映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェームズ・L・ブルックス

年代別 映画作品( 1980年 ~ 2011年 まで合計12映画作品)

2011年

幸せの始まりは

  • 2011年2月11日(金)公開
  • 監督、製作、脚本

リース・ウィザースプーンがアラサーの体育界系女子に扮する切なくもおかしいラブストーリー。人生の岐路に立たされたヒロインの恋と人生の行方を映し出す。能天気な彼氏にオーウェン・ウィルソン、青年実業家をポール・ラッドが妙演。監督は『愛と追憶の日々』でアカデミー賞に輝いたジェームズ・L・ブルックス。

監督
ジェームズ・L・ブルックス
出演キャスト
リース・ウィザースプーン オーウェン・ウィルソン ポール・ラッド ジャック・ニコルソン
2007年

ザ・シンプソンズ MOVIE

  • 2007年12月15日(土)公開
  • 製作、脚本

1987年に放映が始まった米テレビの長寿アニメ・シリーズの映画化。おバカなパパ、愛情あふれるママと3人の子供たちのシンプソン一家が、町を大騒動に巻き込む爆笑コメディ。

監督
デヴィッド・シルバーマン
出演キャスト
ダン・カステラネタ ジュリー・カヴナー Nancy Cartwright ヤードリー・スミス
2006年

スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと

  • 2006年1月14日(土)公開
  • 監督、製作、脚本

「恋愛小説家」の名匠、ジェームズ・L・ブルックスによる心温まる家族ドラマ。文化の違う裕福な一家に、家政婦として住み込んだ母娘の成長と絆をにぎやかにつづる。

監督
ジェームズ・L・ブルックス
出演キャスト
アダム・サンドラー ティア・レオーニ パス・ヴェガ クロリス・リーチマン
2002年

サンキュー、ボーイズ

  • 2002年4月20日(土)公開
  • 製作

全米女性に支持された実話小説を、「プリティ・リーグ」のペニー・マーシャル監督が映画化。本音で生きる主人公が、困難を乗り越えて夢を実現するまでをさわやかに描く。

監督
ペニー・マーシャル
出演キャスト
ドリュー・バリモア ミカ・ブーレム スティーヴ・ザーン ジェームズ・ウッズ
1998年

恋愛小説家

  • 1998年4月11日(土)公開
  • 監督、製作、脚本

潔癖家で毒舌の変人小説家が、なじみのウェイトレスや隣人との交流を通して人並みの愛を知るまでを描いたラヴ・ロマンス。主演のジャック・ニコルソン(「ブラッド&ワイン」など)、ヘレン・ハント(「ツイスター」)がそれぞれ97年度(第70回)アカデミー賞で最優秀主演男優賞・同女優賞を受賞したことでも話題に。監督は「愛と追憶の日々」でニコルソンと組んだ「ブロードキャスト・ニュース」のジェームズ・L・ブルックス。脚本は「レイト・フォー・ディナー」のマーク・アンドラスの原案を基に、アンドラスとブルックスが執筆。製作はブルックスと、「ザ・エージェント」のブリジット・ジョンソン、「ブロード~」「スリーパーズ」のクリスティン・ズィー。製作総指揮は「ザ・エージェント」のリチャード・サカイとローレンス・マーク、「靴をなくした天使」のローラ・ズィスキン。撮影は「ボディ・バンク」のジョン・ベイリー。音楽は「草の上の月」のハンス・ズィマー。美術のビル・プルゼスキ(「マチルダ」)、編集のリチャード・マークス(「愛と追憶の日々」)、衣裳のモリー・マギニス(「ジキル&ハイド」)は「ブロードキャスト・ニュース」でもブルックスと組んだスタッフ。共演は「ザ・エージェント」のキューバ・グッディング・Jr.、「TOUCH タッチ」のスキート・ウールリッチ、「渇いた太陽」のシャーリー・ナイトほか。特別出演で監督のハロルド・ライミス、ローレンス・カスダンが顔を見せる。

監督
ジェームズ・L・ブルックス
出演キャスト
ジャック・ニコルソン ヘレン・ハント グレッグ・キニア キューバ・グッディング・ジュニア
1997年

ザ・エージェント

  • 1997年5月17日(土)公開
  • 製作

理想主義のスポーツ・エージェントが挫折のどん底で愛する人に出会い、本当に大切なものに気づく姿を描く、ハートフルなサクセス&ラブ・ストーリー。製作・監督・脚本は「シングルス」のキャメロン・クロウ。製作はクロウ、「愛と追憶の日々」の監督ジェームズ・L・ブルックス、同作を手掛けたローレンス・マーク、リチャード・サカイの共同。撮影は「キルトに綴る愛」のヤヌス・カミンスキー。音楽は元『ローリング・ストーン』誌の編集者だった監督らしく、ダニー・ブラムソンの監修の下、ブルース・スプリングスティーン、ザ・フー、ポール・マッカートニー、ボブ・ディラン、エルヴィス・プレスリー、そして監督夫人のナンシー・ウィルソン(オリジナル・スコアも)らの多彩な楽曲が劇中に使用されている。美術は「シングルス」のスティーヴン・ラインウィーヴァー、編集は「JFK」のジョー・ハッシング、衣裳は「パルプ・フィクション」のベッツィ・ハイマン。主演は「ミッション:インポッシブル」のトム・クルーズと「エンパイア レコード」のレニー・ゼルウィガー。共演は「アウトブレイク」のキューバ・グッディングJr.、「フロム・ダスク・ティル・ドーン」のケリー・プレストン、「ジュマンジ」のボニー・ハントほか。96年度(第54回)ゴールデン・グローブ賞主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)受賞(トム・クルーズ)、96年度(第69回)アカデミー賞助演男優賞受賞(キューバ・グッディングJr.)。

監督
キャメロン・クロウ
出演キャスト
トム・クルーズ キューバ・グッディング・ジュニア レニー・ゼルウィガー ケリー・プレストン
1990年

ローズ家の戦争

  • 1990年5月18日(金)公開
  • 製作

ある夫婦の離婚をめぐる“戦争”を描くブラック・コメディ。エグゼクティヴ・プロデューサーはポリー・プラットとダグ・クレイボーン、製作はジェームス・L・ブルックスとアーノン・ミルチャン、監督は主演のダニー・デヴィート。ウォーレン・アドラーの原作を基に、脚本はマイケル・リーソン、撮影はスティーブン・H・ブラム、音楽はデイヴィッド・ニューマンが担当。主演はほかにマイケル・ダグラス、キャスリーン・ターナーなど。

監督
ダニー・デヴィート
出演キャスト
マイケル・ダグラス キャスリーン・ターナー ダニー・デヴィート マリアンネ・ゼーゲブレヒト
1989年

セイ・エニシング

  • 1989年12月23日(土)公開
  • 製作総指揮

憧れの女性と恋におちた青年の成長と、周囲の人々の反応を描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはジェームズ・L・ブルックス、製作はポリー・プラット、監督・脚本は本作品がデビューとなるキャロン・クロウ、撮影はラズロ・コヴァックス、音楽はリチャード・ギブスとアン・ダドリーが担当。出演はジョン・キューザック、アイオン・スカイほか。

監督
キャメロン・クロウ
出演キャスト
ジョン・キューザック アイオン・スカイ ジョン・マホーニー リリ・テイラー
1988年

ビッグ(1988)

  • 1988年7月30日(土)公開
  • 製作

早く大人になりたいという夢を持つ12歳の少年が、突然35歳の大人に変身して巻き起こる騒動を描く。製作はジェームズ・L・ブルックスとロバート・グリーンハット、監督は「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」のペニー・マーシャル、脚本はアン・スピルバーグ、撮影は「ブラッド・シンプル」のバリー・ソネンフェルド、音楽は「消えたセクシー・ショット」のハワード・ショアが担当。出演は「ドラグネット 正義一直線」のトム・ハンクス、「きのうの夜は…」のエリザベス・パーキンス、「サンタリア 魔界怨霊」のロバート・ロッジアほか。

監督
ペニー・マーシャル
出演キャスト
トム・ハンクス エリザベス・パーキンス ロバート・ロギア ジョン・ハード

ブロードキャスト・ニュース

  • 1988年4月29日(金)公開
  • 監督、製作、脚本

ワシントンのテレビ局を舞台に、そこに働く男女3人の三角関係を描く。製作・監督・脚本は「愛と追憶の日々」のジェームズ・L・ブルックス、エグゼクティヴ・プロデューサーはポリー・プラット、撮影はミハエル・バルハウス、音楽はビル・コンティ、編集はリチャード・マークスが担当。出演はウィリアム・ハート、アルバート・ブルックス、ホリー・ハンターほか。なおジャック・ニコルソンが友情出演している。

監督
ジェームズ・L・ブルックス
出演キャスト
ウィリアム・ハート アルバート・ブルックス ホリー・ハンター ロバート・プロスキー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェームズ・L・ブルックス