映画-Movie Walker > 人物を探す > 宮本幹也

年代別 映画作品( 1952年 ~ 1967年 まで合計20映画作品)

1967年

任侠 魚河岸の石松

  • 1967年11月23日(木)公開
  • 原作

宮本幹也の同名原作(芸文社刊)を、「男の勝負 関東嵐」の高田宏治が脚色し、「侠客道」の鈴木則文が監督したアクションもの。撮影は「男涙の破門状」のわし尾元也。

監督
鈴木則文
出演キャスト
北島三郎 村田英雄 吉田輝雄 内田朝雄
1961年

べらんめえ中乗りさん

  • 1961年10月22日(日)公開
  • 原作

宮本幹也原作の『筏師ノンコ』より、「飛ばせ特急便 魔の十八号線」のコンビ甲斐久尊が脚本を担当、伊賀山正光が監督した、ひばり民謡の旅シリーズの第二篇。撮影は「皮ジャン・ブルース」の西川庄衛。

監督
伊賀山正光
出演キャスト
美空ひばり 高倉健 山形勲 神田隆
1959年

決闘街

  • 1959年2月10日(火)公開
  • 原作

平凡連載の宮本幹也の原作を、「自殺を売った男」の高橋治が脚色、「帰って来た縁談」の堀内真直が監督したアクションもの。撮影も同じく「帰って来た縁談」の小原治夫。「花は嘆かず(1958)」の大木実、「幸運の階段」の高千穂ひづる、「蟻の街のマリア」の南原伸二らが出演。

監督
堀内真直
出演キャスト
大木実 高千穂ひづる 日守新一 三上真一郎
1958年

三代目 魚河岸の石松

  • 1958年5月7日(水)公開
  • 原作

宮本幹也の原作から、「弥次喜多道中記」の笠原良三が脚色、「曲馬団の娘」の小石栄一が監督、「少年探偵団 首なし男」の藤井静が撮影したお馴染魚河岸の石松シリーズの一篇。石松に今回は今井俊二が扮するほか、柳谷寛、宮城まり子、佐久間良子、小宮光江、清川虹子、星美智子、大泉滉らが出演。色彩は東映カラー。

監督
小石栄一
出演キャスト
今井俊二 柳谷寛 清川虹子 暁テル子
1957年

大学の石松 女群突破

  • 1957年4月16日(火)公開
  • 原作

おなじみの宮本幹也原作の石松シリーズ。「大江戸喧嘩纏」の松浦健郎と大和久守正が共同脚色し、「拳銃を捨てろ」の小石栄一が監督するお色気青春活劇篇。撮影は「少年探偵団 妖怪博士 二十面相の悪魔 二部作」の佐藤三郎。主な出演者は、「喧嘩社員」の高倉健のほか清川虹子、杉狂児、高木二朗、中村是好、山形勲、大川恵子、岸井明、島倉千代子、園ゆき子、真咲美岐など。

監督
小石栄一
出演キャスト
高倉健 高木二朗 山形勲 中村是好
1956年

大学の石松 ぐれん隊征伐 太陽族に挑戦す(二部作)

  • 1956年当年公開
  • 原作

前作「大学の石松」に続いて“小説倶楽部”連載の宮本幹也の原作から「甲武信嶽伝奇 (三部作)」の松浦健郎が脚色、「にっぽんGメン 特別武装班出動」の小石栄一が監督、「宝島遠征」の佐藤三郎が撮影を担当した。主な出演者は「にっぽんGメン 特別武装班出動」の高倉健、高木二朗、「野郎ども 表へ出ろ」の山形勲、「無法街」の中原ひとみ、その他杉狂児、藤井貢、花澤徳衛、岸井明のベテランに落語の古今亭今輔など。

監督
小石栄一
出演キャスト
高倉健 高木二朗 山形勲 中原ひとみ

青い怒濤

  • 1956年10月1日(月)公開
  • 原作

学校騒動を中心に若き高校生の群像を美しい乙女の涙で描く青春篇。雑誌“明星”連載、ラジオ東京TV放送劇の宮本幹也の原作から「海の百万石」の舟橋和郎と「おんな船頭唄」の小林桂三郎が共同で脚色、小林桂三郎が監督した。撮影は「地下から来た男」の中尾利太郎。主な出演者は「暁の逃亡」の浅丘ルリ子、「逆光線」の香月美奈子、「花の運河」の葉山良二、「地下から来た男」の東谷暎子、桂典子、他に武藤章生、杉幸彦、芦田伸介など。

監督
小林桂三郎
出演キャスト
香月美奈子 芦田伸介 浅丘ルリ子 新井麗子

大学の石松

  • 1956年5月18日(金)公開
  • 原作

平凡に連載された宮本幹也の原作を、「黒帯有情 花と嵐」の松浦健郎が、山崎巌と共同脚色した“石松もの”の続篇。監督は「水戸黄門漫遊記 怪力類人猿」の伊賀山正光(正徳改め)。撮影は「鼻の六兵衛」の福島宏。主な出演者は「無敵の空手! チョップ先生」の高倉健、藤里まゆみ、「頑張れゴンさん」の山口勇、花澤徳衛など。

監督
伊賀山正光
出演キャスト
高倉健 宇佐美諄 高木二朗 杉狂児

頑張れゴンさん

  • 1956年4月19日(木)公開
  • 原作

スポーツ・ニッポンに連載された宮本幹也の同名の原作を「青春をわれらに」の笠原良三が脚色、「鼻の六兵衛」の津田不二夫が監督する明朗現代劇。撮影は「まぼろし怪盗団」の小西昌三。主な出演者は「隠密七生記(1956)」(一・二部)の大友柳太朗、「げんこつ社員」の三条美紀、「雪崩(1956)」の星美智子、花澤徳衛、「長脇差奉行」の進藤英太郎、浦里はるみなど。

監督
津田不二夫
出演キャスト
大友柳太朗 三条美紀 花澤徳衛 進藤英太郎
1955年

石松故郷へ帰る

  • 1955年10月25日(火)公開
  • 原案

相棒のキノキンの母を探しに旅に出た河岸の石松が数数の女難に会い、遂に東京に舞い戻る。「魚河岸の石松 マンボ石松踊り」と同じく宮本幹也の原案により笠原良三が脚本を書き、小石栄一が監督、星島一郎が撮影を担当した。主なる出演者は前作と同じく堀雄二、柳谷寛、清川虹子(二役)の他、「暴力街(1955)」の中原ひとみ、「力闘空手打ち・三部作」の月丘千秋、山口勇など。

監督
小石栄一
出演キャスト
堀雄二 柳谷寛 星美智子 清川虹子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 宮本幹也