映画-Movie Walker > 人物を探す > 大塚弘

年代別 映画作品( 1955年 ~ 1965年 まで合計13映画作品)

1965年

黒い誘惑

  • 1965年10月2日(土)公開
  • 出演(刑事部長 役)

「裏階段」でコンビの井上梅次と田口耕三がシナリオを執筆、井上梅次が監督したアクションもの。撮影は、コンビの渡辺徹。

監督
井上梅次
出演キャスト
田宮二郎 中原早苗 長谷川待子 江波杏子

裏階段

  • 1965年2月6日(土)公開
  • 出演(看守 役)

「制服の狼」の田口耕三と「悶え」の井上梅次が共同でシナリオを執筆・井上梅次が監督したアクションドラマ。撮影はコンビの渡辺徹。

監督
井上梅次
出演キャスト
田宮二郎 司葉子 安部徹 成田三樹夫
1963年

巨人 大隈重信

  • 1963年11月2日(土)公開
  • 出演(本願寺の坊主 役)

「妖僧」の八尋不二が脚本を執筆、「舞妓と暗殺者」の三隅研次が監督した伝記もの。撮影は「ぐれん隊純情派」の小林節雄。

監督
三隅研次
出演キャスト
宇津井健 内藤武敏 藤巻潤 小池朝雄

犯罪作戦NO・1

  • 1963年10月19日(土)公開
  • 出演(遠藤家風呂番 役)

「続忍びの者」の高岩肇がオリジナル・シナリオを執筆、「わたしを深く埋めて」の井上梅次が監督した活劇もの。撮影もコンビの渡辺徹。

監督
井上梅次
出演キャスト
田宮二郎 本郷功次郎 藤巻潤 待田京介

わたしを深く埋めて

  • 1963年6月8日(土)公開
  • 出演(捜査一課の刑事B 役)

ハロルド・Q・マスル原作を「第三の影武者」の井上梅次が脚色・監督したスリラーもの。撮影は「やくざの勲章」の渡辺徹。

監督
井上梅次
出演キャスト
若尾文子 田宮二郎 川崎敬三 江波杏子
1962年

宝石泥棒

  • 1962年7月29日(日)公開
  • 出演(刑事B 役)

「閉店時間」の井上梅次が脚本を執筆・監督したロマンティック・コメディ。撮影は「情熱の詩人啄木」の小原譲治。

監督
井上梅次
出演キャスト
山本富士子 野添ひとみ 川口浩 船越英二
1960年

犯行現場

  • 1960年11月9日(水)公開
  • 出演(親爺 役)

阿部桂一のオリジナル・シナリオを、「襲われた手術室」の阿部毅が監督した刑事もの。撮影は「熱い砂」の宗川信夫が担当。

監督
阿部毅
出演キャスト
高松英郎 友田輝 六本木真 岸正子

歌行燈(1960)

  • 1960年5月18日(水)公開
  • 出演(弥市 役)

泉鏡花の同名小説を映画化したもので、衣笠貞之助・相良準が脚色、「かげろう絵図」の衣笠貞之助が監督した。撮影は「嫌い嫌い嫌い」の渡辺公夫。

監督
衣笠貞之助
出演キャスト
市川雷蔵 柳永二郎 信欣三 中条静夫

からっ風野郎

  • 1960年3月23日(水)公開
  • 出演(法事の受付B 役)

「女が階段を上る時」の菊島隆三に安藤日出男が加わった共同脚本を「女経」の増村保造が監督したアクション・ドラマ。「明日から大人だ」の村井博が撮影した。

監督
増村保造
出演キャスト
三島由紀夫 若尾文子 川崎敬三 船越英二
1957年

九時間の恐怖

  • 1957年8月20日(火)公開
  • 出演(診療所医師中島 役)

去る五月二十九日、静岡県安倍郡井川村に建設中の井川ダムで起った実話に基いて、「誘惑からの脱出」の島耕二と「妻こそわが命」の共同脚色者の一人、星川清司が共同で脚本を作成、島耕二が監督、「誘惑からの脱出」の高橋通夫が撮影したセミ・ドキュメンタリー作品。出演は浜口喜博、中江文男、星ひかるなど大映東京撮影所俳優部一四七名総出演のノン・スター・キャスト。この映画化にあたり静岡県警察本部、中部電力、間組などの現地機関の全面協力を得た。

監督
島耕二
出演キャスト
中江文男 町田博子 坂倉はるえ 藤田安男
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 大塚弘