TOP > 人物を探す > 宮部昭夫

年代別 映画作品( 1960年 ~ 1995年 まで合計12映画作品)

1995年

みんな~やってるか!

  • 1995年2月11日(土)
  • 出演(大親分 役)

カー・セックスがしたい!と妄想をつのらせた冴えない男が、紆余曲折を経て、バッタ男となって死ぬまでを描いた奇想天外なナンセンス・コメディ。何かと話題の耐えない“天才”北野武の第5回監督作品にして、ビートたけし第1回監督作品。脚本、編集も北野が担当。撮影は「3-4x10月」以来コンビを組んでいる柳島克己。主演は「銀玉マサやん」に主演した“たけし軍団”のダンカン。

監督
北野武
出演キャスト
ダンカン 日野陽仁 芹沢名人 小池幸次
1967年

日本のいちばん長い日(1967)

  • 1967年8月3日(木)
  • 出演(稲留東部軍参謀 役)

大宅壮一名義(実際の著者は当時編集者だった半藤一利)で当時の政治家宮内省関係、元軍人や民間人から収録した実話を編集した同名原作(文芸春秋社刊)を、「上意討ち -拝領妻始末-」の橋本忍が脚色し、「殺人狂時代」の岡本喜八が監督した終戦秘話。撮影は「喜劇 駅前競馬」の村井博。

監督
岡本喜八
出演キャスト
宮口精二 戸浦六宏 笠智衆 山村聡

拳銃は俺のパスポート

  • 1967年2月4日(土)
  • 出演(三好 役)

藤原審爾の原作『逃亡者』を、「帰らざる波止場」の山田信夫と永原秀一が共同で脚色し、「暗黒航路」の野村孝が監督したアクションもの。撮影はコンビの峰重義。

監督
野村孝
出演キャスト
宍戸錠 ジェリー藤尾 小林千登勢 武智豊子
1966年

日本仁侠伝 花の渡世人

  • 1966年6月15日(水)
  • 出演(佐野 役)

「鉄火場仁義」の甲斐久尊がシナリオを執筆、「賭場の牝猫 捨身の勝負」の野口晴康が監督した仁侠もの。撮影は「東京は恋する」の上田宗男。

監督
野口晴康
出演キャスト
高橋英樹 和泉雅子 佐々木孝丸 川地民夫

大菩薩峠(1966)

  • 1966年2月25日(金)
  • 出演(土方歳三 役)

中里介山の同名の小説を「侍」の橋本忍が脚色、「血と砂」の岡本喜八が監督した剣豪もの。撮影は「大工太平記」の村井博。

監督
岡本喜八
出演キャスト
仲代達矢 新珠三千代 内藤洋子 藤原釜足
1965年

涙をありがとう

  • 1965年4月29日(木)
  • 出演(宮崎 役)

「男の紋章 喧嘩街道」の甲斐久尊がオリジナル・シナリオを執筆、「若草物語」の森永健次郎が監督したアクションもの。撮影は「悲しき別れの歌」の萩原憲治。

監督
森永健次郎
出演キャスト
高橋英樹 西郷輝彦 和泉雅子 菅井一郎
1964年

早射ちジョー 砂丘の決斗

  • 1964年10月11日(日)
  • 出演(0・3号 役)

「若い港」の柳瀬観と「探偵事務所23 銭と女に弱い男」の山中耕人が共同で脚色、柳瀬観が監督したアクションもの、撮影は「さすらいの賭博師」の岩佐一泉。

監督
柳瀬観
出演キャスト
宍戸錠 宮部昭夫 小泉郁之助 菅井一郎

新・男の絞章 度胸一番

  • 1964年8月1日(土)
  • 出演(鈴木 役)

「鉄火場破り」の甲斐久尊のオリジナル・シナリオを「出撃」の滝沢英輔が監督したアクションもの。撮影は「真実の愛情を求めて 何処へ」の高村倉太郎。

監督
滝沢英輔
出演キャスト
高橋英樹 轟夕起子 和泉雅子 近藤宏

花と怒涛

  • 1964年2月8日(土)
  • 出演(井沢丑之輔 役)

青山光二、舟橋和郎の原作を、「地獄の夜は真紅だぜ」の阿部桂一と木村威夫が共同で脚色、「関東無宿」の鈴木清順が監督した侠客もの。撮影は「競輪上人行状記」の永塚一栄。

監督
鈴木清順
出演キャスト
小林旭 松原智恵子 滝沢修 山内明
1961年

地獄の饗宴

  • 1961年9月29日(金)
  • 出演(朴 役)

中村真一朗原作の推理小説「黒い終点」を、「顔役暁に死す」のコンビ池田一朗と小川英が脚色し、監督も同じコンビの岡本喜八で、暗黒街に生きる男のアクションドラマ。撮影は「黒い画集 ある遭難」の黒田徳三。

監督
岡本喜八
出演キャスト
三橋達也 団令子 池内淳子 小串丈夫

宮部昭夫の関連人物

佐々木孝丸  深江章喜  藤岡重慶  和泉雅子  小泉郁之助 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/3更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 宮部昭夫

ムービーウォーカー 上へ戻る