映画-Movie Walker > 人物を探す > ミリー・ヴィターレ

年代別 映画作品( 1954年 ~ 1962年 まで合計6映画作品)

1962年

カルタゴの大逆襲

  • 1962年4月10日(火)公開
  • 出演(Tiratha 役)

F・ヴァン・ウィック・メイソンの原作を基に、ジョン・リー・メインとマーティン・ラッキンが製作・脚色を担当。ルドルフ・マテ監督のアクション・ドラマ。撮影はカール・ギャスリー、音楽はフランコ・フェラーラが担当。出演者はジャック・パランス、ミリ・ヴィターレ、ガイ・ロルフ、オースティン・ウィリスなど。

監督
ルドルフ・マテ
出演キャスト
ジャック・パランス ミリー・ヴィターレ ガイ・ロルフ オースティン・ウィリス
1960年

ハンニバル(1960)

  • 1960年9月23日(金)公開
  • 出演(Danila 役)

第2ポエニ戦役を背景に、カルタゴの半生を描いたスペクタクル史劇。イタリア出来のアメリカ映画である。イタリアの作家オッタビオ・ポッジの原作をモーティマー・ブラウスが脚色し、「カーネギーホール」などのエドガー・G・ウルマーが監督した。撮影はR・マシオキ。音楽は「旅路はるか」のカルロ・ルスティケリが担当。出演は「ビッグ・サーカス」のビクター・マチュア、「大襲撃(1957)」のリタ・ガムのほか、ガブリエレ・フェルッゼティ、ミリ・ヴィターレら。製作は前記のオッタビオ・ポッジ。

監督
エドガー・G・ウルマー
出演キャスト
ヴィクター・マチュア リタ・ガム ガブリエレ・フェルゼッティ ミリー・ヴィターレ
1959年

V1号作戦

  • 1959年12月5日(土)公開
  • 出演(Anna 役)

ドイツの発明したV1号ロケットの攻撃を未然に防いだ地下組織の活躍を描いた作品。バーナード・ニューマンの原作をジャック・ハンリーとエリク・ウロデクが脚色し、ヴァーノン・ソーウェルが監督したアクション・ドラマ。撮影はベイジル・エモット、音楽をロバート・シャープレスが担当。出演は「日のあたる島」のマイケル・レニー、「男の城」のパトリシア・メディナ、デイヴィッド・ナイト、ミリー・ヴィターレ等。製作ジョージ・メイナードとジョン・バッシュ。

監督
ヴァーノン・ソーウェル
出演キャスト
マイケル・レニー パトリシア・メディナ ミリー・ヴィターレ デイヴィッド・ナイト
1956年

戦争と平和(1956)

  • 1956年12月22日(土)公開
  • 出演(Lise_Bolkonsky 役)

露の文豪レオ・トルストイの不朽の名作“戦争と平和”の映画化である。伊のポンティ=デ・ラウレンティイス・プロの作品。製作は「ユリシーズ」のディノ・デ・ラウレンティス。脚色はブリジット・ボーランド、ロバート・ウェスタービーに伊のマリオ・カメリーニとエンニオ・デ・コンチーニさらに監督のキング・ヴィダーと5名が協力し、「星のない男」のヴィダーが監督している。協力監督は「河の女」のマリオ・ソルダーティ、撮影は英のジャック・カーディフと伊のアルド・トンティの共同。編曲は「平和に生きる」のニーノ・ロータ、音楽監督はフランコ・フェラーラ。出演は「麗しのサブリナ」のオードリー・ヘップバーン、「ミスタア・ロバーツ」のヘンリー・フォンダ、「美しのロザリンダ」のメル・ファーラーを中心に、「ラプソディー」のヴィットリオ・ガスマン、「ホブスンの婿選び」のジョン・ミルズ、「絶壁の彼方に」のハーバート・ロム「地獄の翼」のアニタ・エクバーグ、「ガラスの靴」のバリー・ジョーンズ、「エディ・フォイ物語」のミリ・ヴィターレ、「貴女は若すぎる」のアンナ・マリア・フェレロ、「水爆持逃げ道中」のオスカー・ホモルカなど。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
オードリー・ヘップバーン ヘンリー・フォンダ メル・フェラー ヴィットリオ・ガスマン
1955年

エディ・フォイ物語

  • 1955年11月29日(火)公開
  • 出演(Madeleine_Morando 役)

ボブ・ホープがヴォードヴィルの大立者エディ・フォイに扮す るビスタビジョンの伝記映画。エディの7人の息子の1人エディ・フォイ・ジュニアが解説者として声を聞かせる。製作、脚色のジャック・ローズと脚色(共同)、監督のメルヴィル・シェイヴェルソンはギャグ・ライター出身でB・ホープとコンビ。撮影はジャック・ワレン、音楽は「腰抜けM・P」のジョセフ・J・リリーが担当する。出演者はB・ホープをはじめ、「奇術師」のイタリア女優ミリ・ヴィターレ、「十二哩の暗礁の下に」のアンジェラ・クラーク「グレン・ミラー物語」のジョージ・トビアスの他ジェームズ・キャグニーがジョージ・M・コーアンに扮する。1955年作品。

監督
メルヴィル・シェイヴェルソン
出演キャスト
ボブ・ホープ ミリー・ヴィターレ ジェームズ・キャグニー ジョージ・トビアス
1954年

怪僧ラスプーチン(1954)

  • 1954年当年公開
  • 出演(Laura 役)

王政ロシア末期に怪僧の名を轟かしたラスプーチン(1871-1916)の生涯を描くイーストマンカラー色彩一九五四年映画。製作者出のジョルジュ・コンブレが、彼とクロード・ボワソル共作の脚本から監督した。撮影は「浮気は巴里で」のピエール・プティ、音楽は「禁断の木の実」のポール・デュラン。出演者は「青ひげ」のピエール・ブラッスール、「われら女性」のイザ・ミランダ、ロベール・ビュルニエ、「アンリエットの巴里祭」のミシュリーヌ・フランセイ、「愛すべき御婦人たち」のルネ・フォール、ミリー・ヴィターレ、ジャック・ベルティエ、クロード・レーデュ、ドニーズ・グレーなど。

監督
ジョルジュ・コンブレ
出演キャスト
ピエール・ブラッスール イザ・ミランダ ロベール・ビュルニエ ミシュリーヌ・フランセイ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ミリー・ヴィターレ