TOP > 映画監督・俳優を探す > 山田彰

年代別 映画作品( 1954年 ~ 1969年 まで合計40映画作品)

1958年

美女と液体人間

  • 1958年6月24日(火)
  • 出演(若杉巡査 役)

東宝の特殊撮影技術を駆使した怪奇活劇篇で、海上日出男の原作を、「地球防衛軍」のコンビ、木村武が脚色、本多猪四郎が監督、「花嫁三重奏」の小泉一が撮影した。特技監督は円谷英二。「花の慕情」の平田昭彦、「弥次喜多道中記」の白川由美、佐原健二、小沢栄太郎、田島義文らが出演。色彩はイーストマン・カラー。Perspecta Stereophonic Sound。

監督
本多猪四郎
出演キャスト
佐原健二 平田昭彦 白川由美 小沢栄太郎

お父さんはお人好し 花嫁善哉

  • 1958年3月12日(水)
  • 出演(三男浜三 役)

「お父さんはお人好し 家に五男七女あり」の続篇。スタッフ・キャストは前篇と全く同じ。

監督
青柳信雄
出演キャスト
花菱アチャコ 浪花千栄子 香月京子 森川金太郎

お父さんはお人好し 家に五男七女あり

  • 1958年2月18日(火)
  • 出演(三男浜三 役)

NHKの人気番組長沖一の連続放送劇「お父さんはお人好し」の映画化。脚色は「別れの波止場」の新井一、監督は「サザエさんの青春」の青柳信雄、撮影は「下町」の西垣六郎。出演はラジオと同じく花菱アチャコに浪花千栄子をはじめ、安西郷子、環三千世、太刀川良一、柳家金語楼、夏亜矢子ら。

監督
青柳信雄
出演キャスト
花菱アチャコ 浪花千栄子 香月京子 森川金太郎

愛情の都

  • 1958年1月21日(火)
  • 出演(小谷啓太 役)

「続青い山脈」の井手俊郎の脚本を「肌色の月」のコンビ、杉江敏男が監督、完倉泰一が撮影した哀愁メロドラマ。主演は「青春航路」の宝田明、「続青い山脈」の司葉子。ほかに「脱獄囚」の草笛光子、「青春航路」の団令子、小泉博、「地球防衛軍」の白川由美、「続青い山脈」の淡路恵子。色彩はイーストマンカラー。パースペクタ立体音響。

監督
杉江敏男
出演キャスト
司葉子 草笛光子 宝田明 柳永二郎
1957年

青い山脈(1957)

  • 1957年10月27日(日)
  • 出演(男B 役)

昭和二十四年同じ東宝で製作された石坂洋次郎原作『青い山脈』の再映画化で今回は東宝スコープ、アグファカラーで製作された。脚色は前回と同じく井手俊郎(近作は「初恋物語(1957)」)が話を現代風に改め、「ひかげの娘」の松林宗恵が監督した。撮影は「智恵子抄(1957)」の小原譲治。主演は「大当り三色娘」の雪村いづみ、「大学の侍たち」の宝田明、司葉子、久保明、草笛光子、「月と接吻」の淡路恵子、映画初出演の水谷良重。ほかに太刀川洋一、中北千枝子、志村喬、井上大助など。

監督
松林宗惠
出演キャスト
雪村いづみ 久保明 司葉子 宝田明

大番

  • 1957年3月5日(火)
  • 出演(店員松本 役)

週刊朝日連載、獅子文六の同名小説を「続・銀河の都」の笠原良三が脚色、「おかしな奴(1956)」の千葉泰樹が監督、“ギューちゃん”の青春時代を描く。撮影担当は「忘却の花びら」の完倉泰一。主な出演者は「いとはん物語」の加東大介、「女囚と共に」の原節子、「踊子」の淡島千景、「江利チエミの サザエさん(1956)」の仲代達矢。ほかに沢村貞子、太刀川洋一、多々良純、河津清三郎、東野英治郎、小林桂樹など。

監督
千葉泰樹
出演キャスト
加東大介 谷晃 沢村貞子 上野明美
1956年

好人物の夫婦

  • 1956年9月11日(火)
  • 出演(滝の兄 役)

東宝がこの度、一流作家の代表作を映画化する“ダイヤモンド・シリーズ”と銘打った文芸映画の「鬼火(1956)」に次ぐ第二作である。志賀直哉原作を「白夫人の妖恋」の八住利雄が脚色、「鬼火(1956)」に続く千葉泰樹、山田一夫のコンビが監督、撮影を担当した。主な出演者は「現代の欲望」の池部良、青山京子、「鬼火(1956)」の津島恵子、「東京の人さようなら」の石原忠。他に滝花久子、有島一郎、東郷晴子など。

監督
千葉泰樹
出演キャスト
池部良 津島恵子 青山京子 有島一郎
1955年

忘れじの人

  • 1955年10月18日(火)
  • 出演(バーテン 役)

船場の娘の悲しい恋を通して人生流転の相を描く。故織田作之助の小説『船場の娘』を「月に飛ぶ雁」の若尾徳平が脚色、「新鞍馬天狗 夕立の武士」のコンビ杉江敏男が監督、完倉泰一が撮影を担当した。主なる出演者は「たけくらべ」の岸恵子、「リオの情熱」の安西郷子、「修禅寺物語」の山内明、「お父さんはお人好し」の浪花千栄子など。

監督
杉江敏男
出演キャスト
岸惠子 安西郷子 花井蘭子 浪花千栄子

獣人雪男

  • 1955年8月14日(日)
  • 出演(梶 役)

「ゴジラの逆襲」の村田武雄の脚本を、「おえんさん」の本多猪四郎が監督、同じく飯村正が撮影する。音楽は「新鞍馬天狗 夕立の武士」の佐藤勝の担当。出演者は「新鞍馬天狗 夕立の武士」の宝田明、「33号車応答なし」の河内桃子、「あすなろ物語」の根岸明美など。

監督
本多猪四郎
出演キャスト
宝田明 河内桃子 笠原健司 中村伸郎
1954年

幽霊男

  • 1954年10月13日(水)
  • 出演(弟浩吉 役)

講談倶楽部に連載された横溝正史の探偵小説を、「青春ロマンスシート 青草に坐す」の沢村勉が脚色し、「家庭の事情 ネチョリンコンの巻」の小田基義が監督する。撮影は山田一夫。「やくざ囃子」の河津清三郎が主人公金田一に扮し、「此村大吉」の田中春男、「関八州勢揃い」の岡譲司のほか、三条美紀がはじめて東宝映画に出演する。

監督
小田基義
出演キャスト
河津清三郎 田中春男 岡譲司 清水元

山田彰の関連人物

佐田豊  桐野洋雄  堺左千夫  中山豊  大友伸 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 山田彰

ムービーウォーカー 上へ戻る