドリオが撮影した。助演者は「結婚の夜」のヘレン・ヴィンソン、「愛と光」のベティ・ファーネス、「乙女よ嘆くな」のフランク・アルバートソン、「南海の劫火(1932)」のクレイトン・チェニー、「泉」のセーラ・ヘイドン、モリー・オディ、その他。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
アン・ハーディング ジョン・ボールズ ヘレン・ヴィンソン ベティ・ファーネス

乱暴選手

  • 1934年公開
  • 出演(Jane_Thuiston 役)

「紐育ハリウッド」「天晴れ突貫大当たり」のエディ・クィランが主演する映画でニコラス・バロウズとアール・スネルとが合作したものをもって俳優だったグレント・トライオンが脚色・監督し、ジョン・W・ボイルが撮影している。助演者は「海軍士官候補生(1933)」「熱血撮影隊」のベティー・ファーネス、「二千万人の恋人」のグラント・ミッチェル、「三日姫君」のルシアン・リトルフィールド、グレイディ・サットン、エドガー・ケネディ等である。

監督
グレン・トライオン
出演キャスト
エディ・クィラン ベティ・ファーネス グラント・ミッチェル ルシアン・リトルフィールド
1933年

海軍士官候補生(1933)

  • 1933年公開
  • 出演(Ruth_Regers 役)

「青春罪あり」「キング・コング(1933)」のブルース・キャボットが主役を演ずる映画で、原作脚色及び監督は昔鳴らした古強者のF・マクグルー・ウィリス及びクリスティー・キャバンヌが夫々当り、撮影は「裸女と蝿」「荒浪越えて」のアルフレッド・ギルクスが担当している。助演者は「幸運の悪魔」「熱血撮影隊」のベティー・ファーネスを始め、「歓呼の夜」のフランク・アルバートソン、「全米軍」のジョン・ダーロウ、「恋愛即興詩」のアーサー・レイク、「豚児売り出す」のパーネル・プラット、マーガレット・セドン、フローレンス・レイク等である。

監督
クリスティー・キャバンヌ
出演キャスト
ブルース・キャボット ベティ・ファーネス フランク・アルバートソン アーサー・レイク

恋をしましょう(1933)

  • 1933年公開
  • 出演(Linda 役)

「闇に踊る(1932)」「女学生の日記」のデイヴィッド・バートンが監督した映画でハーバート・フィールズが書き下ろしたものである。主役は「暗夜行路」「晩餐八時」のエドモンド・老で、相手役は無名より抜擢されたアン・サザーンと「笑う巨人」「深夜の紳士」のミリアム・ジョーダン、「キャバレエの鍵穴」「めりけん音頭」のグレゴリー・ラトフで、「ナガナ」のタラ・ビレル、「肉体」のグレタ・マイヤー等が助演している。撮影は「恩讐」「戦時特派員」のベンジャミン・H・クラインの担任。

監督
デイヴィッド・バートン
出演キャスト
エドモンド・ロウ アン・サザーン ミリアム・ジョーダン グレゴリー・ラトフ

幸運の悪魔

  • 1933年公開
  • 出演(Ginger 役)

「怒号する天地(1932)」「米国撃滅艦隊」のビル・ボイドが主演する映画で、ケイシー・ロビンソンとボッブ・ローズが書き下ろした原作を、「武装ラグビー」のベン・マークソンとアグネス・クリスティン・ジョンストンが共同脚色し、俳優だったラルフ・インスが監督に当たり、「山荘の殺人」「独立守備隊」のJ・ロイ・ハントが撮影したもの。助演者は「雨」「暴風の処女」のウィリアム・ガーガン、「キング・コング(1933)」「青春罪あり」のブルース・キャボット、新人ドロシー・ウィルソン、「シマロン(1931)」のロスコー・エイツ、「南海の劫火(1932)」のクレイトン・チェニー、「三角の月」のウィリアム・ベイクウェル、その他である。

監督
ラルフ・インス
出演キャスト
ビル・ボイド ドロシー・ウィルソン ウィリアム・ガーガン ブルース・キャボット
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ベティ・ファーネス