映画-Movie Walker > 人物を探す > 高原朝子

年代別 映画作品( 1949年 ~ 1963年 まで合計32映画作品)

1963年

江戸無情

  • 1963年5月22日(水)公開
  • 出演(参詣人三 役)

読売新聞連載・富田常雄原作を「新・座頭市物語」の犬塚稔と「中山七里」の松村正温が共同で脚色、「人斬り市場」の西山正輝が監督した時代活劇。撮影は「影を斬る」の武田千吉郎。

監督
西山正輝
出演キャスト
長谷川一夫 津川雅彦 坪内ミキ子 近藤美恵子

女系家族

  • 1963年3月31日(日)公開
  • 出演(坂上の看護婦 役)

週刊文春連載・山崎豊子原作を「第三の悪名」の依田義賢が脚色、「新選組始末記」の三隅研次が監督した文芸作品。撮影は「第三の悪名」の宮川一夫。

監督
三隅研次
出演キャスト
若尾文子 高田美和 鳳八千代 京マチ子
1962年

ソーラン渡り鳥

  • 1962年5月27日(日)公開
  • 出演(旅籠の女房 役)

「のこされた子とのこした母と」の浅井昭三郎のオリジナル・シナリオを「色の道教えます 夢三夜」の加戸敏が監督した股旅歌謡もの。撮影は「のこされた子とのこした母と」の竹村康和。

監督
加戸敏
出演キャスト
成田純一郎 中村豊 小林勝彦 小桜純子
1961年

色の道教えます 夢三夜

  • 1961年10月11日(水)公開
  • 出演(皐月 役)

週刊新潮連載の五味康祐の同名小説の映画化。「鯉名の銀平(1961)」の犬塚稔が脚色、「木曽ぶし三度笠」の加戸敏が監督した。撮影は「お馬は七十七万石」の牧田行正。

監督
加戸敏
出演キャスト
中村鴈治郎 小林勝彦 三田村元 千葉敏郎
1960年

ぼんち

週刊新潮に連載された山崎豊子の原作を、「流転の王妃」の和田夏十と市川崑が共同で脚色「女経」の市川崑が監督したもので、大阪船場のぼんちという宿命を負った一人の青年の半生が描かれる。「浮草」の宮川一夫が撮影した。

監督
市川崑
出演キャスト
市川雷蔵 若尾文子 中村玉緒 草笛光子

風雲将棋谷(1960)

  • 1960年2月3日(水)公開
  • 出演(鳥居の腰元 役)

角田喜久雄の原作を、「化け猫御用だ」の民門敏雄が脚色、「鳴門の花嫁」の田坂勝彦が監督した怪奇スリラーもの。「千代田城炎上」の相坂操一が撮影した。

監督
田坂勝彦
出演キャスト
勝新太郎 小林勝彦 鶴見丈二 浦路洋子
1959年

歌麿をめぐる五人の女(1959)

  • 1959年10月11日(日)公開
  • 出演(鶴半の女中おせん 役)

美人画の喜多川歌麿と、彼をとりまく女性たちの生態を描いた娯楽時代劇。脚本・監督は「一刀斎は背番号6」の木村恵吾。撮影は「町奉行日記 鉄火牡丹」の今井ひろし。

監督
木村恵吾
出演キャスト
長谷川一夫 淡島千景 中田康子 淡路恵子

かげろう絵図

  • 1959年9月27日(日)公開
  • 出演(若いお女中 役)

東京新聞に連載中の松本清張の同名小説を映画化したもので、徳川十三代将軍跡目相続をめぐる陰謀事件を中心にした時代推理劇。「お役者鮫」のコンビ衣笠貞之助と犬塚稔が脚色し、「情炎(1959)」のコンビ衣笠貞之助が監督し、渡辺公夫が撮影した。

監督
衣笠貞之助
出演キャスト
市川雷蔵 山本富士子 滝沢修 柳永二郎

お役者鮫

  • 1959年8月29日(土)公開
  • 出演(紅葉屋の仲居 役)

「情炎(1959)」の衣笠貞之助と「お嬢吉三」の犬塚稔の共同脚本を、「山田長政 王者の剣」の加戸敏が監督したもので、歌舞伎の世界を背景にした怪奇時代劇。撮影は「四谷怪談(1959)」の牧田行正。

監督
加戸敏
出演キャスト
長谷川一夫 新珠三千代 中村鴈治郎 鶴見丈二

千代田城炎上

  • 1959年6月13日(土)公開
  • 出演(雪野 役)

長崎謙二郎の原作を「愛情不動」の依田義賢が脚色したもので、男子禁制の大奥内を舞台にした悲恋物語。「紅あざみ」の安田公義が監督し、「若き日の信長」の相坂操一が撮影した。

監督
安田公義
出演キャスト
勝新太郎 新珠三千代 三田登喜子 美川純子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 高原朝子