TOP > 映画監督・俳優を探す > 島崎藤村

年代別 映画作品( 1946年 ~ 2013年 まで合計5映画作品)

2013年

  • 2013年5月6日(月)
  • 原作

旧家の没落を描いた島崎藤村の同名小説を、「一遍上人」の秋原北胤監督が映画化。時代の変化によって一家離散していく中、身を粉にしながら前へ歩き出す女性の姿を描く。出演は「爆! BAKU」の西村知美、「ドグラ・マグラ」の松田洋治、「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」の伴杏里、「神様のカルテ」の中山卓也、「ヒポクラテスたち」の小倉一郎。

監督
秋原北胤
出演キャスト
西村知美 松田洋治 伴杏里 木本夕貴
1962年

破戒(1962)

島崎藤村原作を「黒い十人の女」の和田夏十が脚色、同じく市川崑が監督した文芸もの。撮影は「続 悪名」の宮川一夫。出演は「ぼんち」の市川雷蔵、「人間狩り」の長門裕之など。

監督
市川崑
出演キャスト
市川雷蔵 長門裕之 船越英二 藤村志保
1956年

嵐(1956)

  • 1956年10月24日(水)
  • 原作

四人の幼い子供たちを残して、妻に死なれた大学教授が、男手一つで育てあげる二十年間の生活記録。それは一見淡々たるものではあったが、起伏の多い嵐のような一生であった。島崎藤村の名作より「男の魂」(原案)の菊島隆三が脚色、「囚人船」の稲垣浩が監督、同じく飯村正が撮影を担当する。主な出演者は「晴れた日に」の笠智衆、四人の子供に「囚人船」の山本廉、大塚国夫、「現代の欲望」の久保明、「ロマンス娘」の雪村いづみ。他「女囚と共に」の田中絹代、中北千枝子、「のんき夫婦」の加東大介、「飯沢匡作「二号」より ある女の場合」の東郷晴子など。

監督
稲垣浩
出演キャスト
笠智衆 山本廉 大塚国夫 久保明
1953年

夜明け前

  • 1953年10月13日(火)
  • 原作

昭和 年より 年にわたって中央公論に掲載された島崎藤村の原作を「欲望」の新藤兼人が脚色し、吉村公三郎か監督した。「ひろしま」の宮島義勇、伊福部昭が撮影、音楽を担当。ブロデュースの絲屋寿雄が時代考証に、藤村子息で現在木曾馬篭に在住する島崎楠雄が方言指導に協力している。「欲望」の乙羽信子、日高澄子、「悲恋椿」の山内明、「残侠の港」の殿山泰司、「サラリーマンの歌」の菅井一郎などの他、滝沢修を中心に劇団民芸のメンバーが総出演している。

監督
吉村公三郎
出演キャスト
伊達信 細川ちか子 滝沢修 小夜福子
1946年

破戒(1946 阿部豊)

  • 1946年
  • 原作

故島崎藤村の代表作『破戒』の映画化。久板の脚本で阿部豊が終戦後初めて演出した作品。戦争から帰還した大日方伝が久しぶりに出演した。(しかし東宝争議のため公開されず、その後松竹で木下恵介監督により再映画化された)

監督
出演キャスト
池部良 大日方伝 森雅之 薄田研二

島崎藤村の関連人物

松尾文人  馬野都留子  清水将夫  菅井一郎  滝沢修 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/22更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 島崎藤村

ムービーウォーカー 上へ戻る