TOP > 人物を探す > エディ・マクラーグ

年代別 映画作品( 1989年 ~ 2003年 まで合計5映画作品)

2003年

変身パワーズ

  • 2003年7月5日(土)
  • 出演(Mother Disguisey 役)

米の人気テレビ番組「サタデー・ナイト・ライブ」出身のスター、ダナ・カービー主演のコメディ。お得意のものまね&変装パフォーマンスが全開、ナンセンスなギャグに全面降伏!

監督
ペリー・アンデリン・ブレイク
出演キャスト
ダナ・カーヴィ ジェニファー・エスポジット ハロルド・グールド ジェームズ・ブローリン
1998年

フラバー

  • 1998年3月28日(土)
  • 出演(Martha George 役)

うっかり者の天才科学者が発明した夢の物質をめぐって巻き起こる騒動を描いたファンタスティック・コメディ。61年のディズニー映画「うっかり博士の大発明 フラバァ」(ロバート・スティーヴンソン監督)のリメイク。監督は「34丁目の奇跡」のレス・メイフィールド。製作は「101」(製作・脚本)のジョン・ヒューズと、「ジャック」のリカルド・メストレス。製作総指揮は「アダムス・ファミリー2」のデイヴィッド・ニックセイ。サミュエル・W・テイラーの短編『A Situation of Gravity』を原作に、脚本はヒューズが執筆(オリジナルにほぼ忠実な再映画化のため、クレジットは75年に亡くなった旧作の脚本家ビル・ウォルシュと連名)。撮影は「ミクロ・キッズ3」で監督デビューを果たした「アポロ13」のディーン・カンディ。音楽は「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」のダニー・エルフマン。美術は「ホーム・フォー・ザ・ホリディ」のアンドリュー・マッカルパイン。編集は「グレース・オブ・マイ・ハート」のハーヴェイ・ローゼンストックと「ジャングル2ジャングル」のマイケル・A・スティーヴンソン。衣裳はエイプリル・フェリー。SFXはフラバー関連をインダストリアル・ライト&マジック(ILM)、63年型サンダーバードが空を飛ぶシーンはドリーム・クエストがそれぞれ担当。主演は「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」のロビン・ウィリアムス。共演は「この森で、天使はバスを降りた」のマルシア・ゲイ・ハーデン、「アンフォゲッタブル」のクリストファー・マクドナルド、「デッドマン・ウォーキング」のレイモンド・J・バリーほか。ちなみに旧作「うっかり博士の大発明 フラバァ」とその続編「フラバァ・デラックス」でヒロインを演じたナンシー・オルソンがフォード社の秘書役でカメオ出演。日本語吹き替え版も同時公開された。

監督
レス・メイフィールド
出演キャスト
ロビン・ウィリアムズ マーシャ・ゲイ・ハーデン クリストファー・マクドナルド レイモンド・J・バリー
1995年

ナチュラル・ボーン・キラーズ

  • 1995年2月4日(土)
  • 出演(Mallory's Mom 役)

永遠の愛を誓い、殺人を繰り返すカップルの逃避行を描いたヴァイオレンス映画の問題作。欧米各国で年齢制限公開や上映禁止となったことも話題を呼んだ。暴力そのものの描写は極めてあっさりとしており、殺人や暴力を娯楽として消費していく現代アメリカ社会、及びメディアに対する痛烈な諷刺に主題が置かれている。35mmから粒子の粗い16mmフィルム、さらにVTR映像へ。カラーからモノクロへ、またはその逆。スクリーンプロセスやアニメーション合成、実際のニュース映像、映画やテレビ作品の断片の唐突な挿入など、夥しいイメージショットで目まぐるしく変転する凝った映像と編集が特徴的。監督は「ドアーズ」「JFK」「天と地」と、90年代に入りコンスタントに話題作を提供しているオリヴァー・ストーン。製作はジェーン・ハムシャー、ドン・マーフィー、クレイトン・タウンゼンドの共同。「レザボア・ドッグス」「パルプ・フィクション」のクエンティン・タランティーノがビデオショップで働いていた頃、「トゥルー・ロマンス」に次いで書き上げた2本目のシナリオの映画化だが、彼とストーンの間で意見が衝突。結局、タランティーノのシナリオは原案として、リチャード・ルトウスキー、デイヴィッド・ヴェローズ、ストーンが脚本を執筆した。撮影はロバート・リチャードソン、美術はヴィクター・ケンプスター。音楽プロデュースはインダストリアル・ロックの雄、ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナーが担当。映像の変化に合わせて、オペラ『蝶々夫人』からロック、ポップスへ、75曲のスコアがコラージュ感覚で全編に散りばめられている。主演は「幸福の条件」「ハードプレイ」のウディ・ハレルソンと、「カリフォルニア(1993)」「ギルバート・グレイプ」「蜘蛛女」のジュリエット・ルイス。共演は「チャーリー」のロバート・ダウニー・ジュニア、「ワイアット・アープ」のトム・サイズモア、「逃亡者(1993)」「ブローン・アウェイ 復讐の序曲」と、90年代の性格俳優として開花したトミー・リー・ジョーンズら。

監督
オリヴァー・ストーン
出演キャスト
ウディ・ハレルソン ジュリエット・ルイス ロバート・ダウニー・Jr. トミー・リー・ジョーンズ

ティーンエイジ・ヒーローズ

  • 1995年3月25日(土)
  • 出演(Aunt Irene 役)

学園の女王のハートを射止めるため、3人の少年たちがスポーツで競い合う青春映画。日本でも流行のローラーブレード(インライン・スケート、パイプ・スケート)など、ふんだんに登場するスポーツ競技の場面が見どころ。スティーブン・マクヴィーティとビル・アパブラサの原案を、現役の高校教師であり児童向け小説の作家でもあるアパブラサが10代の若者たちの生の声を取り入れて脚色(教師役で出演も)。監督はこれがデビューとなるロブ・ボウマン。製作は「マーヴェリック」のブルース・デイヴィで、彼がメル・ギブソンと主宰するイコン・プロ作品。撮影はダリン・オカダ、音楽はロック・グループ、元ポリスのドラマーで「ランブルフィッシュ」「モアイの謎」のスチュワート・コープランドが担当。出演は全米ティーンエイジャーのアイドルのシェーン・マクダーモット、「ラジオ・デイズ」の名子役から成長したセス・グリーン、『潮風とベーコンサンドとヘミングウェイ』(V)のクリス・コンラッドほか、若手スターが結集。また、クリス“エアマン”エドワーズらローラーブレードの人気プロが妙技を披露している。

監督
ロブ・ボウマン
出演キャスト
シェーン・マクダーモット セス・グリーン ブリトニー・パウエル クリス・コンラッド
1989年

エルヴァイラ

  • 1989年7月29日(土)
  • 出演(Chastitiy_Pariah 役)

遺産をめぐってテレビの人気キャラクター・エルヴァイラと彼女の伯父との争いを描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはマイケル・ラックミル、製作はエリック・ガードナーとマーク・ピアソン、監督はジェームズ・シグノレリ、脚本はサム・イーガン、ジョン・パラゴンと主演のエルヴァイラことカサンドラ・ピーターソン、撮影はハナニア・ベア、音楽はジェームズ・キャンベルが担当。

監督
ジェームズ・シグノレリ
出演キャスト
カサンドラ・ピーターソン エディ・マクラーグ ダニエル・グリーン ジェフ・コナウェイ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > エディ・マクラーグ

ムービーウォーカー 上へ戻る