TOP > 映画監督・俳優を探す > 三島良二

年代別 映画作品( 1955年 ~ 1961年 まで合計11映画作品)

1961年

大学武勇伝

  • 1961年3月15日(水)
  • 出演(郡司組組員(4) 役)

「大江戸喧嘩まつり」の共同執筆者・大和久守正のオリジナルシナリオを「不敵なる脱出」の相野田悟が監督した青春編。撮影は「特ダネ三十時間 笑う誘拐魔 曲り角の女」の佐藤三郎。

監督
相野田悟
出演キャスト
松方弘樹 小川虎之助 木村功 宮園純子

アマゾン無宿 世紀の大魔王

  • 1961年4月21日(金)
  • 出演(鉄火場の中盆 役)

「さいころ奉行」の松浦健郎の脚本を、「剣豪天狗まつり」の小沢茂弘が監督した、千恵蔵の二挺拳銃もの。「俺が地獄の手品師だ」の西川庄衛が撮影した。

監督
小沢茂弘
出演キャスト
片岡千恵蔵 進藤英太郎 江原真二郎 久保菜穂子
1960年

特ダネ三十時間 笑う誘拐魔 曲り角の女

  • 1960年11月22日(火)
  • 出演(久保 役)

特ダネ三十時間シリーズの第七、第八話。「ぽんこつ」の舟橋和郎と「海底の挑戦者」の山村映司がそれぞれ脚本を書き「野獣の眼」のコンビ若林栄二郎が監督し、佐藤三郎が撮影した

監督
若林栄二郎
出演キャスト
南廣 神田隆 成瀬昌彦 亀石征一郎

浪曲権三と助十 呪いの置手紙

  • 1960年6月14日(火)
  • 出演(岩松 役)

「浪曲権三と助十 ゆうれい駕籠」に続く浪曲権三と助十シリーズ。スタッフはいずれも前作と同じ。

監督
冬島泰三
出演キャスト
倉田爽平 相模武 相模太市 藤里まゆみ

浪曲権三と助十 ゆうれい駕籠

  • 1960年6月7日(火)
  • 出演(プロローグの覆面 役)

九十九鯨太の原作を「浪曲国定忠治 赤城の子守唄 血煙り信州路」の冬島泰三が脚色・監督した浪曲映画。「青空街道」の土屋俊忠が撮影した。

監督
冬島泰三
出演キャスト
倉田爽平 相模武 相模太郎 藤里まゆみ

多羅尾伴内 七つの顔の男だぜ

  • 1960年4月26日(火)
  • 出演(西川巡査 役)

比佐芳武の原作を原作者自身が脚色し、「ずべ公天使」の小沢茂弘が監督した、おなじみ千恵蔵の多羅尾伴内もの。撮影は「続べらんめえ芸者」の西川庄衛。

監督
小沢茂弘
出演キャスト
片岡千恵蔵 中山昭二 中原ひとみ 山形勲

危うしGメン 暗黒街の野獣

  • 1960年3月1日(火)
  • 出演(ボロ鉄 役)

渡辺剣次の脚本を、「拳銃を磨く男 あの女を探せ」の伊賀山正光が監督したアクション・ドラマ。撮影は福島宏。

監督
伊賀山正光
出演キャスト
波多伸二 河野秋武 岡譲司 萩原満

二発目は地獄行きだぜ

  • 1960年1月27日(水)
  • 出演(職人 役)

「口笛が流れる港町」の松浦健郎の脚本を、「百万両五十三次」の小沢茂弘が監督したアクション・ドラマ。「べらんめえ芸者」の西川庄衛が撮影した。

監督
小沢茂弘
出演キャスト
片岡千恵蔵 高倉健 進藤英太郎 江原真二郎
1957年

朝晴れ鷹

  • 1957年12月1日(日)
  • 出演(弥八 役)

中部日本新聞ほか三紙に連載された山手樹一郎の同名小説を映画化した時代劇。「緋ぼたん肌」の八尋不二が脚色、「上方演芸 底抜け捕物帖」の松村昌治が監督、「ふり袖太鼓」の藤井春美が撮影した。主演は「天狗街道」の大友柳太朗、「恋風道中」の長谷川裕見子、大川恵子、大河内傳次郎、徳大寺伸など。

監督
松村昌治
出演キャスト
大友柳太朗 大川恵子 長谷川裕見子 桜町弘子

ふり袖捕物帖 ちりめん駕篭

  • 1957年3月20日(水)
  • 出演(コブの仙太 役)

ひばり、千代之介の青春コンビが描くスリルと笑いの娯楽篇。“小説の泉”連載の瀬戸口寅雄の原作を高岡尚一が脚色し、「ふり袖捕物帖 若衆変化」の松村昌治が監督。撮影は「青雲の鬼」の坪井誠。主な出演者は「若獅子大名」の東千代之介、「旗本退屈男 謎の紅蓮塔」の美空ひばり、「大名囃子 (前後篇)」の堺駿二、ほかに杉狂児、浦里はるみなど。

監督
松村昌治
出演キャスト
美空ひばり 東千代之介 堺駿二 山口勇

三島良二の関連人物

関山耕司  沢彰謙  森弦太郎  阿部九洲男  杉義一 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/19更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 三島良二

ムービーウォーカー 上へ戻る