映画-Movie Walker > 人物を探す > 益田喜頓

年代別 映画作品( 1946年 ~ 1979年 まで合計167映画作品)

1979年

くるみ割り人形(1979)

  • 1979年3月3日(土)公開
  • 出演(声)(人形の城の皇帝 役)

チャイコフスキーのバレー組曲を基に人形アニメーションで映画化したもので、脚本は辻信太郎、監督は中村武雄、撮影は大谷文夫、杉田安久利、高森菱児がそれぞれ担当。

監督
中村武雄
出演キャスト
杉田かおる 志垣太郎 夏川静枝 一の宮あつ子
1973年

チョットだけョ 全員集合!!

  • 1973年8月4日(土)公開
  • 出演(小原庄助 役)

“全員集合”シリーズ十一作目。今回は、いかりや長介が無能な医者に扮して、加藤茶たちの欲呆け集団との大騒動を演じる。脚本は「喜劇 男の泣きどころ」の田坂啓、監督は脚本も執筆している「必殺仕掛人」の渡辺祐介、撮影は「舞妓はんだよ 全員集合!!」の荒野諒一がそれぞれ担当。

監督
渡辺祐介
出演キャスト
いかりや長介 荒井注 仲本工事 高木ブー
1969年

長靴をはいた猫(1969)

  • 1969年3月18日公開
  • 出演(声)(王様 役)

フランスのルイ十四世時代に活躍したシャルル・ペローの原作を「アンデルセン物語」の井上ひさしと山元護久が共同で脚本を執筆し、コンビを組んだ矢吹公郎が演出した長編カラー漫画。昭和三十三年の「白蛇伝」から教えて第十五作目。

出演キャスト
石川進 藤田淑子 水垣洋子 熊倉一雄
1968年

コント55号と水前寺清子の神様の恋人

  • 1968年12月28日公開
  • 出演(岩野鉄平 役)

「白昼堂々」を共同執筆した吉田剛と野村芳太郎に山根優一郎が加ってシナリオを執筆し、同じく野村芳太郎が監督したコメディ。撮影は同作品を担当した川又昂。

監督
野村芳太郎
出演キャスト
萩本欽一 坂上二郎 悠木千帆 伴淳三郎
1966年

クレージー大作戦

  • 1966年10月29日公開
  • 出演(大戸所長 役)

「赤い天使」の笠原良三「パンチ野郎」の田波靖男、「狸の王様」の坪島孝、「殿方御用心」の池田一朗が共同でシナリオを執筆し、「アルプスの若大将」の古沢憲吾が監督したコメディー。撮影は永井仙吉。

監督
古沢憲吾
出演キャスト
植木等 ハナ肇 谷啓 犬塚弘
1965年

喜劇 大親分

  • 1965年9月18日公開
  • 出演(滝本久造 役)

「真紅な海が呼んでるぜ」の芦沢俊郎のオリジナル・シナリオを、「お座敷小唄」の酒井欣也が監督したアクション喜劇。撮影は「ちんころ海女っこ」の小原治夫。

監督
酒井欣也
出演キャスト
長門勇 谷幹一 益田喜頓 柳沢真一

黒い賭博師

  • 1965年8月1日公開
  • 出演(姉小路 役)

野村敏雄の原作を、「意気に感ず」の小川英と「あばれ騎士道」の中西隆三が共同で脚色、「現代悪党仁義」の中平康が監督した“ギャンブラー”シリーズの第六作目。撮影は、「河内ぞろ あばれ凧」の山崎善弘。

監督
中平康
出演キャスト
小林旭 富士真奈美 小池朝雄 益田喜頓

一発かましたれ

  • 1965年6月5日公開
  • 出演(藤岡 役)

「続社長忍法帖」の笠原良三と安倍徹郎が共同でオリジナル・シナリオを執筆、新人小山幹夫が監督した喜劇。撮影は「孤独の賭け」の坪井誠。

監督
小山幹夫
出演キャスト
藤田まこと 花澤徳衛 待田京介 中西杏子

おゝ猛妻

  • 1965年5月16日公開
  • 出演(呑海先生 役)

土井聞太のオリジナル・シナリオを新人菱田義雄が監督した喜劇。撮影は「背後の人」の平瀬静雄。

監督
菱田義雄
出演キャスト
長門勇 伴淳三郎 浪花千栄子 村田知栄子

虹をつかむ恋人たち

  • 1965年3月31日公開
  • 出演(山下伸介 役)

「あの雲に歌おう」の須崎勝弥と川瀬治が共同でシナリオを執筆「続・図々しい奴」の瀬川昌治が監督した青春もの。撮影は「ひも」の林七郎。

監督
瀬川昌治
出演キャスト
北大路欣也 梓みちよ 益田喜頓 沢村貞子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 益田喜頓