映画-Movie Walker > 人物を探す > 石川冷

年代別 映画作品( 1947年 ~ 1962年 まで合計42映画作品)

1957年

桂小五郎と近藤勇 竜虎の決戦

  • 1957年1月3日(木)
  • 出演(吉兵衛 役)

「朱鞘罷り通る」の三村伸太郎脚本による幕末時代篇。監督は「世紀の勝敗」の並木鏡太郎、撮影は「鬼姫競艶録」の渡辺孝。主な出演者は「剣豪相馬武勇伝 桧山大騒動」の嵐寛寿郎、「阪妻追善記念映画 京洛五人男」の大河内傳次郎、「勝鬨天魔峠」の明智十三郎、「美男をめぐる十人の女」の筑紫あけみ、「軍神山本元帥と連合艦隊」の相馬千恵子「鬼姫競艶録」の中山昭二、ほかに、子役大沢幸浩、高田稔、江川宇礼雄、鳥羽陽之助、天知茂など。

監督
並木鏡太郎
出演キャスト
嵐寛寿郎 大河内傳次郎 相馬千恵子 筑紫あけみ
1956年

女真珠王の復讐

  • 1956年7月5日(木)
  • 出演(小使 役)

不正を憎む若人の、恋と冒険を描くアクション・ドラマ。“小説と読物”に掲載された青木義久の原案を、相良準と松木功が脚本化し、「続・君ひとすじに」のコンビ志村敏夫が監督、友成達雄が撮影を担当した。主な出演者は「続・君ひとすじに」の前田通子が抜擢されている他、「暴力の王者」の宇津井健、丹波哲郎、「思い出月夜」の三ツ矢歌子、「銀蛇の岩屋 (前後篇)」の藤田進、他に天知茂、新人宮原徹など。

監督
志村敏夫
出演キャスト
前田通子 藤村昌子 宇津井健 三ツ矢歌子
1955年

美女決闘

  • 1955年8月8日(月)
  • 出演(仙太郎 役)

東京タイムス連載の南条三郎の原作を村上俊郎が脚色、「春色大盗伝」の冬島泰三が監督に当り、同じく河崎喜久三が撮影を担当する。音楽は「講道館四天王」の鈴木静一である。出演者は「奥様多忙」の水原真知子、「虚無僧系図」の長谷川裕見子、「落日の血闘」の宮城千賀子、「アツカマ氏とオヤカマ氏」の遠山幸子、「悪魔の囁き」の筑紫あけみ、「のんき裁判」の南風洋子、「男一匹」の美雪節子、「たそがれ酒場」の宇津井健、「地獄の用心棒」の二本柳寛、小笠原弘、千明みゆきなど。

監督
冬島泰三
出演キャスト
水原真知子 長谷川裕見子 宮城千賀子 遠山幸子

緋牡丹記

  • 1955年5月10日(火)
  • 出演(小使留さん 役)

婦人生活に連載され、現在民間放送にて連続ドラマとして放送されている有田治の原作を「路傍の石(1955)」の池田忠雄が田岡敬一と共同で脚色、「潜水艦ろ号 未だ浮上せず」の野村浩将が監督する。撮影は「俺も男さ」の西垣六郎、音楽は「花のゆくえ」の古賀政男の担当。出演者は「ママ横をむいてて」の佐野周二、「隠密若衆」の花柳小菊、「俺も男さ」の筑紫あけみ、「ほらふき丹次」の藤田進、「勢ぞろい 喧嘩若衆」の角梨枝子、「爆笑青春列車」の和田孝、「悲恋まむろ川」の花井蘭子のほか、岡譲司、国方伝、清水将夫などである。

監督
野村浩将
出演キャスト
佐野周二 花柳小菊 筑紫あけみ 藤田進

番場の忠太郎

  • 1955年3月29日(火)
  • 出演(薬屋の源八 役)

長谷川伸原作『瞼の母』から「血槍富士」の三村伸太郎が脚本を書き、「ほらふき丹次」の中川信夫が監督に当る。撮影は「エノケンの天国と地獄」の岡戸嘉外の担当。出演者は「隠密若衆」の若山富三郎、「喧嘩奴」の桂木洋子、「愛のお荷物」の山田五十鈴、「森繁の新入社員」の森繁久彌、「ここに泉あり」の三井弘次のほか鳥羽陽之助、滝花久子、阿部九洲男、冬木京三、伊沢一郎などである。

監督
中川信夫
出演キャスト
山田五十鈴 若山富三郎 桂木洋子 森繁久彌
1954年

神州天馬侠(1954)

  • 1954年12月28日(火)
  • 出演(掛軸屋の親爺 役)

吉川英治の原作を丸谷剛が脚色、吉川晋が監修した。監督は「悲恋まむろ川」の萩原章。撮影は「和蘭囃子」の岡崎宏三が担当した。出演者は映画初出演の藤間城太郎と川田孝子に「たん子たん吉珍道中 三部作」の江川宇禮雄、「日本敗れず」の細川俊夫、「鶏はふたたび鳴く」の小園蓉子ほか、藤間紫、市川段四郎、水島道太郎、天知茂などで、大谷友右衛門、尾上九朗右衛門が特別出演する。

監督
萩原章
出演キャスト
藤間城太郎 川田孝子 細川俊夫 天知茂

若い人たち

  • 1954年11月8日(月)
  • 出演(銀行員 役)

「どぶ」に次ぐ近代映画協会の第八回自主作品で、全国銀行従業員組合連合会と提携して製作される。「どぶ」と同じく新藤兼人(泥だらけの青春)と棚田吾郎が共同で脚本を執筆し、「足摺岬」の吉村公三郎が監督する。撮影も同じく「足摺岬」の宮島義勇で、音楽は「泥だらけの青春」の伊福部昭の担当。出演者は「泥だらけの青春」の乙羽信子、「太陽のない街」の日高澄子、岸旗江、信欣三、原保美、「村八分」の中原早苗、「学生心中」の金子信雄などである。

監督
吉村公三郎
出演キャスト
乙羽信子 木村三津子 日高澄子 中原早苗

東尋坊の鬼

  • 1954年9月28日(火)
  • 出演(バーのおやじ 役)

講談倶楽部所載の原作を小川正が脚色し、「鞍馬天狗 疾風八百八町」志村敏夫が監督、「鶴亀先生」の平野好美が撮影を担当する。出演者は「此村大吉」の田崎潤、「黒い潮」の左幸子、「大岡政談・妖棋伝 (前篇) 白蝋の仮面」の藤田進、「娘ごころは恥づかしうれし」の鮎川浩、他に木戸新太郎(キドシン)、柳永二郎、鳥羽陽之助など。

監督
志村敏夫
出演キャスト
田崎潤 左幸子 藤田進 木戸新太郎
1951年

月が出た出た

  • 1951年3月4日(日)
  • 出演(箱屋常吉 役)

製作は「夜来香」の望月利雄、脚本は森岡良で、「黄金獣」の志村敏夫が監督に当たっている。撮影は「愛染香」の三村明。音楽は古賀政男の担当である。出演者は「消防決死隊」の小林桂樹、「鬼姫しぐれ」の花井蘭子、「真珠夫人 前篇」の星美千子、他に小堀誠、高杉妙子、市丸、赤坂子梅などが出演している。

監督
志村敏夫
出演キャスト
小林桂樹 小堀誠 花井蘭子 星美千子
1950年

女左膳

  • 1950年12月15日(金)
  • 出演(講釈師楽山 役)

「憧れのハワイ航路」「若さま侍捕物帳 謎の能面屋敷」の伊藤基彦、高橋一朗のコンビの製作、原作は陣出達朗の読切小説倶楽部掲載のものを、「若さま侍捕物帳 謎の能面屋敷」の井上梅次が脚色、「鬼あざみ」の冬島泰三が監督に当っている。俳優の主なるものは、「女三四郎」の川路龍子、「アマカラ珍騒動」の野上千鶴子、「軍艦すでに煙なし」の伊豆肇、「黄金獣」の月丘千秋、その他坪井哲、江川宇禮雄、柳永二郎、伏見直江などである。

監督
冬島泰三
出演キャスト
坪井哲 川路龍子 野上千鶴子 伊豆肇
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 石川冷