TOP > 映画監督・俳優を探す > 秋田Aスケ

年代別 映画作品( 1957年 ~ 1965年 まで合計24映画作品)

1965年

大阪ど根性物語 どえらい奴

  • 1965年10月24日(日)
  • 出演(棺桶屋の親父 役)

長谷川幸延原作“冠婚葬祭”より、「股旅 三人やくざ」の中島貞夫と鈴木則文が共同で脚色、新人鈴木則文が監督した喜劇。撮影は「バラケツ勝負」の川崎新太郎。

監督
鈴木則文
出演キャスト
藤田まこと 曽我廼家明蝶 富司純子 長門裕之
1963年

てなもんや三度笠

  • 1963年6月9日(日)
  • 出演(松 役)

テレビの連続コメディ、香川登志緒原作を「いれずみ半太郎」の野上龍雄が脚色、「夜霧の上州路」の内出好吉が監督した時代喜劇。撮影は「唄祭り赤城山」の羽田辰治。

監督
内出好吉
出演キャスト
藤田まこと 白木みのる 大泉滉 平参平
1962年

喜劇 団地親分

  • 1962年1月25日(木)
  • 出演(団地の文化人 役)

「秀才はんと鈍才どん」の花登筐のオリジナル・シナリオを、「風来先生」の市村泰一が監督した喜劇篇。撮影は「ひとり寝」の倉持友一。

監督
市村泰一
出演キャスト
伴淳三郎 芦屋雁之助 芦屋小雁 大村崑
1961年

新吾二十番勝負

  • 1961年1月3日(火)
  • 出演(朝七 役)

川口松太郎の原作を、原作者自身と中山文夫が脚色し、「庄助武勇伝 会津磐梯山」の松山定次が監督した娯楽時代劇。撮影も「庄助武勇伝 会津磐梯山」の川崎新太郎。

監督
松田定次
出演キャスト
大川橋蔵 沢村訥升 丘さとみ 桜町弘子
1960年

獄門坂の決斗

  • 1960年9月20日(火)
  • 出演(捨松 役)

新人西山栄士の脚本を、「南国太平記」の秋元隆夫が監督した推理時代劇。撮影は「次郎吉囃子 千両小判」の杉田正二。

監督
秋元隆夫
出演キャスト
近衛十四郎 二代目坂東吉弥 花園ひろみ 秋田Aスケ

親バカ子バカ

  • 1960年9月11日(日)
  • 出演(酔客A 役)

館直志の同名テレビ・ドラマの映画化。「番頭はんと丁稚どん」の森田竜男が脚色し、同じく「番頭はんと丁稚どん」の酒井欣也が監督したコメディ。撮影は「白い牙」の竹野治夫。

監督
酒井欣也
出演キャスト
渋谷天外 藤山寛美 曽我廼家明蝶 伴淳三郎

お夏捕物帖 通り魔

  • 1960年8月23日(火)
  • 出演(丁稚丁松 役)

お夏捕物帖シリーズの第二話。「はったり二挺拳銃」の小国英雄の脚本を、「黒潮秘聞 地獄の百万両」の萩原遼が監督した。撮影は「番頭はんと丁稚どん」の倉持友一。

監督
萩原遼
出演キャスト
瑳峨三智子 花菱アチャコ 谷晃 田村高廣
1959年

百万両五十三次

  • 1959年10月18日(日)
  • 出演(吉三 役)

野村胡堂の原作を、「大岡政談 千鳥の印篭」の結束信二が脚色し、「新吾十番勝負 第二部」の小沢茂弘が監督した娯楽時代劇。「榛名ばやし 喧嘩鷹」の松井鴻が撮影した。

監督
小沢茂弘
出演キャスト
大友柳太朗 月形龍之介 若山富三郎 長谷川裕見子

伴淳・アチャコのおやじ教育

  • 1959年9月20日(日)
  • 出演(千鳥亭の客A 役)

松竹京都に新しく登場した“人生案内シリーズ”の第一作。松竹新喜劇館直志の『大人の童話』の映画化で「かた破り道中記」の森田竜男が脚色し、「伝七捕物帖 幽霊飛脚」の酒井欣也が監督した。撮影は「太陽に背く者」の倉持友一。

監督
酒井欣也
出演キャスト
伴淳三郎 浅茅しのぶ 目方誠 曽我廼家五郎八

かた破り道中記

  • 1959年3月17日(火)
  • 出演(千太 役)

関西喜劇人協会々員の総出演する喜劇。「伴淳の おじいちゃん」の森田竜男の脚本を「二等兵物語 あゝ戦友の巻」の福田晴一が監督した。撮影も「伴淳の おじいちゃん」の太田喜晴。

監督
福田晴一
出演キャスト
伴淳三郎 山田百合子 立原博 小笠原省吾
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/26更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 秋田Aスケ

ムービーウォーカー 上へ戻る