TOP > 映画監督・俳優を探す > マーク・ハミル

年代別 映画作品( 1976年 ~ 2019年 まで合計20映画作品)

2019年

チャイルド・プレイ

  • 2019年7月19日(金)
  • 出演(声)(チャッキー 役)

一見、かわいらしい風貌の人形が凶器を手に人々を恐怖に陥れていくさまを描き、世界中で大ヒットを記録したホラー・シリーズ『チャイルド・プレイ』。同作を『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のプロデューサー陣が再映画化。最先端技術が組み込まれた殺人人形の声を『スター・ウォーズ』シリーズのマーク・ハミルが演じる。

監督
ラース・クレヴバーグ
出演キャスト
オーブリー・プラザ ガブリエル・ベイトマン ブライアン・タイリー・ヘンリー マーク・ハミル

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

  • 2019年12月20日(金)
  • 出演(ルーク・スカイウォーカー 役)

1977年から続くSFシリーズ「スター・ウォーズ」完結編。祖父ダース・ベイダーの遺志を受け継ぎ、銀河の圧倒的支配者となったカイロ・レン。一方、伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの想いを引き継ぐレイ。光と闇の戦いは、最終決戦に託される。監督・脚本は、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のJ・J・エイブラムス。エピソード7から出演しているデイジー・リドリー、アダム・ドライバー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、ルピタ・ニョンゴのほか、エピソード4~6で主演を務めたマーク・ハミル、同6以来の登場となるランド・カルリジアン役のビリー・ディー・ウィリアムスらが出演。

監督
J・J・エイブラムス
出演キャスト
デイジー・リドリー アダム・ドライバー ジョン・ボイエガ オスカー・アイザック
2018年

ブリグズビー・ベア

  • 2018年6月23日(土)
  • 出演(Ted Mitchum 役)

コメディ番組『サタデー・ナイト・ライブ』のディレクター、デイヴ・マッカリーが監督したドラマ。誘拐され、偽の両親が制作した教育番組『ブリグズビー・ベア』を見て育ったジェームス。犯人逮捕により突如外界に放り出された彼は、周囲を騒動に巻き込む。デイヴ・マッカリーとともにコメディユニットGOOD NEIGHBORのメンバーで『サタデー・ナイト・ライブ』にも出演するカイル・ムーニーが、外の世界に踏み出していく純粋な青年ジェームスを演じる。ほか、「スター・ウォーズ」シリーズのマーク・ハミル、「いつか眠りにつく前に」のクレア・デインズらが出演。また、ベック・ベネット、アンディ・サムバーグといった『サタデー・ナイト・ライブ』に出演するコメディ俳優たちがカメオ出演している。

監督
デイヴ・マッカリー
出演キャスト
カイル・ムーニー マーク・ハミル グレッグ・キニア マット・ウォルシュ
2017年

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

  • 2017年12月15日(金)
  • 出演(ルーク・スカイウォーカー 役)

エピソード6『ジェダイの帰還』の30年後の世界を描いた『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の続編。最後のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーを巡り、帝国軍の残党、ファースト・オーダーと、彼らに立ち向かうレジスタンスたちとの戦いが繰り広げられる。『LOOPER ルーパー』のライアン・ジョンソンが監督を務める。

監督
ライアン・ジョンソン
出演キャスト
デイジー・リドリー ジョン・ボヤーガ アダム・ドライバー オスカー・アイザック
2015年

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

  • 2015年12月18日(金)
  • 出演(ルーク 役)

77年に公開されるや、世界中の人々に多大な影響を与えた『スター・ウォーズ』。05年公開の『スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐』以来10年ぶりとなる新たな3部作の第1弾。エピソード6『ジェダイの帰還』から30年後の世界を舞台にした物語が、ヒロインのレイをはじめとする新キャラクターたちや、ハリソン・フォード、マーク・ハミルといったオリジナルキャストとともに描かれる。

監督
J・J・エイブラムス
出演キャスト
デイジー・リドリー ジョン・ボヤーガ オスカー・アイザック ドーナル・グリーソン
2012年

SUSHI GIRL

  • 2012年12月22日(土)
  • 出演(クロウ 役)

ある男の出所祝いの宴席で次第に仲間たちの関係が険悪になっていく、1970年代のホラー映画を彷彿させるクライム・ムービー。監督は「ゾンビ」などホラー映画の第一人者ジョージ・A・ロメロ監督が主催する短編ゾンビ映画コンテストで優秀賞に輝いたカーン・サクストン。本作が長編監督初作品となる。「スター・ウォーズ」のマーク・ハミル、「キャンディマン」のトニー・トッド、「ネバーエンディング・ストーリー」のノア・ハサウェイ、「ターミネーター2」のマイケル・ビーン、「マチェーテ」のダニー・トレホ、「キル・ビル」の千葉真一らが出演。また、女体盛りをされる女に「スーパーバッド 童貞ウォーズ」(未)のコートニー・パームが扮する。

監督
カーン・サクストン
出演キャスト
トニー・トッド ジェームズ・デュヴァル ノア・ハサウェイ アンディ・マッケンジー
2009年

アフロサムライ:レザレクション

  • 2009年12月12日(土)
  • 出演(声)(ビン 役)

製作を務めるサミュエル・L・ジャクソンが、アフロ頭の侍役に扮した時代劇アニメ・シリーズ第2弾。ヒップホップをBGMにスタイリッシュなアクションが展開する!

監督
木崎文智
出演キャスト
サミュエル・L・ジャクソン ルーシー・リュー マーク・ハミル
2003年

ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲

  • 2003年3月1日(土)
  • 出演(Himselef 役)

「ドグマ」などのケビン・スミス監督の作品に登場する、ノー天気な2人組を主人公にしたコメディ。突拍子もない思いつきで行動する主人公たちのオトボケぶりに爆笑必至。

監督
ケヴィン・スミス
出演キャスト
ジェイソン・ミューズ ケヴィン・スミス ベン・アフレック マット・デイモン
1997年

スター・ウォーズ ジェダイの復讐 特別篇

  • 1997年7月26日(土)
  • 出演(Luke Skywalker 役)

遠い昔はるか銀河系の彼方での正義と悪の攻防を描いたファンタジー・ロマンの第3作(エピソード第6話)。ルーク・スカイウォーカーと銀河帝国皇帝との対決、ルークの父ダース・ヴェーダーがその死とともにジェダイ騎士アナキンへの復帰、そして同盟軍の勝利までが描かれる。監督は「白と黒のナイフ」のリチャード・マーカンド(1987年死去)。製作は「デモリションマン」のハワード・カザンジャン、脚本はルーカス(原案も)と「ワイアット・アープ」などの監督としても知られるローレンス・カスダンが前作に続き共同で執筆。撮影は「ステッピング・アウト」のアラン・ヒューム、美術は「ミッション:インポッシブル」のノーマン・レイノルズ、編集はショーン・バートン、マーシャ・ルーカス、ドゥウェイン・ダンハムの共同。衣裳はアギー・ジェラルド・ロジャース、ニーロ・ローディス=ジャミロの共同。出演は前回のハミル、フォード、フィッシャー、ギネス、ディー・ウィリアムスと「帝国の逆襲」のメンバー中心だが、本作のみダース・ヴェイダーの声として「リチャードを探して」のジェームズ・アール・ジョーンズが初めてクレジットされている(前2作までは本人が表記を拒否していたという)。特別篇での主な改定点は、ジャバ宮殿での音楽とダンス・シーンをダンサー、ミュージシャンを追加撮影。また、砂漠シーンでのアリジゴクのような怪物サルラックをCG化、砂漠でのバンサの群の渡り、エンディングでの銀河各地での祝祭シーンを挿入。

監督
リチャード・マーカンド
出演キャスト
マーク・ハミル ハリソン・フォード キャリー・フィッシャー ビリー・ディー・ウィリアムス

スター・ウォーズ 帝国の逆襲 特別篇

  • 1997年7月5日(土)
  • 出演(Luke Skywalker 役)

遠い昔はるか銀河系の彼方での正義と悪の攻防を描いたファンタジー・ロマンの第2作(エピソード第5話)。ルーク・スカイウォーカーが、ジェダイマスター・ヨーダのもとでジェダイ騎士の修業を積み、ダース・ヴェーダーとの宿命の対決に臨むまでが描かれる。監督は「ロボコップ2」のアーヴィン・カーシュナー、製作は「ダーク・クリスタル」のゲイリー・カーツ、製作総指揮は「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」のジョージ・ルーカス、脚本はルーカスの原案を「ロング・グッドバイ」のリー・ブラケット、「ワイアット・アープ」などの監督として知られるローレンス・カスダンが共同で執筆。撮影は「マーズ・アタック!」のピーター・シャシツキー、美術は「ミッション:インポッシブル」のノーマン・レイノルズ、編集は同作のポール・ハーシュ。衣裳はジョン・モロ。出演は前回のハミル、フォード、フィッシャー、ギネスに加えて「バットマン」(89)のビリー・ディー・ウィリアムスが加わっている。本特別篇での主な改定点は、氷の惑星ホスに棲息する巨獣ワンパを撮り直し、クラウド・シティの景観を合成して、屋外のシーンを多く見せるようにしたほか、エクゼクターに接近するシャトルの到着シーンを加えた。

監督
アーヴィン・カーシュナー
出演キャスト
マーク・ハミル ハリソン・フォード キャリー・フィッシャー ビリー・ディー・ウィリアムス

関連ニュース

「スター・ウォーズ」のジョン・ボイエガのスピーチは多くの人の心を打った
Black Lives Matterとコロナ禍がアメリカにもたらしているものとは?声をあげるセレブリティや企業の動向まとめ 6月14日 17:00

多く報道されているとおり、5月25日にミネソタ州ミネアポリス近郊で、アフリカ系アメリカ人男性ジョージ・フロイトが警察官に拘束されたのちに死亡した事件は、多くのことをアメリカ及び世界中に問いかけている。 事件が報道された…

超豪華な『スター・ウォーズ スカイウォーカー・サーガ 4K UHD コンプリートBOX』を開けてみた!
ファン垂涎!すべてが詰まった豪華版『スター・ウォーズ コンプリートBOX』を開封レビュー 4月28日 20:00

映画史に燦然と輝く一大叙事詩「スター・ウォーズ」シリーズ。その最新作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(19)のMovieNEXがいよいよ4月29日(祝・水)に発売。そしてこの度、史上初となるシリーズ全9作…

長年C-3PO役を演じてきたダニエルズが最後の撮影に臨む舞台裏を収めたボーナス映像が到着!
アンソニー・ダニエルズが語る“C-3PO愛”に感涙!『スター・ウォーズ』完結編、MovieNEXボーナス映像到着 4月24日 10:00

「スター・ウォーズ」シリーズの完結作である『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(19)のMovieNEXと4K UHD MovieNEXが4月29日(水)に発売。また、シリーズ全9作品を収録した「スター・ウォ…

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のMovieNEXが4月29日(水)に発売!
1979年当時のトレーニング風景も収録!『スター・ウォーズ』完結編MovieNEXのボーナス映像が到着 4月11日 10:00

42年に及ぶ「スター・ウォーズ」シリーズの完結編となった『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が先行デジタル配信中だ。4月29日(水)にMovieNEX、4K UHD MovieNEXに加え、数量限定の4K U…

マークとハリソン、そしてキャリー…貴重な3ショットに感涙必至!
ムビチケ前売券の新記録も樹立!「スター・ウォーズ」ファン必見、42年の歴史が詰まった特別映像が解禁 12月20日 14:00

ついにそのベールを脱いだ、映画史上に残る伝説のサーガ「スター・ウォーズ」シリーズの最新作にして完結篇『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(公開中)。12月19日まで販売されていたムビチケ前売券(オンライン)一般…

デイジー・リドリーらキャスト陣とスタッフがワールドプレミアに集結した
『スター・ウォーズ』完結編のワールドプレミアにハリソン・フォードやマーク・ハミルらレジェンド集結! 12月19日 21:20

1977年に『スター・ウォーズ』が公開されてから今年で42年、長きにわたり紡がれてきたスカイウォーカー家を中心とした壮大なサーガの完結作となる『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が12月20日(金)から公開さ…

伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの若き日の物語を振り返る!(『新たなる希望』)
『スカイウォーカーの夜明け』間もなく公開!主人公で振り返る『スター・ウォーズ』の物語<ルーク編> 12月8日 11:30

悪の帝国軍と、平和を求める共和国軍との戦いに身を投じるジェダイの騎士たちのドラマが描かれる『スター・ウォーズ』シリーズ。第一作『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が1977年に全米公開されて以来、世界中を熱狂…

『ダークナイト』でジョーカーを演じアカデミー助演男優賞を受賞したヒース・レジャー
緑の髪と高笑い、真っ赤な唇…それぞれに異彩を放った歴代“ジョーカー俳優”たち<写真11点> 10月6日 12:30

ある普通の男が悪の先導者に変貌していく悲劇を描く、実力派俳優ホアキン・フェニックスの主演作『ジョーカー』(公開中)。緑の髪と高笑いがトレードマークのジョーカーは、バットマンの宿敵でありながら、最も魅力的なヴィラン(悪役)…

AI搭載!進化した高性能チャッキーが怖すぎ!(『チャイルド・プレイ』)
『チャイルド・プレイ』のチャッキーがスマートデバイスと接続可能に!?恐怖の人形が進化しすぎ<写真12点> 7月19日 21:15

キュートな見た目とは裏腹に、残忍な殺人を繰り返す人形のチャッキーがもたらす恐怖を描き、1988年の1作目から30年以上にわたり続くホラーシリーズ『チャイルド・プレイ』。この人気作を現代版にリブートした『チャイルド・プレイ…

42年の時を経て、"レジェンド”が集結!
ジョージ・ルーカス、ハリソン・フォード、マーク・ハミルが揃い踏み!『スター・ウォーズ』新テーマランドがオープン 5月31日 06:00

1977年の『スター・ウォーズ』以来、40年以上にわたり世界を魅了してきたスカイウォーカー家の“家族の愛と喪失”の物語が、『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)』(12月20日公開)でついに完結す…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/19更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > マーク・ハミル

ムービーウォーカー 上へ戻る