映画-Movie Walker > 人物を探す > アンジェイ・バートコウィアク

年代別 映画作品( 1982年 ~ 2009年 まで合計30映画作品)

2009年

ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー

  • 2009年2月28日(土)公開
  • 監督

世界中で大人気の対戦格闘ゲーム「ストリートファイター」の有名キャラクター、チュンリーを主人公にしたアクション。悪と戦い続ける彼女の知られざる過去が明らかになる。

監督
アンジェイ・バートコウィアク
出演キャスト
クリスティン・クルック マイケル・クラーク・ダンカン ニール・マクドノー タブー
2006年

ドゥーム

  • 2006年4月1日(土)公開
  • 監督

アメリカで人気のアクション・シューティング・ゲームを基にしたSFホラー。遺伝子の研究が行なわれていた火星の研究所で、恐ろしい怪物と戦うはめになった特殊部隊員を描く。

監督
アンジェイ・バートコウィアク
出演キャスト
カール・アーバン ロザムンド・パイク デオビア・オパレイ ベン・ダニエルズ
2003年

ブラック・ダイヤモンド

  • 2003年3月29日(土)公開
  • 監督

「ザ・ワン」の武術スター、ジェット・リー主演のサスペンス・アクション。謎のダイヤをめぐる悪党たちの攻防にバトル・シーンが絡む、スリリングな展開から目が離せない!

監督
アンジェイ・バートコウィアク
出演キャスト
ジェット・リー DMX アンソニー・アンダーソン ケリー・フー
2001年

DENGEKI 電撃

  • 2001年8月11日(土)公開
  • 監督

人気アクション俳優スティーブン・セガールの、主演作中最大の全米ヒット作が上陸。セガール得意のマーシャルアーツと意外な真実が明かされるミステリーが絡み、目が離せない!

監督
アンジェイ・バートコウィアク
出演キャスト
スティーヴン・セガール DMX イサイア・ワシントン マイケル・ジェイ・ホワイト
2000年

13デイズ

  • 2000年12月16日(土)公開
  • 撮影

 第3次世界大戦の危機をはらんだ、緊迫の13日間をつづる問題作だ。歴史的事件の裏舞台をドキュメンタリー・タッチで克明に描出し、強烈なメッセージを突きつける。

監督
ロジャー・ドナルドソン
出演キャスト
ケヴィン・コスナー ブルース・グリーンウッド スティーヴン・カルプ ディラン・ベイカー

ロミオ・マスト・ダイ

  • 2000年5月13日(土)公開
  • 監督

 カメラマンとして豊富な経験を持つA・バートコウィアクが監督デビュー。カンフー・アクションとヒップホップを融合した、独特のリズム感の映像世界がキレ味上々!

監督
アンジェイ・バートコウィアク
出演キャスト
ジェット・リー アリーヤ イサイア・ワシントン ラッセル・ウォン
1998年

リーサル・ウェポン4

  • 1998年8月1日(土)公開
  • 撮影

L.A.の暴走刑事コンビの活躍を描く人気シリーズの6年ぶりの第4弾。監督はシリーズ産みの親で「マーヴェリック」のリチャード・ドナー。脚本は人気テレビ・シリーズ『NYPDブルー』を手掛け、本作が映画デビュー作となるチャニング・ギブソン。製作はドナーとシリーズ全作を手掛けたジョエル・シルヴァー。製作総指揮は「トゥルー・ロマンス」のスティーブ・ペリーと「アルマゲドン」のジム・ヴァン・ウィク。撮影は「追跡者」のアンジェイ・バートコウィアク。音楽はシリーズ全作を担当している「ロビン・フッド」のマイケル・ケイメン、ロック界のスーパースターのエリック・クラプトン、『ダブル・ビジョン』でグラミー賞に輝いたデイヴィッド・サンボーン。美術は「カラーパープル」のJ・マイケル・リーヴァ。衣裳は「痩せゆく男」のハ・ニューエン。主演はシリーズの顏である「陰謀のセオリー」のメル・ギブソン、「レインメーカー」のダニー・クローヴァー。共演は前作から加わった「身代金」のレネ・ルッソ、「カジノ」のジョー・ペシら常連メンバーに加えて、「身代金」のクリス・ロック、初のハリウッド進出第1作となる「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズのリー・リンチェイが敵役で登場。

監督
リチャード・ドナー
出演キャスト
メル・ギブソン ダニー・グローヴァー ジョー・ペシ レネ・ルッソ

追跡者(1998)

  • 1998年6月13日(土)公開
  • 撮影

連邦保安官と逃亡者の追走劇を描くサスペンス・アクション。ヒット作「逃亡者」(93)の続編的作品で、同作でアカデミー助演男優賞を受賞したトミー・リー・ジョーンズがジェラード連邦保安官役で再登板、主演を張った。監督は「エグゼクティブ デシジョン」のスチュアート・ベアード。製作は「マッド・シティ」のアーノルドとアンのコペルソン夫妻。製作総指揮・キャラクター創作は「逃亡者」(オリジナルのテレビシリーズも)のロイ・ハギンズと同作の映画化を企画したキース・パリッシュ。脚本は本作がデビューとなるジョン・ポーグ。撮影は「ディアボロス 悪魔の扉」のアンジェイ・バートコウィアク。音楽は「エグゼクティブ デシジョン」のジェリー・ゴールドスミス。美術は「逃亡者」のマー・アーマド。編集は「ゴールデンアイ」のテリー・ローリングス。共演は「ザ・ファン」のウェズリー・スナイプス、「ショート・カッツ」のロバート・ダウニー・Jr.、「トリコロール 赤の愛」のイレーヌ・ジャコブ、「キルトに綴る愛」のケイト・ネリガンほか。

監督
スチュワート・ベアード
出演キャスト
トミー・リー・ジョーンズ ウェズリー・スナイプス ロバート・ダウニーJr. ジョー・パントリアーノ

ディアボロス 悪魔の扉

  • 1998年4月18日(土)公開
  • 撮影

大都会ニューヨークを舞台に、悪魔が法曹界の黒幕となり若き弁護士の魂を狙うという訴訟王国アメリカならではのオカルト映画。監督は「黙秘」のテイラー・ハックフォード(製作総指揮も)。アンドリュー・ニーダーマンの小説『悪魔の弁護人』(ソニー・マガジンズ刊)を原作に、ジョナサン・レムキンと「ボディ・バンク」のトニー・ギルロイが執筆。製作は「フリー・ウィリー3」のアーノン・ミルチャン、「マッド・シティ」のアーノルドとアン・コペルソン夫婦の共同。撮影は「マンハッタン・ラプソディ」のアンジェイ・バートコウィアック。音楽は「ポストマン」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「依頼人」のブルーノ・ルビオ。編集はマーク・ワーナー。衣裳はジュディアンナ・マコウスキー。SFXは「メン・イン・ブラック」のリック・ベイカー。出演は「死にたいほどの夜」のキアヌ・リーヴス、「フェイク」のアル・パチーノ、「トゥー・デイズ」のチャーリズ・セロン、「クルーシブル」のジェフリー・ジョーンズほか。

監督
テイラー・ハックフォード
出演キャスト
キアヌ・リーヴス アル・パチーノ シャーリーズ・セロン ジェフリー・ジョーンズ
1997年

マンハッタン・ラプソディ

  • 1997年10月18日(土)公開
  • 撮影

美醜にこだわり、セックスに惑わされる、現代の悩める恋人たちの姿をユーモラスに描いたロマンチック・コメディ。ニューヨークの実景をたっぶり取り入れた美しい映像と、豪華俳優陣の共演が見どころ。アンドレ・カイヤット監督のフランス映画「両面の鏡」(58)を下敷きに、「マディソン郡の橋」のリチャード・ラグラヴェニーズが原案・脚本を書き、「サウス・キャロライナ/愛と追憶の彼方」のバーブラ・ストライサンドが監督・製作・主演でリメイク。製作はストライサンドと「ヒート」のアーノン・ミルチャン、製作総指揮はシス・コーマン。撮影は「クイック&デッド」のダンテ・スピノッティと「グッドマン・イン・アフリカ」のアンジェイ・バートコウィアック。音楽は「ファニー・レディ」以来のストライサンドと名コンビのマーヴィン・ハムリッシュ、美術はトム・ジョン、編集はジェフ・ワーナー、衣裳は「ファースト・ワイフ・クラブ」のテオーニ・V・アルドリッジ。共演は「白い嵐」のジェフ・ブリッジス、「プレタポルテ」のローレン・バコール、「ダンテズ・ピーク」のピアース・ブロスナン、「逃亡者」(90)のミミ・ロジャースほか。

監督
バーブラ・ストライサンド
出演キャスト
バーブラ・ストライサンド ジェフ・ブリッジス ローレン・バコール ミミ・ロジャース
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アンジェイ・バートコウィアク