映画-Movie Walker > 人物を探す > 西川鶴三

年代別 映画作品( 1946年 ~ 1969年 まで合計135映画作品)

1969年

水戸黄門漫遊記(1969)

  • 1969年11月1日公開
  • 照明

「続社長えんま帖」の笠原良三が脚本を執筆し、「若者よ挑戦せよ」の千葉泰樹が監督した喜劇。撮影は「狙撃」の長谷川清。

監督
千葉泰樹
出演キャスト
森繁久彌 宝田明 高島忠夫 中村勘九郎
1968年

燃えろ!青春

  • 1968年12月19日公開
  • 照明

「コント55号 世紀の大弱点」の松木ひろしが脚本を執筆し「空想天国」の松森健が監督した青春もの。撮影は「若者よ挑戦せよ」の西垣六郎が担当した。

監督
松森健
出演キャスト
黒沢年男 竜雷太 夏木陽介 十朱久雄

若者よ挑戦せよ

  • 1968年10月12日公開
  • 照明

「続やくざ坊主」の笠原良三がシナリオを執筆し、「河内フーテン族」の千葉泰樹がメガホンをとった青春もの。撮影は「斬る(1968)」の西垣六郎が担当した。1968年10月5日より、東京・有楽町有楽座にて先行ロードショー。

監督
千葉泰樹
出演キャスト
小林桂樹 白川由美 小沢昭一 森光子

空想天国

  • 1968年8月14日公開
  • 照明

「悪党社員遊侠伝」の田波靖男がシナリオを執筆し、「燃えろ!太陽」の松森健が監督したコメディ。撮影は「春らんまん」の西垣六郎。

監督
松森健
出演キャスト
谷啓 京塚昌子 奈加英夫 酒井和歌子

カモとねぎ

  • 1968年3月16日公開
  • 照明

「石中先生行状記(1966)」の松木ひろしと「南太平洋の若大将」の田波靖男が共同でシナリオを執筆し、「国際秘密警察 絶体絶命」の谷口千吉が監督したコメディ。撮影は「落語野郎 大馬鹿時代」の鈴太斌。

監督
谷口千吉
出演キャスト
森雅之 緑魔子 高島忠夫 砂塚秀夫
1967年

日本のいちばん長い日(1967)

  • 1967年8月3日公開
  • 照明

大宅壮一名義(実際の著者は当時編集者だった半藤一利)で当時の政治家宮内省関係、元軍人や民間人から収録した実話を編集した同名原作(文芸春秋社刊)を、「上意討ち -拝領妻始末-」の橋本忍が脚色し、「殺人狂時代」の岡本喜八が監督した終戦秘話。撮影は「喜劇 駅前競馬」の村井博。

監督
岡本喜八
出演キャスト
宮口精二 戸浦六宏 笠智衆 山村聡

坊っちゃん社員 青春でつっ走れ!

  • 1967年5月20日公開
  • 照明

源氏鶏太の原作より、「雌が雄を喰い殺す かまきり」の池田一朗と、「坊っちゃん社員 青春は俺のものだ!」の山本嘉次郎が潤色し、山本嘉次郎と「これが青春だ!」の須崎勝弥がシナリオ化した。監督は前作と同じく松森健で、「坊っちゃん社員 青春は俺のものだ!」に続く第二作。撮影もコンビの西垣六郎。

監督
松森健
出演キャスト
夏木陽介 高島忠夫 浜美枝 高橋紀子

坊っちゃん社員 青春は俺のものだ!

  • 1967年4月1日公開
  • 照明

源氏鶏太の原作『坊っちゃん社員』を、「狸の王様」の山本嘉次郎が脚色し、「これが青春だ!」の松森健が監督した青春もの。撮影は「殺人狂時代」の西垣六郎。

監督
松森健
出演キャスト
夏木陽介 高島忠夫 浜美枝 高橋紀子

殺人狂時代

  • 1967年2月4日公開
  • 照明

都筑道夫の原作「飢えた遺産」(東都書房刊)を、「暗黒航路」の小川英、「黒い賭博師 悪魔の左手」の山崎忠昭と「大菩薩峠(1966)」の岡本喜八が共同で脚色し、岡本喜八が監督したコメディ・アクション。撮影は「これが青春だ!」の西垣六郎。

監督
岡本喜八
出演キャスト
仲代達矢 団令子 砂塚秀夫 天本英世
1966年

これが青春だ!

  • 1966年12月17日公開
  • 照明

「太平洋奇跡の作戦 キスカ」の須崎勝弥がシナリオを執筆し、チーフ助監督やテレビ映画の監督をしていた松森健の第一回監督作品である。撮影は「エレキの若大将」の西垣六郎。

監督
松森健
出演キャスト
夏木陽介 藤山陽子 十朱久雄 田中春男
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 西川鶴三

ムービーウォーカー 上へ戻る