TOP > 人物を探す > 東郷秀美

年代別 映画作品( 1957年 ~ 1968年 まで合計28映画作品)

1968年

明治血風録 鷹と狼

  • 1968年5月29日(水)
  • 出演(治助 役)

新人輿五郎と、「遊侠三国志 鉄火の花道」の松尾昭典が共同でシナリオを執筆し、松尾昭典が監督した任侠もの。撮影はコンビの岩佐一泉。

監督
松尾昭典
出演キャスト
高橋英樹 高城丈二 扇ひろ子 松尾嘉代

ザ・スパイダースの大進撃

  • 1968年1月3日(水)
  • 出演(サイレンサーの男 役)

新人の伊奈洸と、「ザ・スパイダースのゴーゴー向う見ず作戦」の倉本聰が共同でシナリオを執筆し、「喜劇 大風呂敷」の中平康が監督したアクション・コメディ。撮影は「喜劇 東京の田舎っぺ」の北泉成。

監督
中平康
出演キャスト
田辺昭知 堺正章 井上順 ムッシュかまやつ
1967年

紅の流れ星

  • 1967年10月7日(土)
  • 出演(水商売フロント 役)

「対決(1967)」のコンビの池上金男と舛田利雄が共同でシナリオを執筆し、舛田利雄が監督したアクションもの。撮影は「陽のあたる坂道(1967)」の高村倉太郎。

監督
舛田利雄
出演キャスト
渡哲也 浅丘ルリ子 松尾嘉代 杉良太郎

君が青春のとき

  • 1967年6月3日(土)
  • 出演(部員A 役)

「陽のあたる坂道(1967)」の倉本聰と新人の加藤隆之助が共同でシナリオを執筆、「恋のハイウェイ」の斎藤武市が監督した青春もの。撮影は「星よ嘆くな 勝利の男」の萩原憲治。

監督
斎藤武市
出演キャスト
吉永小百合 米倉斉加年 十朱幸代 山本圭
1966年

暗黒航路

  • 1966年11月20日(日)
  • 出演(船員A 役)

「二人の世界」の小川英と新鋭三芳加也がシナリオを執筆し、「殺るかやられるか」の野村孝がシナリオにも参加して監督した海洋アクションもの。撮影はコンビの峰重義。

監督
野村孝
出演キャスト
和田浩治 宍戸錠 深江章喜 高木均

私、違っているかしら

  • 1966年7月30日(土)
  • 出演(学究社係員 役)

森村桂の同名の原作を「涙くんさよなら」の倉本聰と長広明が共同で脚色し、「夜霧の慕情」の松尾昭典が監督した青春もの。撮影は同じく「夜霧の慕情」の岩佐一泉が担当。

監督
松尾昭典
出演キャスト
吉永小百合 淡島千景 浜田光夫 三島雅夫
1965年

怪盗X 首のない男

  • 1965年10月23日(土)
  • 出演(庄田刑事 役)

都筑道夫の原作を、「三匹の野良犬」の山崎巌が脚色、「青春の裁き」の小杉勇が監督したアクションもの。撮影は「あいつとの冒険」の藤岡粂信。

監督
小杉勇
出演キャスト
宍戸錠 川地民夫 山本陽子 松原智恵子

ぼくどうして涙がでるの

  • 1965年10月30日(土)
  • 出演(中学校の担当の教師 役)

伊藤文学・紀子の同名手記を、吉田健二が脚色、「青春のお通り」の森永健次郎が監督した闘病日誌の映画化。撮影は「渡世一代」の萩原憲治。

監督
森永健次郎
出演キャスト
十朱幸代 佐藤秀夫 村瀬幸子 柳川慶子

夜明けのうた

  • 1965年5月26日(水)
  • 出演(芸能記者A 役)

「執炎」の山田信夫がシナリオを執筆「執炎」以来コンビの蔵原惟繕が監督したメロドラマ。撮影もコンビの間宮義雄。

監督
蔵原惟繕
出演キャスト
浅丘ルリ子 浜田光夫 松原智恵子 岡田眞澄

あばれ騎士道

  • 1965年3月6日(土)
  • 出演(花井 役)

川野京輔の同名小説を「殺られてたまるか(1964)」の中西隆三と「機動捜査班 静かなる暴力」の西田一夫が共同で脚色「東京五輪音頭」の小杉勇が監督したアクションもの。撮影は「大日本ハッタリ伝」の峰重義。

監督
小杉勇
出演キャスト
宍戸錠 渡哲也 二代目水谷八重子 松原智恵子

東郷秀美の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/9更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 東郷秀美