映画-Movie Walker > 人物を探す > 益田喜頓

年代別 映画作品( 1946年 ~ 1979年 まで合計167映画作品)

1958年

赤ちゃん颱風

  • 1958年10月28日(火)公開
  • 出演(秋山周平 役)

「がっちり若旦那」の光畑碩郎のオリジナル・シナリオを、「見事な求婚」の生駒千里が監督したホームコメディ。撮影は「野を駈ける少女」の森田俊保。「野を駈ける少女」の桑野みゆきに、轟夕起子・益田キートン・桂小金治・若水ヤエ子らが出演している。

監督
生駒千里
出演キャスト
桑野みゆき 益田キートン 轟夕起子 桂小金治

底抜け忍術合戦

  • 1958年10月21日(火)公開
  • 出演(戸沢白雲斎 役)

中田竜雄・淀橋太郎・蓮池義雄の共同脚本を、「一丁目一番地」の斎藤寅次郎が監督したコメディ。撮影は「フランキーの僕は三人前」の岡崎宏三。三木のり平・八波むと志・トニー谷・蝶々・雄二らのコメディアンに環三千世が出演する。

監督
斎藤寅次郎
出演キャスト
三木のり平 八波むと志 益田キートン 環三千世

柳生旅ごよみ 女難一刀流

  • 1958年10月8日(水)公開
  • 出演(柳井武兵衛 役)

「隠密七生記(1958)」の結束信二と松村昌治の脚本を、「快傑黒頭巾(1958)」の松村昌治が監督した明朗時代劇で、撮影も同じく「快傑黒頭巾(1958)」の吉田貞次。「快傑黒頭巾(1958)」の大友柳太朗、「不知火小憎評判記 鳴門飛脚」の雪代敬子に、丘さとみ・大川恵子・楠トシエ・里見浩太郎・尾上鯉之助らが出演。

監督
松村昌治
出演キャスト
大友柳太朗 雪代敬子 楠トシエ 花園ひろみ

喧嘩太平記

  • 1958年9月23日(火)公開
  • 出演(板前崩れの半次郎 役)

「浪人八景」の鈴木兵吾の脚本を、「国定忠治(1958)」の小沢茂弘が監督、「満月かぐら太鼓」の松井鴻が撮影した娯楽時代劇。「旗本退屈男」の市川右太衛門・東千代之介を筆頭に、里見浩大郎・花柳小菊・長谷川裕見子などが出演するほか、八千草薫が東映初出演する。

監督
小沢茂弘
出演キャスト
市川右太衛門 里見浩太朗 山形勲 原健策

ひばりの花形探偵合戦

  • 1958年8月6日(水)公開
  • 出演(道恵和尚 役)

ひばり・高倉健の探偵合戦を骨子としたコミカル・スリラー。笠原良三・笠原和夫の共同脚本を、「新選組(1958)」の佐々木康が監督、「おけさ姉妹」の西川庄衛が撮影した。「おこんの初恋 花嫁七変化」の美空ひばり、「季節風の彼方に」の高倉健をはじめ、佐久間良子・山村聡・小宮光江・堺駿二などが出演する。色彩は東映カラー。

監督
佐々木康
出演キャスト
美空ひばり 高倉健 小野透 松平克平

女狐風呂

  • 1958年7月13日(日)公開
  • 出演(儀兵衛 役)

時と場所を伊豆の温泉宿に起った数日間の出来事と限定し、さまざまな登場人物が一つの事件に捲きこまれていくという構成を持った明朗推理時代劇。「風来坊一番勝負」の小国英雄のオリジナル・シナリオを、同じく「風来坊一番勝負」の安田公義が監督、竹村康和が撮影した。「七番目の密使」の市川雷蔵、「謎の逢びきの瑳峨三智子をはじめ、林成年・浦路洋子・中村玉緒らが出演。

監督
安田公義
出演キャスト
市川雷蔵 瑳峨三智子 林成年 浦路洋子

殿さま弥次喜多 怪談道中

  • 1958年7月13日(日)公開
  • 出演(弥次郎兵衛 役)

ニセの弥次喜多怪談道中記で「少年探偵団 鉄塔の怪人」の小川正の脚本を、「ひばり捕物帖 かんざし小判」の沢島忠が監督、「鴬城の花嫁」の坪井誠が撮影した。「清水港の名物男 遠州森の石松」の中村錦之助・中村賀津雄に、「怪猫からくり天井」の大川恵子、「血汐笛」の桜町弘子、「鴬城の花嫁」の雪代敬子などが出演。色彩は東映カラー。

監督
沢島忠
出演キャスト
中村錦之助 中村賀津雄 益田キートン 星十郎

太鼓たゝいて笛吹いて

  • 1958年5月13日(火)公開
  • 出演(阪東彦右衛門 役)

菊田一夫の原案を、「旅は気まぐれ風まかせ」の小国英雄が脚色、「愛情の都」の杉江敏男が監督、同じく「愛情の都」の完倉泰一が撮影した時代喜劇。宮城まり子、有島一郎、三木のり平らのコメディアンに、久慈あさみ、草笛光子、平田昭彦、中田康子なども加わる豪華キャスト。色彩はイーストマンカラー。

監督
杉江敏男
出演キャスト
三津田健 千石規子 小泉博 宮城まり子

一丁目一番地

  • 1958年4月21日(月)公開
  • 出演(松田 役)

高垣葵、高橋昇之助の同名のNHK連続放送劇を「悶える青春」の須崎勝弥が脚色、「おけさ鴉」の斎藤寅次郎が監督、「悶える青春」の西川庄衛が撮影したコメディ。出演は「悶える青春」の中原ひとみに、三原浩が抜てきされたほか、柳沢真一、トニー谷、清川虹子、堺駿二、益田キートンなどのコメディアンたちが助演している。

監督
斎藤寅次郎
出演キャスト
柳沢真一 若水ヤエ子 中原ひとみ 富松孝治

どろんこ天国

  • 1958年3月23日(日)公開
  • 出演(吉村徳三 役)

丈化放送の放送劇「チンドン屋人生」を、「オンボロ人生」の共同脚色者、沢村勉と富田義朗が脚色したユーモアとペーソスあふれる、いわば父もの。「としごろ(1958)」の穂積利昌が監督し、同じく「としごろ(1958)」の布戸章が撮影した。主演は「日日の背信」の伊藤雄之助、岡田茉莉子、「としごろ(1958)」の清川虹子、「黄色いからす」の設楽幸嗣。色彩はイーストマン松竹カラー。

監督
穂積利昌
出演キャスト
設楽幸嗣 伊藤雄之助 清川虹子 小山明子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 益田喜頓