映画-Movie Walker > 人物を探す > 千葉一郎

年代別 映画作品( 1946年 ~ 1962年 まで合計26映画作品)

1954年

この恋!五千万円

  • 1954年1月3日(日)公開
  • 出演(刑事 役)

菊田一夫の放送劇「かもめ」を「無法者」の八住利雄が脚色、佐伯幸三が監督した。「坊っちゃん(1953)」の山崎一雄、「君の名は 第二部」の古関裕而がそれぞれ撮影、音楽をうけもっている。出演者は、「浮気天国」の伴淳三郎、「びっくり太平記」の柳家金語楼「幸福さん」の伊豆肇、「母の湖」の三益愛子、「一等女房と三等亭主」の小川虎之助、「赤線基地」の根岸明美、「次郎長三国志 第五部 殴込み甲州路」の豊島美智子、「サラリーマンの歌」の坪内美子、宝塚の浅茅しのぶなど。

監督
佐伯幸三
出演キャスト
伴淳三郎 如月寛多 トニー谷 柳家金語楼
1953年

私は狙われている(1953)

  • 1953年4月22日(水)公開
  • 出演(黒メガネの客 役)

トービジョン第二作。物理的なデフォルマシオンに替って心理的なデフォルマシオンをねらったものだそうである。脚本・監督田尻繁の他スタッフは前作と同じ。主演の佐々木明子は日劇ミュージック・ホールの踊り子だが、北川町子、田代百合子、島秋子など東宝の若手陣をのそげば、ミュージック・ホールのメンバーが総出輝の形である。

監督
田尻繁
出演キャスト
佐々木明子 北川町子 田代百合子 島秋子
1951年

深夜の非常線

  • 1951年1月4日(木)公開
  • 出演(村田達夫 役)

日映ニュースが劇映画製作にのり出した第一回作品で、製作は、同社の製作部々長中村正と製作部次長中井義が担当、脚本は大村義郎と匿名する某ヴェテラン、演出は、文化映画「鵜匠」「銀座四丁目」の作品のある松村清四郎、撮影は同社中堅カメラマンの稻垣浩邦と林田重男が当たっている。出演者は、「愛と憎しみの彼方へ」をあげた池部良、「佐々木小次郎 (第一部)(1950)」の浜田百合子、「夜の緋牡丹」の伊豆肇、その他若山セツ子、中北千枝子、志村喬、千秋実等で、撮影日数十日という超短期間製作の予定である。

出演キャスト
志村喬 池部良 千秋実 飯塚小三郎
1950年

殺人者の顔

  • 1950年4月16日(日)公開
  • 出演(バーテンB 役)

森田信義製作、菅英久協力製作で南川潤原作「顔役」より「エノケン・笠置の極楽夫婦」の松浦健郎が脚色し「甲賀屋敷」の衣笠貞之助が演出した。カメラは「ジャコ万と鉄(1964)」の瀬川順一担当。主演は「氷柱の美女」の水島道太郎と「女の四季」の千石規子でそれに、「また逢う日まで」の久我美子、「暴力の街」の三島雅夫、「続不良少女」の徳大寺伸らが出演する。

出演キャスト
水島道太郎 千石規子 久我美子 増淵一夫
1946年

わが青春に悔なし

  • 1946年10月29日(火)公開
  • 出演(学生B 役)

「明日を創る人々」に次ぐ黒澤明演出作品。

監督
黒澤明
出演キャスト
大河内傳次郎 三好栄子 原節子 藤田進

明日を創る人々

  • 1946年5月1日(水)公開
  • 出演(照明係松井進 役)

東宝・東芸提携作品。

出演キャスト
薄田研二 竹久千恵子 中北千枝子 立花満枝
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 千葉一郎