TOP > 人物を探す > 木下雅弘

年代別 映画作品( 1958年 ~ 1969年 まで合計71映画作品)

1966年

傷だらけの天使(1966)

  • 1966年12月24日(土)
  • 出演(北沢 役)

西郷輝彦が自作のストーリーを映画化した歌謡篇で、シナリオは「三等兵親分出陣」の棚田吾郎が担当した。監督は「私は泣かない」の吉田憲二。「続東京流れ者 海は真赤な恋の色」の永塚一栄が撮影した。

監督
吉田憲二
出演キャスト
西郷輝彦 松原智恵子 五月女マリ 荒木道子

暗黒航路

  • 1966年11月20日(日)
  • 出演(操手 役)

「二人の世界」の小川英と新鋭三芳加也がシナリオを執筆し、「殺るかやられるか」の野村孝がシナリオにも参加して監督した海洋アクションもの。撮影はコンビの峰重義。

監督
野村孝
出演キャスト
和田浩治 宍戸錠 深江章喜 高木均

絶唱(1966)

  • 1966年9月17日(土)
  • 出演(吉原 役)

大江賢次の原作を「友を送る歌」の監督西河克己が脚色・監督した純愛もの。撮影はコンビの高村倉太郎。

監督
西河克己
出演キャスト
舟木一夫 和泉雅子 滝沢修 山田禅二

涙くんさよなら

  • 1966年7月30日(土)
  • 出演(ヤング・アンド・フレッシュ・行夫 役)

「帰ってきた狼」で共同執筆した倉本聰と明田貢がシナリオを担当。「帰ってきた狼」の西村昭五郎が監督した、青春音楽路線第一作。撮影は「放浪のうた」の姫田真佐久。

監督
西村昭五郎
出演キャスト
ジュディ・オング 山内賢 和田浩治 杉山元

逢いたくて逢いたくて

  • 1966年6月1日(水)
  • 出演(山本 役)

「大空に乾杯」と同じく白坂依志夫と中野顕彰が共同でシナリオを執筆、「マカオの竜」の江崎実生が監督した青春もの。撮影はコンビの横山実。

監督
江崎実生
出演キャスト
園まり 渡哲也 松原智恵子 伊東ゆかり

青春ア・ゴーゴー

  • 1966年3月27日(日)
  • 出演(橋本一郎 役)

「高原のお嬢さん」の千葉茂樹と伊奈洸が共同でシナリオを執筆、「この虹の消える時にも」の森永健次郎が監督した青春もの。撮影は「黒い賭博師 悪魔の左手」の山崎善弘。

監督
森永健次郎
出演キャスト
浜田光夫 山内賢 和田浩治 木下雅弘
1965年

高原のお嬢さん

  • 1965年12月4日(土)
  • 出演(学生C 役)

「呼んでるぜあの風が」の千葉茂樹と「東京は恋する」の柳瀬観が共同でシナリオを執筆、柳瀬観が監督した歌謡もの。撮影はコンビの上田利男。

監督
柳瀬観
出演キャスト
舟木一夫 山内賢 和泉雅子 西尾三枝子

東京は恋する

  • 1965年9月18日(土)
  • 出演(修 役)

「大日本チャンバラ伝」の才賀明がシナリオを執筆「北国の街」の柳瀬観が監督した青春もの。撮影は「青春前期 青い果実」の上田宗男。

監督
柳瀬観
出演キャスト
舟木一夫 和田浩治 伊藤るり子 葉山良二

あばれ騎士道

  • 1965年3月6日(土)
  • 出演(川崎 役)

川野京輔の同名小説を「殺られてたまるか(1964)」の中西隆三と「機動捜査班 静かなる暴力」の西田一夫が共同で脚色「東京五輪音頭」の小杉勇が監督したアクションもの。撮影は「大日本ハッタリ伝」の峰重義。

監督
小杉勇
出演キャスト
宍戸錠 渡哲也 二代目水谷八重子 松原智恵子

春婦傅

  • 1965年2月28日(日)
  • 出演(青山上等兵 役)

田村泰次郎の同名小説を「ごろつき犬」の高岩肇が脚色「俺たちの血が許さない」の鈴木清順が監督した風俗もの。撮影は「愛しながらの別れ」の永塚一栄。

監督
鈴木清順
出演キャスト
川地民夫 野川由美子 石川富子 玉川伊佐男

木下雅弘の関連人物

杉山元  雪丘恵介  市村博  野呂圭介  榎木兵衛 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/15更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 木下雅弘

ムービーウォーカー 上へ戻る