映画-Movie Walker > 人物を探す > 魚住純子

年代別 映画作品( 1952年 ~ 1963年 まで合計33映画作品)

1963年

スター誕生(1963)

  • 1963年4月6日公開
  • 出演(今日子 役)

菊田一夫原作の舞台劇を椎名竜治が脚色、「恋と出世に強くなれ!」の酒井欣也が監督した音楽劇。撮影はコンビの小原治夫。

監督
酒井欣也
出演キャスト
江利チエミ 清川虹子 吉田輝雄 藤山寛美
1962年

あいつばかりが何故もてる

  • 1962年11月18日公開
  • 出演(美人の患者 役)

渥美清が吹きこんだ同名の歌から企画されたもので、「ご機嫌はりきり娘」の松木ひろしと「東京さのさ娘」の山根優一郎が共同で脚本を執筆、「東京さのさ娘」の酒井欣也が監督した喜劇もの。撮影は「僕チン放浪記」の小原治夫。

監督
酒井欣也
出演キャスト
倍賞千恵子 田中春男 若水ヤエ子 渥美清
1961年

風雲新撰組

  • 1961年5月17日公開
  • 出演(お竜 役)

「まぼろし探偵 幽霊塔の大魔術団」の田辺虎男の脚本を、久方ぶりに毛利正樹が監督した時代劇二部作。撮影は「恋しぐれ 秩父の夜祭り」の河崎喜久三。

監督
毛利正樹
出演キャスト
嵐寛寿郎 龍崎一郎 杉山弘太郎 九重京司

風流滑稽譚 仙人部落

  • 1961年2月8日公開
  • 出演(酒仙の女(鈴玲) 役)

小島功の漫画から、「怪談海女幽霊」の松木功が脚本を執筆、「暴力五人娘」の曲谷守平が監督したコメディ。撮影は「花嫁吸血魔」の吉田重業が担当した。

監督
曲谷守平
出演キャスト
沼田曜一 大空真弓 九重京司 花岡菊子

恋愛ズバリ講座

  • 1961年1月21日公開
  • 出演(詐欺師の妹 役)

大蔵社長退陣後の新企画による第一作で、三部に分れたオムニバス映画。監督は第一部が「男が血を見た時(1960)」の三輪彰、第二部が「怪猫 お玉が池」の石川義寛、第三部が「セクシー地帯」の石井輝男。

監督
三輪彰 石川義寛 石井輝男
出演キャスト
天知茂 小畑絹子 松原緑郎 星輝美

女王蜂の逆襲

  • 1961年1月15日公開
  • 出演(蘭子 役)

「女巌窟王」のコンビ内田弘三の脚本を、小野田嘉幹が監督したアクション・ドラマ。撮影は「女王蜂と大学の竜」の岡田公直。

監督
小野田嘉幹
出演キャスト
三原葉子 天知茂 大原譲二 沖竜次
1960年

暴力五人娘

  • 1960年12月27日公開
  • 出演(マリ子 役)

「女体渦巻島」の岡戸利秋と「男の世界だ」の葉山浩三の共同脚本を、「蛇精の淫」の曲谷守平が監督した明朗篇。「激闘の地平線」の岡戸嘉外が撮影した。

監督
曲谷守平
出演キャスト
万里昌代 大空真弓 三条魔子 扇町京子

女巌窟王(1960・日本)

  • 1960年10月1日公開
  • 出演(女給三枝 役)

「女王蜂と大学の竜」の内田弘三と、小野田嘉幹の脚本を「太陽と血と砂」の小野田嘉幹が監督した、踊子姉妹の復讐物語。撮影は「スパイと貞操」の山中晋。

監督
小野田嘉幹
出演キャスト
三原葉子 万里昌代 江見俊太郎 沢井三郎

トップ屋を殺せ

  • 1960年9月8日公開
  • 出演(大垣奈緒美 役)

石原慎太郎のオリジナル・シナリオを、新人高橋典が監督したもので、汚職事件のネタをつかんだ男の野望を描く。高橋監督は昭和三年生れ、日大芸術学部卒、主として佐分利信監督の他、「若い獣」「私は貝になりたい」等で助監督を勤めた。撮影は田地野万三。

監督
高橋典
出演キャスト
天知茂 永井智雄 魚住純子 中村虎彦

女と命をかけてブッ飛ばせ

  • 1960年5月21日公開
  • 出演(トミ 役)

鈴木岬一・米谷純一の共同脚本を、「美男買います」の曲谷守平が監督したアクション・ドラマ。「三人の女強盗」の岡戸嘉外が撮影を担当した。

監督
曲谷守平
出演キャスト
宇津井健 鳥羽恵美子 石川冷 星輝美
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 魚住純子