映画-Movie Walker > 人物を探す > 日比野恵子

年代別 映画作品( 1955年 ~ 1961年 まで合計37映画作品)

1961年

女舞

  • 1961年4月28日公開
  • 出演(茜 役)

円地文子・秋元松代のABC連続放送劇の映画化。「「青衣の人」より 離愁」のコンビ柳井隆雄と大庭秀雄が脚色し、大庭秀雄が監督した。撮影も「「青衣の人」より 離愁」の長岡博之。

監督
大庭秀雄
出演キャスト
岡田茉莉子 三津田健 佐田啓二 宮口精二
1960年

真昼の罠(1960)

  • 1960年12月18日公開
  • 出演(陽子 役)

新人・八木美津雄が自らの脚本を、初めて監督したアクションもの。八木監督は昭和四年生れ、東北大文学部卒後、松竹大船に入社、主に堀内真直監督に師事した。撮影担当は「白い肌と黄色い隊長」の小原治夫。

監督
八木美津雄
出演キャスト
佐々木功 岩下志麻 沢村貞子 柏木優子

最後の切札

  • 1960年9月20日公開
  • 出演(小宮田鶴子 役)

白崎秀雄の原作を、「弾丸大将」の橋本忍が脚色し、「鑑賞用男性」の野村芳太郎が監督したもので、冷い打算に生きる男の行動と破滅を描く。撮影は「太陽の墓場」の川又昂。

監督
野村芳太郎
出演キャスト
佐田啓二 桑野みゆき 小田切みき 日比野恵子

鑑賞用男性

  • 1960年8月9日公開
  • 出演(原理恵 役)

デザイナー中林洋子のエッセイから、水沼一郎が脚本を執筆、「黄色いさくらんぼ」の野村芳太郎が監督したコメディ。撮影は「外濠殺人事件」の中島信雄。

監督
野村芳太郎
出演キャスト
有馬稲子 細川ちか子 楠田薫 十朱久雄

しかも彼等は行く(1960)

  • 1960年6月3日公開
  • 出演(佐渡先生 役)

宇留野元一の『雲の中の第一歩』の映画化で、定時制高校を舞台にした青春もの。柳沢類寿と内藤保彦が共同で脚色、「大いなる愛の彼方に」の大野徹郎が監督した。「バナナ」の長岡博之が撮影を担当した。

監督
大野徹郎
出演キャスト
芳村真理 井川邦子 菅佐原英一 永井達郎

恋の片道切符

  • 1960年4月15日公開
  • 出演(田島久子 役)

新人第一回の篠田正浩の脚本・監督によるもので、ヒットソング“恋の片道切符”を背景に描く青春映画。篠田監督は昭和六年生れ、岩間鶴夫・原研吉・中村登らに師事した。撮影は「断崖に立つ女」の小杉正雄。

監督
篠田正浩
出演キャスト
小坂一也 牧紀子 平尾昌章 鳳八千代

痛快なる花婿

  • 1960年1月29日公開
  • 出演(妻和子 役)

池田忠雄・中村定郎・芦沢俊郎・入江円の共同脚本を、「ふるさとの風」の原研吉が監督した下町喜劇。撮影は「わかれ」の森田俊保が担当した。

監督
原研吉
出演キャスト
石浜朗 小山明子 大泉滉 日比野恵子
1959年

わかれ(1959)

  • 1959年10月23日公開
  • 出演(俊子 役)

高見順が婦人画報に連載した「花自ら教えあり」を映画化したもの。「ふるさとの風」の池田忠雄が脚色し、「広い天」の野崎正郎が監督した。撮影は「暁の地平線」の森田俊保。

監督
野崎正郎
出演キャスト
鰐淵晴子 山田五十鈴 安井昌二 英百合子

ふるさとの風(1959)

  • 1959年8月16日公開
  • 出演(吉野幸江 役)

新田次郎の「ひとり旅」を、「花嫁の抵抗」の池田忠雄が脚色し、「幸福な家族」の原研吉が監督した青春映画。撮影も「幸福な家族」の森田俊保。

監督
原研吉
出演キャスト
山本豊三 市川春代 石川竜二 古賀さと子

太陽に背く者

  • 1959年6月21日公開
  • 出演(バーのマダムマヤ子 役)

樫原一郎の原作を、浅野辰雄・関沢新一・瀬川昌治の三人が脚色したもので、五番町事件を背景に下積みの刑事を主人公とした社会的なホームドラマ。「呪いの笛」の酒井辰雄が監督し、「修羅桜」の倉持友一が撮影した。

監督
酒井辰雄
出演キャスト
志村喬 杉浦直樹 田中春男 高野真二
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 日比野恵子

ムービーウォーカー 上へ戻る