TOP > 人物を探す > 川口道江

年代別 映画作品( 1962年 ~ 1966年 まで合計14映画作品)

1966年

風車のある街

  • 1966年6月25日(土)
  • 出演(保母B 役)

「肉体の門(1964)」の棚田吾郎と「父と娘の歌」の鍛冶昇が共同でシナリオを執筆、「涙になりたい」の森永健次郎が監督した青春もの。撮影はコンビの松橋梅夫。

監督
森永健次郎
出演キャスト
吉永小百合 浜田光夫 平田大三郎 芦川いづみ

この虹の消える時にも

  • 1966年1月27日(木)
  • 出演(デパート小鳥売場の店員 役)

吉田憲二の原案を、「拳銃無宿 脱獄のブルース」の石森史郎と「明日に向って突っ走れ」の堀江喜一郎が共同でシナリオ化、「ぼくどうして涙がでるの」の森永健次郎が監督した青春もの。撮影は「怪盗X 首のない男」の藤岡粂信。

監督
森永健次郎
出演キャスト
西郷輝彦 松原智恵子 山内賢 牧理恵
1965年

高原のお嬢さん

  • 1965年12月4日(土)
  • 出演(晴江 役)

「呼んでるぜあの風が」の千葉茂樹と「東京は恋する」の柳瀬観が共同でシナリオを執筆、柳瀬観が監督した歌謡もの。撮影はコンビの上田利男。

監督
柳瀬観
出演キャスト
舟木一夫 山内賢 和泉雅子 西尾三枝子

血と海

  • 1965年10月1日(金)
  • 出演(ちづ子 役)

早船ちよの原作“母系の海”を、「愛と死をみつめて」の八木保太郎が脚色、「未成年」の野村孝が監督した青春もの。撮影は「落葉の炎」の間宮義雄。

監督
野村孝
出演キャスト
三好久子 佐々木すみ江 小石真喜 和泉雅子

青春のお通り

  • 1965年7月14日(水)
  • 出演(女店員A 役)

京都伸夫の同名小説を、「悲しき別れの歌」の三木克巳が脚色、「涙をありがとう」の森永健次郎が監督した青春もの。撮影は「青春の裁き」の藤岡条信。

監督
森永健次郎
出演キャスト
吉永小百合 浜川智子 松原智恵子 浜田光夫

悲しき別れの歌

  • 1965年3月20日(土)
  • 出演(洋子 役)

石坂洋次郎原作“別れの歌”より「帰郷(1964)」の西河克己と智頭好夫が共同で脚色、西河克己が監督した青春もの。撮影は「愛と死をみつめて」の萩原憲治。

監督
西河克己
出演キャスト
吉永小百合 浜田光夫 松山英太郎 浜川智子

花咲く乙女たち

  • 1965年1月24日(日)
  • 出演(チエちゃん 役)

馬場当の原作を堀内信男、鈴木通平が共同で脚色、「早射ちジョー 砂丘の決斗」の柳瀬観が監督した歌謡ドラマ。撮影は「男の紋章 花と長脇差」の高村倉太郎。

監督
柳瀬観
出演キャスト
山内賢 西尾三枝子 舟木一夫 堺正章
1964年

若草物語(1964)

  • 1964年12月31日(木)
  • 出演(よし子 役)

「風と樹と空と」の三木克巳がオリジナル・シナリオを執筆、「ああ青春の胸の血は」の森永健次郎が監督した青春もの。撮影もコンビの松橋梅夫。

監督
森永健次郎
出演キャスト
芦川いづみ 浅丘ルリ子 吉永小百合 和泉雅子

あゝ青春の胸の血は

  • 1964年9月9日(水)
  • 出演(蒔枝 役)

「霧に消えた人」の才賀明のオリジナル・シナリオを「潮騒(1964)」の森永健次郎が監督した歌謡ドラマ。撮影もコンビの松橋梅夫。

監督
森永健次郎
出演キャスト
山内賢 和泉雅子 舟木一夫 亀山靖博
1963年

真白き富士の嶺(1963)

  • 1963年11月1日(金)
  • 出演(看護婦A 役)

太宰治原作“葉桜と魔笛”より須藤勝人が脚色、「美しい暦(1963)」の森永健次郎が監督した青春もの。撮影もコンビの松橋敏夫。

監督
森永健次郎
出演キャスト
宮口精二 芦川いづみ 吉永小百合 小高雄二

川口道江の関連人物

菊田一郎  早川由記  進千賀子  山内賢  浜田光夫 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 川口道江

ムービーウォーカー 上へ戻る