TOP > 映画監督・俳優を探す > 水木凉子

年代別 映画作品( 1953年 ~ 1967年 まで合計24映画作品)

1967年

女の一生(1967)

  • 1967年11月11日(土)
  • 出演(下宿のおばさん 役)

ギ・ド・モーパッサンの同名小説を、「女たちの庭」の野村芳太郎と、「喜劇 一発勝負」の山田洋次、「大番頭小番頭(1967)」の森崎東の三人が共同で脚色し、野村芳太郎が監督した文芸もの。撮影はコンビの川又昂。

監督
野村芳太郎
出演キャスト
岩下志麻 宇野重吉 長岡輝子 田村正和
1964年

五瓣の椿

  • 1964年11月21日(土)
  • 出演(女患者 役)

山本周五郎の同名小説を「がらくた」の井手雅人が脚色「拝啓総理大臣様」の野村芳太郎が監督した文芸もの。撮影もコンビの川又昂。

監督
野村芳太郎
出演キャスト
岩下志麻 田村高廣 大辻伺郎 穂積隆信

男の影

  • 1964年10月15日(木)
  • 出演(中年の女 役)

菊村到の原作を「いいかげん馬鹿」の熊谷勲と「海賊船 海の虎」の甲斐久尊、それに大槻義一が共同で脚色、「七人の刑事」の大槻義一が監督したアクションもの。撮影は「落第生とお嬢さん」の小原治夫。

監督
大槻義一
出演キャスト
園井啓介 桑野みゆき 加藤嘉 竹脇無我

海抜0米

  • 1964年8月1日(土)
  • 出演(啓太の母 役)

曽野綾子の同名小説を「女嫌い」の柳井隆雄と「月夜の渡り鳥」の元持栄美が共同で脚色「青い目の花嫁はん」の川頭義郎が監督した文芸もの。撮影もコンビの荒野諒一。

監督
川頭義郎
出演キャスト
倍賞千恵子 園井啓介 川津祐介 岸久美子

裸一貫(1964)

  • 1964年7月18日(土)
  • 出演(加代の母 役)

「島育ち」の八木美津雄と「ばりかん親分」の小林久三が共同でシナリオを執筆「結婚の設計」の八木美津雄が監督したアクションもの。撮影はコンビの平瀬静雄。

監督
八木美津雄
出演キャスト
寺島達夫 倍賞千恵子 入川保則 夏川かほる
1961年

二階の他人

  • 1961年12月15日(金)
  • 出演(遠藤貞子 役)

多岐川恭の同名小説の映画化。「恋の画集」のコンビ野村芳太郎と山田洋次が脚色、山田洋次が第一回の監督をつとめる。撮影は「白い肌と黄色い隊長」の森田俊保。なお山田洋次は昭和六年生れ。二十九年東大法科卒。渋谷実、井上和男、野村芳太郎の助監督をつとめていた。

監督
山田洋次
出演キャスト
小坂一也 葵京子 高橋とよ 野々浩介
1958年

幸運の階段

  • 1958年11月11日(火)
  • 出演(つや子 役)

中野実のNHK連続テレビ劇を映画化したもので、「女探偵物語 女性SOS」の若尾徳平が脚色、「恐怖の対決」の岩間健夫が監督したホーム・コメディ。撮影も「恐怖の対決」の小杉正雄。「この天の虹」の高千穂ひづる・田村高廣、「ろまん化粧」の杉田弘子に、日守新一・清川虹子・柳家金語楼らのコメディアンが出演。

監督
岩間鶴夫
出演キャスト
高千穂ひづる 日守新一 田村高廣 清川虹子

坊っちゃん(1958)

  • 1958年6月15日(日)
  • 出演(芸者年増 役)

夏目漱石の同名小説を、「渡る世間は鬼ばかり ボロ家の春秋」の椎名利夫と山内久が脚色、「白い炎」の番匠義彰が監督、「花のうず潮」の生方敏夫が撮影した文芸篇。坊っちゃんには「若い広場」の南原伸二が扮し、マドンナには「渡る世間は鬼ばかり ボロ家の春秋」の有馬稲子、その他、伴淳三郎伊藤雄之助、トニー谷、三井弘次などのベテランが出演。色彩はイーストマン松竹カラー。

監督
番匠義彰
出演キャスト
南原伸二 英百合子 伴淳三郎 トニー谷
1957年

伴淳・森繁の糞尿譚

  • 1957年5月21日(火)
  • 出演(かき舟の芸者 役)

第六回芥川賞受賞の火野葦平原作『糞尿譚』の映画化。社会の醜い欲望の渦中に巻込まれた庶民の喜怒哀楽を描く。「憎いもの」の橋本忍が脚色、「踊る摩天楼」のコンビ野村芳太郎が監督、井上晴二が撮影した。主演は「山鳩」の森繁久弥、「続二等兵物語 決戦体制の巻」の伴淳三郎、「世にも面白い男の一生 桂春団治」の脚本執筆者、松竹新喜劇の渋谷天外、「大江戸風雲絵巻 天の眼」の瑳峨三智子。ほかに山茶花究、村瀬幸子、柳永二郎、沢村貞子、小沢栄太郎(栄改め)、中村是好、三井弘次など。火野葦平が特別出演。

監督
野村芳太郎
出演キャスト
伴淳三郎 村瀬幸子 市川章 福光広子
1956年

茶の間の時計 愛情の波紋

  • 1956年7月6日(金)
  • 出演(金引夫人 役)

原作は北条誠の新派上演戯曲“茶の間の時計”で、ラジオ東京連続放送劇にもなっている。長女の結婚をめぐる父や弟妹の家族愛の物語。原作から「ここに幸あり」(二部作)の中村定郎が脚色し、「十九の春」の尾崎甫が監督、小杉正男が撮影を担当した。主な出演者は「ここに幸あり」(二部作)の三津田健、片山明彦、「十九の春」の清川新吾、「駄々っ子社長」の藤乃高子、「次男坊故郷へ行く」の中川姿子など。

監督
尾崎甫
出演キャスト
三津田健 藤乃高子 清川新吾 中川姿子

水木凉子の関連人物

小林十九二  稲川善一  水上令子  関千恵子  北竜二 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/26更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 水木凉子

ムービーウォーカー 上へ戻る