映画-Movie Walker > 人物を探す > 千之赫子

年代別 映画作品( 1958年 ~ 2013年 まで合計61映画作品)

2013年

秋日和 デジタルリマスター

  • 2013年12月21日(土)公開
  • 出演(高松重子 役)

夫を亡くした母と娘のお互いを思いやる気持ちを中心に、亡夫の友人たちが起こす騒動を描いたドラマ。監督は小津安二郎。里見とんの原作を、野田高梧と小津安二郎が共同で脚色。撮影は厚田雄春。出演は、原節子、司葉子、岡田茉莉子、佐田啓二、佐分利信ほか。小津作品の撮影チーフ助手を務めた川又昂監修による、4Kスキャニングによる最新のデジタル修復を実施したHDマスター。2013年11月23日より、東京・神田 神保町シアターにて開催された「生誕110年・没後50年記念 映画監督 小津安二郎」にて上映。

監督
小津安二郎
出演キャスト
原節子 司葉子 笠智衆 佐田啓二
1967年

銀の長靴

  • 1967年3月25日公開
  • 出演(山本とみ 役)

「命果てる日まで」の桜井義久がシナリオを執筆し、「土方歳三 燃えよ剣」の市村泰一が監督した青春もの。撮影は「日本一のマジメ人間」の小杉正雄。

監督
市村泰一
出演キャスト
由美かおる 二瓶十久也 頭師佳孝 谷幹一
1966年

男の顔は切り札

  • 1966年12月24日公開
  • 出演(小夜 役)

「空白の起点より 女は復讐する」の宮川一郎がシナリオを執筆し、「日本侠客伝 雷門の決斗」のマキノ雅弘が監督した仁侠アクションもの。撮影は本田茂樹と木下富蔵。

監督
マキノ雅弘
出演キャスト
安藤昇 平井昌一 長門裕之 津川雅彦

太陽に突っ走れ

  • 1966年9月8日公開
  • 出演(清美 役)

作曲家遠藤実の自伝「太陽も笑っている」を、「カミカゼ野郎 真昼の決斗」の池田雄一が脚色、「地獄の野良犬」の鷹森立一が監督した歌謡ドラマ。撮影はコンビの西川庄衛。

監督
鷹森立一
出演キャスト
千葉真一 十朱幸代 長門裕之 今井健二

春一番

  • 1966年4月1日公開
  • 出演(狭山良子 役)

芝木好子の“女家族”を、芝木好子と「あの娘と僕 スイム・スイム・スイム」の桜井義久が共同で脚色、「ハイウェイの王様」の市村泰一が監督した女性ドラマ。撮影は「赤い鷹」の小杉正雄。

監督
市村泰一
出演キャスト
桑野みゆき 高峰三枝子 菊田ゆか 中村鴈治郎
1965年

さよならはダンスの後に

  • 1965年12月5日公開
  • 出演(バーのマダム 役)

「背後の人」でコンビの八木美津雄と津久田一正が共同でシナリオを執筆、八木美津雄が監督した女性もの。撮影もコンビの平瀬静雄。

監督
八木美津雄
出演キャスト
桑野みゆき 藤岡弘、 沢村貞子 市川瑛子

求婚旅行

  • 1965年10月16日公開
  • 出演(春江 役)

「けものみち」の白坂依志夫がシナリオを執筆、「あの娘と僕 スイム・スイム・スイム」の市村泰一が監督した“旅行”シリーズ第一作。撮影は大越千虎。

監督
市村泰一
出演キャスト
桑野みゆき 池部良 園井啓介 沢本忠雄

すっ飛び野郎

  • 1965年4月28日公開
  • 出演(小唄の師匠紅菊 役)

「孤独」の桜井義久がオリジナル・シナリオを執筆、「この声なき叫び」の市村泰一が監督した股旅もの。撮影は「忍法破り 必殺」の小辻昭三。

監督
市村泰一
出演キャスト
橋幸夫 丹波哲郎 倍賞千恵子 本郷秀雄

雪国(1965)

  • 1965年4月10日公開
  • 出演(芸者菊勇 役)

川端康成の同名小説を「二人だけの砦」の斎藤良輔と「残菊物語(1963)」の大庭秀雄が共同で脚色大庭秀雄が監督した文芸もの。撮影は「夜の片鱗」の成島東一郎。

監督
大庭秀雄
出演キャスト
木村功 岩下志麻 桜京美 加賀まりこ

母の歳月

  • 1965年1月30日公開
  • 出演(北上秋子 役)

野田高梧の原作を、第一部を野田高梧自身、第二部を赤穂春雄が脚色、「おかあさんのばか」の水川淳三が監督した女性ドラマ。撮影もコンビの堂脇博。

監督
水川淳三
出演キャスト
小畠絹子 宮口精二 田中絹代 藤田昇三
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 千之赫子