TOP > 映画監督・俳優を探す > 川村芳久

年代別 映画作品( 1957年 ~ 1961年 まで合計43映画作品)

1959年

とゞけ母の叫び

  • 1959年9月6日(日)
  • 美術

ルバング島に今なお生き残ると伝えられる元日本兵救出問題にヒントを得て書かれた「千代田城炎上」の依田義賢のオリジナルもの。「水戸黄門漫遊記 御用御用物語」の福田晴一が監督し、「妻の勲章」の太田喜晴が撮影した。

監督
福田晴一
出演キャスト
山田五十鈴 田村高廣 浜田寅彦 十朱久雄

風のうちそと

  • 1959年3月24日(火)
  • 美術

吉屋信子の読売新聞連載小説を、「彼岸花」の共同執筆者・野田高梧と岩間鶴夫が脚色し、「愛の濃淡」の岩間鶴夫が監督したメロドラマ。撮影も同じく「愛の濃淡」の小杉正男。

監督
岩間鶴夫
出演キャスト
三島雅夫 日比野恵子 片桐真二 伊藤茂信
1958年

花は嘆かず(1958)

  • 1958年12月14日(日)
  • 美術

北条誠の連続放送劇を映画化したもので、「顔役(1958)」の椎名利夫が脚色、「泣き笑い日本晴れ」のコンビ穂積利昌・西川亨が監督・撮影したメロドラマ。「この天の虹」の大木実、「大東京誕生 大江戸の鐘」の森美樹、「自殺を売った男」の有沢正子に、泉京子・佐竹明夫などが出演する。

監督
穂積利昌
出演キャスト
有沢正子 森美樹 佐竹明夫 泉京子

昨日は昨日今日は今日

  • 1958年8月17日(日)
  • 美術

赤線を飛び出した二人の女性の人生旅行を描こうというもので、大林清の原作を、中沢信が脚色、「大岡政談 謎の逢びき」の福田晴一が監督した。撮影は太田喜晴。「大岡政談 謎の逢びき」の瑳峨三智子・北上弥太朗、「青空よいつまでも」の朝丘雪路、「花嫁の抵抗」の渡辺文雄をはじめ、幾野道子・関千恵子・渡辺篤・須賀不二夫・里見京子らが出演。

監督
福田晴一
出演キャスト
瑳峨三智子 朝丘雪路 北上弥太朗 佐藤好昭

夜の波紋

  • 1958年5月18日(日)
  • 美術

「口から出まかせ」の菊島隆三に、内川清一郎が参加した脚本を、同じく「口から出まかせ」の内川清一郎が自ら監督した異色現代劇。撮影は「江戸群盗伝」の太田真一。主演は「花のうず潮」の大木実、「若い広場」の高千穂ひづるをはじめ、杉田弘子、仲代達矢、菅佐原英一、千田是也など。

監督
内川清一郎
出演キャスト
高千穂ひづる 杉田弘子 福田公子 浪花千栄子
1957年

喰いだおれ一代

  • 1957年12月28日(土)
  • 美術

館直志のNHK連続放送劇を、「伝七捕物帖 銀蛇呪文」の共同脚色者の一人、安田重夫が脚色し、新人礒田一雄が第一回作品として監督し、「次郎長外伝 石松と追分三五郎」の服部幹夫が撮影した人情喜劇である。主演は「青春航路」の花菱アチャコ、それと山鳩くるみで、ほかに、横山エンタツ、益田キートン、堺駿二などの喜劇陣や森川信、渡辺篤のベテランが助演する。

監督
礒田一雄
出演キャスト
花菱アチャコ 高橋とよ 山鳩くるみ 横山エンタツ

伴淳・アチャコ・夢声の活弁物語

  • 1957年8月25日(日)
  • 美術

長谷川幸延の原作を「くちづけ(1957)」の舟橋和郎が脚色、「赤城の血煙 国定忠治」の福田晴一が監督、同じく片岡清が撮影した。主演は「伴淳・森繁の糞尿譚」の伴淳三郎、「怪談色ざんげ 狂恋女師匠」の花菱アチャコ、「大忠臣蔵」の瑳峨三智子に徳川夢声が加わる。ほかに、中村是好、山野一郎、関千恵子、山田周平など。

監督
福田晴一
出演キャスト
伴淳三郎 花菱アチャコ 万代峰子 徳川夢声

勢揃い桃色御殿

  • 1957年6月4日(火)
  • 美術

「折鶴さんど笠」の共同脚色者の一人、鈴木兵吾のオリジナル・シナリオを「「朝雲暮雲」より 野武士と女」の酒井辰雄が監督、「相馬の唄祭」の倉持友一が撮影した時代喜劇。主演は「大江戸人気男」の花菱アチャコ、「伴淳・森繁の糞尿譚」の紫千代、伴淳三郎、「情痴の中の処女 天使の時間」の小山明子、「大江戸風雲絵巻 天の眼」の近衛十四郎。

監督
酒井辰雄
出演キャスト
花菱アチャコ 宮城千賀子 紫千代 シリア・ポール

男の牙

  • 1957年3月20日(水)
  • 美術

「相馬の唄祭」の鈴木兵吾と「まだら頭巾剣を抜けば 乱れ白菊」の本山大生のオリジナル・シナリオを同じく「まだら頭巾剣を抜けば 乱れ白菊」の倉橋良介が監督、服部幹夫が撮影を担当したサスペンス・ドラマ。主な出演者は、「雲の墓標より 空ゆかば」の田村高廣、日活から移籍松竹初出演の名和宏(「妻恋峠」)、「伝七捕物帖 美女蝙蝠」の嵯峨三智子、「まだら頭巾剣を抜けば 乱れ白菊」の山鳩くるみ、「女だけの街」の水原真知子、「りんどう鴉」の高野真二。ほかに石黒達也、森美樹など。

監督
倉橋良介
出演キャスト
田村高廣 高野真二 名和宏 山鳩くるみ

漫才学校 第二部 ガヤガヤホテル

  • 1957年
  • 美術

「漫才学校 爆笑八人組」に引き続く漫才学校シリーズ第二回作。脚本は「三羽烏再会す」の中山隆三。監督は「漫才学校 爆笑八人組」の穂積利昌、撮影も同じく西川享の担当。出演者は前作同様八人組に蝶々・雄二、ワカサ・ひろし、いとし・こいし、Aスケ・Bスケのレギュラー。その他、「花嫁募集中」の関千恵子、「アチャコの子宝仁義」の高野真二、「青春の音」の七浦弘子、上方演芸所属の花和幸助など。

監督
穂積利昌
出演キャスト
ミヤコ蝶々 南都雄二 ミス・ワカサ 島ひろし

川村芳久の関連人物

山路義人  伴淳三郎  花菱アチャコ  堺駿二  高屋朗 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 川村芳久

ムービーウォーカー 上へ戻る