映画-Movie Walker > 人物を探す > 宇佐美仁

年代別 映画作品( 1952年 ~ 1962年 まで合計31映画作品)

1962年

早乙女家の娘たち

  • 1962年9月8日(土)公開
  • 製作

壷井栄原作『どこかでなにかが』を、「愛のうず潮」の堀江史朗と「女性自身」の樫村三平が共同で脚色、「愛のうず潮」の久松静児が監督する女性ドラマ。撮影もコンビの飯村正。

監督
久松静児
出演キャスト
香川京子 白川由美 田村奈巳 大沢健三郎

夜の傾斜

  • 1962年6月28日(木)公開
  • 製作

船山馨の原作を「花影」の菊島隆三と「遠い一つの道」の安藤日出男が共同で脚色「金づくり無法時代」の内川清一郎が監督した社会ドラマ。撮影は「サラリーマン権三と助十 恋愛交叉点」の鈴木斌。

監督
内川清一郎
出演キャスト
司葉子 藤山陽子 笠智衆 三橋達也

愛のうず潮

  • 1962年5月22日(火)公開
  • 製作

梶山季之原作・テレビの連続放送劇「愛のうず潮」から堀江史朗が脚色、「喜劇 駅前弁当」の久松静児が監督したメロドラマ。撮影は「アワモリ君西へ行く」の飯村正。

監督
久松静児
出演キャスト
新珠三千代 平田昭彦 三橋達也 草笛光子
1960年

若い素肌

  • 1960年3月22日(火)公開
  • 製作

「ある日わたしは」の共同執筆者・岡田達門のオリジナル・シナリオを、「檻の中の野郎たち」の川崎徹広が監督したもので、地方の男女高校生を主人公にした青春もの。「山のかなたに」の小泉福造が撮影した。

監督
川崎徹広
出演キャスト
浜美枝 賀原夏子 矢代和雄 北沢彪
1959年

孫悟空(1959)

  • 1959年4月19日(日)公開
  • 製作

『西遊記』から、村田武雄・山本嘉次郎が脚本を執筆、「東京の休日(1958)」の山本嘉次郎が監督したもので、特撮技術を使い動画の手法も併用してファンタジックな味を出そうというもの。撮影は「すずかけの散歩道」の小泉一。パースペクタ立体音響。

監督
山本嘉次郎
出演キャスト
市川福太郎 三木のり平 千葉信男 中村是好

手錠をかけろ

  • 1959年2月17日(火)公開
  • 製作

樫原一郎の小説『トランペット刑事』からの脚本を、「ドジを踏むな」の日高繁明が監督し、「女ごころ」の小泉福造が撮影した刑事もの。

監督
日高繁明
出演キャスト
池部良 佐藤允 三津田健 東郷晴子
1958年

次郎長意外伝 灰神楽木曽の火祭

  • 1958年11月23日(日)公開
  • 製作

お馴染灰神楽三太郎が活躍するコメディ。小野田勇・永六輔・蓮池義雄の共同脚本を、「大江戸千両祭」のコンビ青柳信雄が監督、鈴木斌が撮影した。三木のり平・千葉信男・脱線トリオらの喜劇陣、中田康子・小泉博が出演する。

監督
青柳信雄
出演キャスト
三木のり平 中田康子 小泉博 安西郷子

ドジを踏むな

  • 1958年9月16日(火)公開
  • 製作

樫原一郎の昭和刑事物語『恐喝』よりの映画化で、「花嫁三重奏」の若尾徳平が脚色、「昭和刑事物語 俺にまかせろ」の日高繁明が監督したアクション・ドラマ。撮影も「昭和刑事物語 俺にまかせろ」の小泉福造。「ロマンス祭」の小泉博・有島一郎に、「奴が殺人者だ」の中田康子などが出演している。

監督
日高繁明
出演キャスト
小泉博 有島一郎 若原雅夫 姿圭子

奴が殺人者だ

  • 1958年7月29日(火)公開
  • 製作

樫原一郎の昭和刑事物語「汚れた刑事」よりの映画化で、麻薬Gメンの活躍を描いたアクションドラマ。脚色は「張込み」の橋本忍、監督は「家内安全」の丸林久信、撮影は「ぶっつけ本番」の遠藤精一が担当した。主演は「若い獣」の佐藤允、「銭形平次捕物控 鬼火燈篭」の淡路恵子、その他天本英世・中田康子・それに元NHK放送劇団員の横山道代。

監督
丸林久信
出演キャスト
土屋嘉男 東郷晴子 横山道代 五十嵐基治

続ちゃっきり金太

  • 1958年7月8日(火)公開
  • 製作

原作・脚色・山本嘉次郎、監督・青柳信雄、撮影山田一夫とスタッフは前作と全く同じ。出演者は、三木のり平・有島一郎・中田康子ら前作のメンバーに、新しく土屋嘉男、沢村いき雄、逗子とんぼ、宮田羊容らが加わる。

監督
青柳信雄
出演キャスト
三木のり平 有島一郎 中田康子 森川信
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 宇佐美仁