映画-Movie Walker > 人物を探す > 鈴木英夫

年代別 映画作品( 1947年 ~ 1968年 まで合計36映画作品)

1960年

サラリーマン目白三平 女房の顔の巻

  • 1960年6月22日(水)公開
  • 監督

中村武志の原作を、「僕は独身社員」の松木ひろしが脚色し、「非情都市」の鈴木英夫が監督したサラリーマンもの。「恐妻党総裁に栄光あれ」の小泉福造が撮影した。パースペクタ立体音響。

監督
鈴木英夫
出演キャスト
笠智衆 望月優子 坂下文夫 日吉としやす

非情都市

  • 1960年2月21日(日)公開
  • 監督

一社会部記者のマスコミと資本の壁に抵抗する姿を描いたサスペンス・ドラマ。三田和夫の手記より、「総会屋錦城 勝負師とその娘」の井手雅人が脚本を執筆、「社員無頼 (怒号篇)」「社員無頼 (反撃篇)」の鈴木英夫が監督した。撮影は「独立愚連隊」の逢沢譲。

監督
鈴木英夫
出演キャスト
三橋達也 司葉子 稲葉義男 東野英治郎
1959年

社員無頼 反撃篇

  • 1959年6月2日(火)公開
  • 監督

「社員無頼 (怒号篇)」の続篇で、脚色・岡田達門、井手俊郎、監督・鈴木英夫、撮影・逢沢譲と前作と同様の顔ぶれである。

監督
鈴木英夫
出演キャスト
佐原健二 藤木悠 志村喬 上原謙

社員無頼 怒号篇

  • 1959年5月12日(火)公開
  • 監督

源氏鶏太の原作を、「すずかけの散歩道」の岡田達門・井手俊郎が脚色したサラリーマンもの。「燈台」の鈴木英夫が監督し逢沢譲が撮影した。パースペクタ立体音響。

監督
鈴木英夫
出演キャスト
佐原健二 藤木悠 志村喬 上原謙

燈台

  • 1959年2月24日(火)公開
  • 監督

三島由紀夫の同名戯曲の映画化で、「若い娘たち(1951)」の井手俊郎が脚色、「花の慕情」の鈴木英夫が監督した、若き継母を慕う青年の心理を描く文芸篇。撮影は「女探偵物語 女性SOS」の山田一夫。「大学の人気者」の久保明、「つづり方兄妹」の津島恵子、新人の柳川慶子、それに河津清三郎が主演している。

監督
鈴木英夫
出演キャスト
河津清三郎 津島恵子 久保明 柳川慶子
1958年

花の慕情

  • 1958年8月5日(火)公開
  • 監督

吉屋信子の「花」から、池田忠雄・杉田彰・沢村勉の三人が脚色し、「脱獄囚」の鈴木英夫が監督、「女であること」の飯村正が撮影したラヴ・ロマンスである。「東京の休日(1958)」の司葉子、「弥次喜多道中記」の宝田明・草笛光子、「杏っ子」の三井美奈に、杉村春子、千秋実、長岡輝子などが出演する。いけ花指導は勅使河原蒼風。色彩はイーストマン・カラー。パースペクタ立体音響。

監督
鈴木英夫
出演キャスト
司葉子 松沢洋一 宝田明 長岡輝子
1957年

脱獄囚(1957)

  • 1957年11月5日(火)公開
  • 監督

石川年の『囮』を原案に「空の大怪獣 ラドン」の共同脚本執筆家の一人、村田武雄が脚本化、「危険な英雄」の鈴木英夫が監督したスリラー・ドラマ。撮影は「裸の町」の玉井正夫。主演は「夕凪」の池部良、「大学の侍たち」の草笛光子、「不良少年(1956)」の佐藤允、新人家田佳子、それに尾上九朗右衛門、河内桃子。1957年11月26日より全国公開。

監督
鈴木英夫
出演キャスト
池部良 草笛光子 佐藤允 尾上九朗右衛門

危険な英雄

  • 1957年7月30日(火)公開
  • 監督

誘拐事件をタネに一勝負を挑む青年記者の生き方を衝く異色ドラマ。助監督の須川栄三のオリジナル・シナリオを「警視庁物語 白昼魔」の長谷川公之が潤色し、「目白三平物語 うちの女房」の鈴木英夫が監督した。撮影は「雨情」の中井朝一。主演は「婚約指輪」の石原慎太郎、「忘却の花びら (完結篇)」の司葉子。ほかに「あらくれ(1957)」の仲代達矢、「わが胸に虹は消えず (二部作)」の伊藤久哉、「柳生武芸帳(1957)」の三船敏郎、それに志村喬、小沢栄太郎、岸輝子など。

監督
鈴木英夫
出演キャスト
石原慎太郎 小沢栄太郎 多々良純 佐田豊

目白三平物語 うちの女房

  • 1957年3月27日(水)公開
  • 監督

平凡な庶民生活の中に、あふれるユーモアとペーソスを描いた中村武志の『サラリーマン・目白三平』を「美貌の都」の井手俊郎が脚色し、「殉愛」の鈴木英夫が監督する。撮影は「眠狂四郎無頼控」の山崎一雄。主な出演者は「暴れん坊街道」の佐野周二、「米」の望月優子、「歌う不夜城」の久慈あさみ、ほかに杉葉子、団令子、佐原健二、千石規子など。

監督
鈴木英夫
出演キャスト
佐野周二 望月優子 杉本修 日吉としやす
1956年

殉愛(1956)

  • 1956年10月31日(水)公開
  • 監督、脚色

戦争という抗し得ぬ暴力に死をもって抗議し、学徒出身の特攻隊員である夫に殉じて、若き生命を断った妻の手記を基にして映画化する愛の物語。山田照子の遺作から「夕日と拳銃」の沢村勉と鈴木英夫が脚色、「チエミの婦人靴」に次いで鈴木英夫が監督。撮影は「恐怖の逃亡」の安本淳。主な出演者は「白夫人の妖恋」の八千草薫、「嵐(1956)」の笠智衆、「与太者と若旦那」の鶴田浩二、「のんき夫婦」の小林桂樹、加東大介、その他、夏川静江、宝塚の峰京子、多々良純、清水一郎など。

監督
鈴木英夫
出演キャスト
八千草薫 笠智衆 夏川静江 峰京子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 鈴木英夫