映画-Movie Walker > 人物を探す > 岬洋二

年代別 映画作品( 1946年 ~ 1961年 まで合計72映画作品)

1961年

恋愛ズバリ講座

  • 1961年1月21日公開
  • 出演(駐在 役)

大蔵社長退陣後の新企画による第一作で、三部に分れたオムニバス映画。監督は第一部が「男が血を見た時(1960)」の三輪彰、第二部が「怪猫 お玉が池」の石川義寛、第三部が「セクシー地帯」の石井輝男。

監督
三輪彰 石川義寛 石井輝男
出演キャスト
天知茂 小畑絹子 松原緑郎 星輝美
1960年

まぼろし探偵 恐怖の宇宙人

  • 1960年11月19日公開
  • 出演(吉岡弥右衛門 役)

桑田次郎の少年画報連載小説を、田辺虎男と井口富春が脚色し「裸の谷間」の小林悟が監督したアクション・ドラマ。撮影は「弥次喜多珍道中 中仙道の巻」の岩橋秀光。

監督
小林悟
出演キャスト
中岡慎太郎 沼田曜一 宮田文子 鮎川浩

少女妻 恐るべき十六才

  • 1960年10月8日公開
  • 出演(村山 役)

飯田光雄と渡辺祐介の共同オリジナル・シナリオを、新人・渡辺祐介が監督した、少女たちの実態を描くもの。渡辺監督は、昭和二十六年東大文学部卒、三十三歳。撮影は須藤登が担当した。

監督
渡辺祐介
出演キャスト
星輝美 橘恵子 三条魔子 松原由美子

蛇精の淫

  • 1960年9月23日公開
  • 出演(山口 役)

「殺されるのは御免だ」の田辺虎男の脚本を、「女獣」の曲谷守平が監督した怪奇映画で、飛騨山中に伝えられる伝説を描いている。撮影も「女獣」の平野好美。

監督
曲谷守平
出演キャスト
小畑絹子 浅見比呂志 林寛 津路清子

女獣

  • 1960年8月19日公開
  • 出演(河原田徹三 役)

「地下帝国の死刑室」のコンビ葉山浩三と志原弘の脚本を、「女と命をかけてブッ飛ばせ」の曲谷守平が監督したもので、婦人警察官の活躍を描いたアクション・ドラマ。撮影は「肉体の野獣」の平野好美。

監督
曲谷守平
出演キャスト
小畑絹子 松浦浪路 菅原文太 岬洋二

皇室と戦争とわが民族

  • 1960年6月11日公開
  • 出演(杉山参謀総長 役)

「大虐殺」の内田弘三の脚本を、「太平洋戦争 謎の戦艦陸奥」の小森白が監督した歴史もの。「女と命をかけてブッ飛ばせ」の岡戸嘉外が撮影した。

監督
小森白
出演キャスト
嵐寛寿郎 佐々木孝丸 林寛 岬洋二

太平洋戦争 謎の戦艦陸奥

  • 1960年4月1日公開
  • 出演(三原友造 役)

瀬戸内海沖に碇泊中の戦鑑陸奥が謎の爆沈を遂げた事実にもとづいて書かれた葉山浩三・七条門の脚本を、「大虐殺」の小森白が監督した。撮影は「女死刑囚の脱獄」の吉田重業。

監督
小森白
出演キャスト
天知茂 小畑絹子 沼田曜一 菅原文太

爆弾を抱く女怪盗

  • 1960年2月7日公開
  • 出演(吉沢文雄 役)

土居通芳・大貫正義の共同脚本を、「婦系図 湯島に散る花」の土居通芳が監督したアクション・ドラマ。撮影も同じく「婦系図 湯島に散る花」の森田守。

監督
土居通芳
出演キャスト
高倉みゆき 菅原文太 吉田輝雄 シークレット・フェイス
1959年

雷電(1959)

  • 1959年11月23日公開
  • 出演(大岩岩右衛門 役)

尾崎士郎の原作を、「復讐秘文字峠 (前後篇)」の杉本彰と、中川信夫が脚色し、「東海道四谷怪談」の中川信夫が監督したもので、大関雷電為右衛門の青春時代を描いたもの。撮影も「東海道四谷怪談」の西本正。

監督
中川信夫
出演キャスト
宇津井健 北沢典子 坂東好太郎 林幹

復讐秘文字峠(前後篇)

  • 1959年8月15日公開
  • 出演(海雲和尚 役)

林不忘の「煩悩秘文書」を、「海女の化物屋敷」の共同執筆者・杉本彰が脚色、「まぼろし鷹」の山田達雄が監督した娯楽時代劇。撮影は「東支那海の女傑」の平野好美。

監督
山田達雄
出演キャスト
嵐寛寿郎 江見俊太郎 明智十三郎 阪東好太郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 岬洋二