映画-Movie Walker > 人物を探す > タリア・シャイア

年代別 映画作品( 1972年 ~ 2008年 まで合計13映画作品)

2008年

フェアリー・テール・シアター フランシス・フォード・コッポラのリップ・ヴァン・ウィンクル

  • 2008年8月2日(土)公開
  • 出演

名作童話を元にした米テレビシリーズからセレクトした4作品。「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」のティム・バートン、「ゴッドファーザー」のフランシス・フォード・コッポラ、「クリエイター」のアイヴィン・パッサー、「ルビー・カイロ」のグレーム・クリフォードがそれぞれ監督を担当している。

監督
フランシス・フォード・コッポラ
出演キャスト
ハリー・ディーン・スタントン タリア・シャイア クリストファー・ペン ソフィア・コッポラ
2005年

ハッカビーズ

  • 2005年8月20日(土)公開
  • 出演(ミセス・シルバー 役)

ジュード・ロウやダスティン・ホフマンら、スター共演で魅せるコメディ。人生の真実を探る“哲学探偵”と依頼人たちが織り成す珍妙なやりとりを、オフビートなタッチで描く。

監督
デヴィッド・O・ラッセル
出演キャスト
ジュード・ロウ ナオミ・ワッツ ダスティン・ホフマン リリー・トムリン
2003年

ゴッドファーザーPARTIII

  • 2003年8月27日(水)公開
  • 出演(Connie_Corleone_Rizzi 役)

マフィア・ファミリーの年代記をつづった、フランシス・フォード・コッポラ監督による壮大な大河ドラマのシリーズ最終章。名優アル・パチーノが、暗黒社会に君臨しつづけるマフィアのドンの苦悩と孤独を、秀逸な演技でにじませる。(リバイバル上映)

監督
フランシス・フォード・コッポラ
出演キャスト
アル・パチーノ ダイアン・キートン タリア・シャイア アンディ・ガルシア
1990年

ロッキー5 最後のドラマ

  • 1990年12月7日(金)公開
  • 出演(Adrian 役)

ボクシングに挑む1人の男の愛と闘いを通して、サクセス・ストーリーを描いてきたシリーズの第5作にして完結篇。エグゼクティヴ・プロデューサーはマイケル・S・グリック、製作はロバート・チャートフ、アーウィン・ウィンクラー、「ベスト・キッド3 最後の挑戦」のジョン・G・アヴィルドセンが第1作に続き監督を担当、シルベスター・スタローンが脚本・主演を兼ね、撮影はスティーヴン・ポスター、音楽はビル・コンティ。出演はほかにタリア・シャイアら。

監督
ジョン・G・アヴィルドセン
出演キャスト
シルベスター・スタローン タリア・シャイア バート・ヤング Sage Stallone
1989年

ニューヨーク・ストーリー

  • 1989年9月6日(水)公開
  • 出演(Charlotte 役)

ニューヨークを舞台にした3つのストーリーから成るオムニバス映画。作品全体の製作はロバート・グリーンハットが担当。<第1話/ライフ・レッスン>の製作はバーバラ・デ・フィーナ、監督は「最後の誘惑」のマーティン・スコセッシ、脚本はリチャード・プライス、撮影はネストール・アルメンドロスが担当。出演はニック・ノルティ、ロザンナ・アークェットほか。<第二話/ゾイのいない生活>の製作はフレッド・ルースとフレッド・フックス、監督・脚本は「タッカー」のフランシス・フォード・コッポラ、共同脚本はソフィア・コッポラ、撮影はヴィットリオ・ストラーロ、音楽はカーマイン・コッポラが担当。出演はヘザー・マコブ、タリア・シャイアほか。<第3話/エディプス・コンプレックス>のエグゼクティヴ・プロデューサーはジャック・ローリンズとチャールズ・H・ジョフィ、製作はグリーンハット、監督・脚本・主演は「私の中のもうひとりの私」のウディ・アレン、撮影はスヴェン・ニクヴィストが担当。出演はほかにミア・ファローなど。

監督
マーティン・スコセッシ フランシス・フォード・コッポラ ウディ・アレン
出演キャスト
ニック・ノルティ ロザンナ・アークエット パトリック・オニール ジェス・ボレッゴ
1986年

ロッキー4 炎の友情

  • 1986年6月7日(土)公開
  • 出演(Adrian 役)

宿敵であり親友であるファイター、アポロを絶命させたソ連の殺人マシーンドラゴに挑戦するロッキーの雄姿を描く。製作はアーウィン・ウィンクラー、ロバート・チャートフ、エグゼクティヴ・プロデューサーはジェイムズ・D・ブルベイカーとアーサー・コバニアン。監督・脚本・主演は「ロッキー3」のシルヴェスター・スタローン、撮影はビル・バトラー、音楽はヴィンス・ディコーラが担当。共演はタリア・シャイア、バート・ヤングなど。

監督
シルベスター・スタローン
出演キャスト
シルベスター・スタローン タリア・シャイア バート・ヤング カール・ウィザース
1982年

ロッキー3

  • 1982年7月3日(土)公開
  • 出演(Adrian 役)

しがない4回戦ボーイからヘビー級チャンピオンの座を獲得したボクサーを描く「ロッキー」シリーズ最終編。製作は「レイジング・ブル」のロバート・チャートフとアーウィン・ウィンクラー、製作総指揮はハーブ・ナナス、監督・脚本・主演は、前作に引き続いてシルベスター・スタローン、撮影はビル・バトラー、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はスタローンの他にタリア・シャイア、バート・ヤング、カール・ウェザーズ、バージェス・メレディス、ミスター・T、そしてプロレスラーのハルク・ホーガンがゲスト出演している。

監督
シルベスター・スタローン
出演キャスト
シルベスター・スタローン タリア・シャイア バート・ヤング カール・ウィザース
1980年

エミリーの窓

  • 1980年10月18日(土)公開
  • 出演(Emily 役)

ニューヨーク、ブルックリンの高層アパートを舞台に1人住まいの若い女が、何者かにレイプされ、さらに見えない敵によって恐怖に苛まれる姿を描くサスペンス映画。製作はマイケル・ロベル。監督は「インテリア」「マンハッタン(1979)」などの撮影を手がけたゴードン・ウィリスで、これが彼の監督デビュー作、撮影も彼が手がけている。脚本はバリー・シーゲル、音楽はエンニオ・モリコーネ、編集はバリー・マルキン、美術はリチャード・ファーマン、衣裳はクリフォード・カポネが各各担当。出演はタリア・シャイア、ジョー・コルテーゼ、エリザベス・アシュレー、ケイ・メドフォード、マイケル・ゴリン、ラッセル・ホートン、マイケル・リプトンなど。

監督
ゴードン・ウィリス
出演キャスト
タリア・シャイア ジョー・コルテーゼ エリザベス・アシュレー ケイ・メドフォード

プロフェシー 恐怖の予言

  • 1980年2月2日(土)公開
  • 出演(Maggie 役)

カナダと国境を接するメイン州の山岳地帯を舞台に製紙工場から投入され続けたメチル水銀が原因で誕生したモンスターの恐怖を描くサスペンス映画。製作はロバート・L・ローゼン、監督は「フレンチ・コネクション2」のジョン・フランケンハイマー、脚本はデイヴィッド・セルツァー、撮影はハリー・ストラドリング・ジュニア、音楽はレナード・ローゼンマン、編集はトム・ロルフ、製作デザインはウィリアム・クレイグ・スミス、特殊撮影はロバート・ドーソンが各々担当。出演はタリア・シャイア、ロバート・フォックスワース、アーマンド・アサンテ、リチャード・ダイサート、ヴィクトリア・ラチモ、ジョージ・クルテーシ、トム・マクファデンなど。日本語版監修は金田文夫。カラー、パナビジョン。1979年作品。

監督
ジョン・フランケンハイマー
出演キャスト
タリア・シャイア ロバート・フォックスワース アーマンド・アサンテ リチャード・ダイサート
1979年

ロッキー2

  • 1979年9月1日(土)公開
  • 出演(Adrian 役)

前作で、フィラデルフィアのチンピラから、世界ヘビー級タイトル・マッチで、アメリカ中のヒーローとなったロッキーが、結婚、ジュニアの誕生などをへて、苦悩しながらも人間的に成長していく姿を描く。製作はアーウィン・ウィンクラーとロバート・チャートフ、監督・脚本はシルベスター・スタローン、撮影はビル・バトラー、音楽はビル・コンティ、編集はダンフォード・B・グリーン、美術はリチャード・バーガーが各々担当。出演はシルヴェスター・スタローン、タリア・シャイア、バート・ヤング、カール・ウエザース、バージェス・メレディス、トニー・バートン、ジョー・スピネル、レナード・ゲインズ、シルビア・ミールズ、バドカス・スタローンなど。

監督
シルベスター・スタローン
出演キャスト
シルベスター・スタローン タリア・シャイア バート・ヤング カール・ウィザース
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > タリア・シャイア