TOP > 映画監督・俳優を探す > ウィリアム・V・モング

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1937年 まで合計40映画作品)

1937年

身代わり花形

  • 1937年
  • 出演(Pettypacker 役)

「ロミオとジュリエット」「化石の森」のレスリー・ハワードが「奥さんは嘘つき」「躍り込み花嫁」のジョーン・ブロンデルと共に主演する映画で、クラレンス・バディントン・ケランドサクの大衆小説に基づき「生活の悦び」「暗黒街の弾痕」のジーン・タウン、グレアム・ベイカー組が協力して脚本を書き、「生活の悦び」「狙われたお嬢さん」のテイ・ガーネットが監督に当り、「拾三番目の椅子(1937)」のチャールズ・G・クラークが撮影したもの。助演者は「デッド・エンド」「化石の森」のハンフリー・ボガートを始め、「ハリウッドホテル」ノアラン・モウプレイ、「座り込み結婚」のマーラ・シェルトン、「進め龍騎兵」のC・ヘンリー・ゴードン、ヴォードヴィル俳優で、映画では端役を演じていたジャック・カーソン、「恋のみちぐさ」のJ・C・ニュージェント等である。

監督
ティー・ガーネット
出演キャスト
レスリー・ハワード ジョーン・ブロンデル ハンフリー・ボガート アラン・モウブレイ
1936年

踊る海賊(1936)

  • 1936年
  • 出演(Tecolote 役)

「虚栄の市(1935)」に次ぐパイオニア総天然色映画で、「クカラチャ」のロイド・コリガン監督、舞踏家チャールズ・コリンスと「邪神島」「クカラチャ」のステフィ・デューナが主演する。原作はエマ・リンゼイ・スクァイア作の小説で、「虚栄の市(1935)」のフランシス・エドワーズ・ファラゴーと「青春万歳」のレイ・ハリスが共同脚色した。色彩デザインは「虚栄の市(1935)」のロバート・E・ジョーンズ、撮影はウィリアム・V・スコールの担任。助演者は「巨星ジーグフェルド」のフランク・モーガンを始め、「ロバータ」のルイ・アルバーニ及びヴィクター・ヴァルコニ、「当り屋勘太」のジャック・ラルー、「邪神島」のミッチェル・ルイス等の面々である。

監督
ロイド・コリガン
出演キャスト
チャールズ・コリンス フランク・モーガン ステフィ・デューナ ルイ・アルバーニ
1935年

ポンペイ最後の日(1935)

  • 1935年
  • 出演(Cleon 役)

「男の敵」「波止場の天使」のプレストン・フォスターが主役の映画で、ジェームズ・アシュモア・クリールマンがメルヴィル・ベイカーと協力して書き下ろし、「コングの復讐」「洞窟の女王」のルース・ローズが脚色し、「コングの復讐」のアーネスト・B・シューザックが監督し、「洞窟の女王」「深夜の星」のJ・ロイ・ハントが撮影した。助演者は「孤児ダビド物語」のバジル・ラスボーン、「男の敵」のアラン・ヘール、英国から招かれたジョン・ウッド、「ホワイト・パレード」のドロシー・ウィルソン、「巌窟王(1934)」のルイス・カルハーン、「ボクは芸人」のデイヴィッド・ンホルト、ワーリー・バーチ、グロリア・シー等である。

監督
アーネスト・B・シューザック
出演キャスト
プレストン・フォスター アラン・ヘイル ベイジル・ラスボーン ジョン・ウッド
1934年

宝島(1934)

  • 1934年
  • 出演(Pew 役)

これまでも映画化されたことのあるロバート・ルイ・スティーヴンソンの名作小説のトーキー化で、「エスキモー(1934)」「世界拳闘王」のジョン・リー・メインが脚色に、「爆弾の頬紅」「ホワイト・シスター(1933)」のヴィクター・フレミングが監督に、「舗道の雨」「秘密」のレイ・ジューン及び「ターザンの復讐」「エスキモー」のクライド・デ・ヴィナが撮影に、それぞれ当たった。主演者は「奇傑パンチョ」「バワリイ」のウォーレス・ビアリーと「僕はカウボーイ」「バワリイ」のジャッキー・クーパーで、「かたみの傑作」「心の緑野」のライオネル・バリモアを始め、「世界拳闘王」「林檎の頬」のオットー・クルーガー、「クリスチナ女王」のルイス・ストーン、英国劇団から来たナイジェル・ブルース、「豚児売り出す」のチャールズ・チック・セール、「妾は天使じゃない」のドロシー・ピーターソン等が助演している。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー ジャッキー・クーパー ライオネル・バリモア オットー・クルーガー
1933年

吾れは愛せり

  • 1933年
  • 出演(Bowen 役)

「笑う巨人」「虎鮫」のエドワード・G・ロビンソンが主演する映画で、「紅唇罪あり」「落下傘」のアルフレッド・E・グリーンが監督したもの。原作はデイヴィッド・カースナー策の小説で、チャールズ・ケニヨンとシドニィ・サザーランドが共同脚色した。助演は「シナラ」「宝石泥棒」のケイ・フランシスを始め「母性」のジュヌヴィエーヴ・トバン、「蹴球大学」のJ・ファーレル・マクドナルド、「戦線の嵐」のロバート・バラット、新人ジョージ・ブラックウッドその他である。撮影は「紅唇罪あり」「生の創め」のジェームズ・ヴァン・ツリースが担当している。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
エドワード・G・ロビンソン ケイ・フランシス ジュヌヴィエーヴ・トバン J・ファーレル・マクドナルド

凡その人生

  • 1933年
  • 出演(Swan 役)

「男の一頁」「落下傘」のダグラス・フェアバンクス・ジュニアが出演する映画で、「雨」の原作者W・サマセット・モーム作の小説に基づいて「恐怖の甲板」の原作者「恋愛四重奏」の脚色者ロバート・プレスネルが脚色し、「落下傘」「マネキン英雄」のアルフレッド・E・グリーンが監督に当たり、「虎鮫」「天国爆撃隊」のトニー・ゴーディオが撮影したもの。助演者は「駄々っ子キャグニー」「ブラウンの本塁打」のパトリシア・エリス、「たそがれの女」「大空の闘士」のラルフ・ベラミーを始め、「夫を殺すまで」のグッドリイ・ディジェス、「暴君ネロ(1932)」のアーサー・ホール、「シャーロック・ホームズ(1932)」のレジナルド・オーウェン、ヘンリー・コルカー、ウィリアム・V・モング、ウイリー・ファング等である。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
ダグラス・フェアバンクス・ジュニア パトリシア・エリス ラルフ・ベラミー ダッドリー・ディグス

地獄の市長

  • 1933年
  • 出演(Walters 役)

「駄々っ子キャグニー」「拳闘のキャグネー」と同じくジェームズ・キャグニーが主演する映画で、イスリン・オースターが書いた原作を「戦線の嵐」のエドワード・チョドロフが脚色し、「男の一頁」「夜毎来る女」のアーチー・L・メイヨが監督にあたり、「戦線の嵐」「暁の耕地」のバーニー・マクギルが撮影した。助演者は「ヘル・ビロウ」「快走艇」のマッジ・エヴァンスを始め、「凡その人生」のダッドリー・ディグス、「春なき二万年」のアーサー・バイロン、「四十二番街」のアレン・ジェンキンス、「なつかしの谷」のフランキー・ダーロ、「男の一頁」のファリーナ及びハロルド・ヒューバー、「餓ゆるアメリカ」のロバート・バラット、「生の創め」のドロシー・ピーターソン等で、その他少年俳優がおおぜい出演している。

監督
アーチー・L・メイヨ
出演キャスト
ジェームズ・キャグニー マッジ・エヴァンス アレン・ジェンキンス ダッドリー・ディグス
1932年

暴君ネロ(1932)

  • 1932年
  • 出演(Licinius 役)

「十誡(1923)」「キング・オブ・キングス(1927)」のセシル・B・デミルがトーキー以来初めての宗教劇で、ウィルスン・バーレット作の戯曲を「今晩愛して頂戴ナ」「明日は晴れ」のウォルデマー・ヤングと「地下の雷鳴」「恋を食べる女」のシドニー・バックマンとが共同して脚色したもの。撮影は「闇に踊る(1932)」「謎の真空管」のカール・ストラッスが担当した。出演俳優は「我等は楽しく地獄へ行く」「借りた人生」のフレドリック・マーチ、「お化け大統領」「百米恋愛自由型」のクローデット・コルベール、「悪魔の富籤」「貞操切符」のエリッサ・ランディ、「悪魔と深海」のチャールズ・ロートンを始め、「パリの魔人」「裸一貫(1931)」のアイアン・キース、ジェヌヴィエーヴ・トバンの妹ヴィヴィアン・トビン、喜歌劇界から抜擢されたジョイゼル・ジョイナー、「楽園の大河」のハリー・ベレスフォード、フェルディナンド・ゴットシャルク、ウィリアム・V・モング、クラレンス・バートン、アーサー・ホール、ナット・ベンドルトン、トミー・コンロン、ジョー・ボルーモ、リチャード・アレキサンドー等である。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
フレドリック・マーチ エリッサ・ランディ クローデット・コルベール チャールズ・ロートン

紅蘭

  • 1932年
  • 出演(Burkehart 役)

「ボレロ」「白い肉体」のキャロル・ロンバードが主演する映画で、「ブルースを唄う女」と同じくグレイス・パーキンスが書いた物語を「名門芸術」「女は真っ平(1931)」のガートルード・パーセルが脚色し、「女性暴君」のウォルター・ラングが監督にあたり、「青空天国」「十三日の殺人」のジョセフ・オーガストが撮影している。助演者は「女性二重奏」「男の一生」のライル・タルボット、「青空天国」「戦時特派員」のウォルター・コノリー、「ナイトクラブの女」「十三日の殺人」のルーセルマ・スティーヴンス、「カイロの一夜」「ホワイト・シスター(1933)」のルイズ・クロッサー・ヘイル、「秘密」「豪華船」のC・オーブリー・スミス、「肉の蝋人形(1933)」のアレン・ヴィンセント等である。

監督
ウォルター・ラング
出演キャスト
キャロル・ロンバード ライル・タルボット ウォルター・コノリー ルイズ・クロッサー・ヘイル
1931年

砲煙

  • 1931年
  • 出演(Strike_Jackson 役)

「征服群」に次ぐリチャード・アーレン主演映画で、「征服群」「危険なる楽園」の共同脚色者グローヴァ・ジョーンズ及びウィリアム・スレーヴンス・マクナットが書きおろしたものを、「征服群」と同じくエドワード・スローマン監督、アーチー・スタウト撮影、のスタッフによって作られた。助演者は「脱線泥棒」「名門芸術」のメアリー・ブライアン、「珍暗黒街」「略奪者」のウィリアム・ボイド、「巴里選手」「凸凹海軍」のユージーン・ボーレット、「噂の姫君」「友愛天国」のルイズ・ファゼンダ等で、その他にもチャールズ・ウィニンジャー、ウィリアム・V・モング、ガイ・オリヴァー等が出演している。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
リチャード・アーレン メアリー・ブライアン ユージン・ポーレット ウィリアム・ボイド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ウィリアム・V・モング

ムービーウォーカー 上へ戻る