映画-Movie Walker > 人物を探す > 望月優子

年代別 映画作品( 1948年 ~ 1969年 まで合計80映画作品)

1952年

美女と盗賊

  • 1952年9月23日公開
  • 出演(小虎 役)

加賀四郎の企画で、芥川龍之介の名作『偸盗』から取材して、「月よりの母」の八木隆一郎が、「惜春(1952)」の監督木村恵吾に協力してシナリオを書き、木村恵吾が監督に当ったものである。「惜春(1952)」は木村監督が全部を手がけていないので、厳密に言えば、「三万両五十三次」に次ぐ同監督の作品ともいえよう。撮影は「母子船」の山崎安一郎である。衣裳考証を甲斐莊楠音が受持っている。出演者の主なものは、「滝の白糸(1952)」の森雅之と京マチ子に、「上海の女」の三國連太郎で、菅井一郎、北林谷栄、東野英治郎、加東大介、千秋実、志村喬、望月優子などが助演している。

監督
木村恵吾
出演キャスト
森雅之 三國連太郎 京マチ子 菅井一郎

現代人

  • 1952年9月3日公開
  • 出演(宗藤本の芸妓 役)

製作は「お茶漬の味」の山本武が担当、「慟哭」の猪俣勝人が脚本を書き、「本日休診」の斎藤良輔が潤色している。監督は渋谷実の「本日休診」に次ぐもの。撮影は「二つの花」の長岡博之。出演者の主なものは、松竹映画に久々に出演する「若い人(1952)」の池部良、「華やかな夜景」の小林トシ子、「女のいのち」の山村聡、「いとし子と耐えてゆかん」の山田五十鈴の他、高野由美、多々良純、伊達信などである。

監督
渋谷実
出演キャスト
池部良 小林トシ子 山村聡 高野由美

花嫁花婿チャンバラ節

  • 1952年8月14日公開
  • 出演(佐久間とみ子 役)

「母子鶴」の米田治が企画をし、「初恋トコシャン息子」の笠原良三が脚本を書き、「猛獣使いの少女」の佐伯幸三が監督し、同じく秋野友宏が撮影に当っている。出演者の主なものは、「初恋トコシャン息子」の柳家金語楼と大泉滉、「母子鶴」の若尾文子と熱海幸子のほか、望月優子、潮万太郎、渡辺篤、森繁久彌に、長谷部健、荒川さつきなどである。

監督
佐伯幸三
出演キャスト
柳家金語楼 若尾文子 望月優子 潮万太郎

お景ちゃんと鞍馬先生

  • 1952年6月18日公開
  • 出演(ウサ子夫人 役)

製作は「相惚れトコトン同志」の小倉武志。原作は雑誌『面白倶楽部』連載の中野実のユーモア小説から「飛び出した若旦那」の津路嘉郎、「母化粧」の長瀬喜伴、「栄冠涙あり」の池田三郎のトリオが脚本を書き、「東京騎士伝」の瑞穂春海が監督、同じく布戸章が撮影に当たっている。出演者の主なものは「二つの花」の淡島千景と若原雅夫、「本日休診」の望月優子、「紅扇」の阿南純子のほか、坂本武、伊沢一郎、草香田鶴子などである。

監督
瑞穂春海
出演キャスト
淡島千景 坂本武 若原雅夫 日守新一

相惚れトコトン同志

  • 1952年4月18日公開
  • 出演(女房たけ 役)

「治郎吉格子」の小倉浩一郎の製作で、「とんかつ大将」の川島雄三が鹿島孝二の『平凡』所載の原作から脚色し、監督している。撮影は同じく西川亨である。出演者の主なものは、「紅扇」の高橋貞二、小林トシ子、吉川満子、「本日休診」の岸恵子、「出世鳶」の井川邦子のほかコロムビアの久保幸江が出演している。

監督
川島雄三
出演キャスト
高橋貞二 岸恵子 河村黎吉 坂本武

息子の花嫁

  • 1952年3月14日公開
  • 出演(さく 役)

製作は「霧笛」の田中友幸。宇野信夫作の『春の泡雪』より「結婚行進曲」の井手俊郎が脚色し、「三太物語」の丸山誠治が監督に当たった。撮影は「女ごころ誰か知る」の中井朝一。出演者は「ラッキーさん」の小林桂樹、杉葉子、井上大助、千石規子、「慶安秘帖」の藤原釜足、「青春会議」の三宅邦子、それに森繁久彌、飯田蝶子などである。

監督
丸山誠治
出演キャスト
藤原釜足 小林桂樹 森繁久彌 望月優子

この春初恋あり

  • 1952年1月20日公開
  • 出演(海江田夫人 役)

製作は「適齢三人娘」の小倉武志、脚本は「夢と知りせば」の馬場当に山内久が協力、監督は「あの丘越えて」の瑞穂春海が当たっている。撮影は「飛び出した若旦那」の布戸章。出演者の主なものは「女ごころ誰か知る」の高峰三枝子、「適齢三人娘」の若原雅夫と小林トシ子、「命美わし」の佐田啓二のほか、吉川満子、細川俊夫、文学座の龍岡晋など。

監督
瑞穂春海
出演キャスト
高峰三枝子 若原雅夫 小林トシ子 佐田啓二

陽気な渡り鳥

  • 1952年1月3日公開
  • 出演(おたか 役)

製作は「命美わし」の小出孝。「天使も夢を見る」の伏見晁が雑誌「ロマンス」に掲載の自作原作より脚色し、「夢多き頃」の佐々木康が監督に当たっている。撮影は「あの丘越えて」の厚田雄春。配役は「あの丘越えて」の美空ひばり、「命美わし」の淡島千景と桂木洋子。「大江戸五人男」の高橋貞二、その他大船専属の助演陣である。

監督
佐々木康
出演キャスト
美空ひばり 斎藤達雄 淡島千景 河村黎吉
1951年

飛び出した若旦那

  • 1951年9月21日公開
  • 出演(大河内夫人 役)

製作は「天使も夢を見る」の山口松三郎。雑誌『平凡』所載の鹿島孝二の原作から「乾杯!若旦那」の津路嘉郎が脚色、「東京のお嬢さん」の瑞穂春海の監督で同じく布戸章が撮影に当っている。主演は「天使も夢を見る」の鶴田浩二と「離婚結婚」の角梨枝子。それに河村黎吉、吉川満子、高橋豊子、日守新一、市川小太夫、水原真知子、坪内美子などの助演。

監督
瑞穂春海
出演キャスト
鶴田浩二 河村黎吉 吉川満子 高橋豊子

母を慕いて

  • 1951年7月27日公開
  • 出演(千代葉 役)

製作は「恋文裁判」の石田清吉、阿木翁助の原作を、「東京のお嬢さん」の池田忠雄、三郎に、「天明太郎」で齋藤良輔に協力した中村定郎を加えた三人の共同執筆により、「初恋トンコ娘」の斎藤寅次郎が監督に当っている。撮影は「感情旅行」の服部幹夫。主演者は、「鞍馬天狗 角兵衛獅子(1951)」の美空ひばり、「春怨」の坪内美子、「東京のお嬢さん」の日守新一、「恋文裁判」の沢村貞子などのほか、清川虹子、坂本武、望月美惠子の脇役陣、田端義夫、近江俊郎等の歌謡歌手、淡島千景、灰田勝彦、晴彦兄弟、岡晴夫などの特別出演がある。

監督
斎藤寅次郎
出演キャスト
坪内美子 美空ひばり 日守新一 清川虹子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 望月優子