TOP > 人物を探す > 河上信夫

年代別 映画作品( 1965年 ~ 2011年 まで合計187映画作品)

1967年

七人の野獣 血の宣言

  • 1967年10月21日(土)
  • 出演(署長 役)

「七人の野獣」のコンビの山崎巌と江崎実生の原作を、二人が共同で脚色し、江崎実生が監督した「七人の野獣」の続編で、撮影は「花を喰う蟲」の安藤庄平が担当した。

監督
江崎実生
出演キャスト
丹波哲郎 青木義朗 岡田眞澄 高品格

対決(1967)

  • 1967年9月6日(水)
  • 出演(下足番喜助 役)

「嵐来たり去る」の池上金男と舛田利雄が共同でシナリオを執筆し、舛田利雄が監督したアクションもの。撮影は「君が青春のとき」の萩原憲治。

監督
舛田利雄
出演キャスト
小林旭 高橋英樹 中谷一郎 北林早苗
1966年

骨まで愛して

  • 1966年7月9日(土)
  • 出演(石岡 役)

「東京流れ者」の川内康範が、自分の原作をシナリオ化し、「青春のお通り 愛して泣いて突走れ!」の斎藤武市が監督した歌謡ドラマ。撮影は、「青春のお通り 愛して泣いて突走れ!」の荻原憲治が担当した。

監督
斎藤武市
出演キャスト
渡哲也 浅丘ルリ子 松原智恵子 宍戸錠

夜霧の慕情

  • 1966年6月1日(水)
  • 出演(須藤菊造 役)

「真実の愛情を求めて 何処へ」の野上龍雄がシナリオを執筆、「二人の世界」の松尾昭典が監督したアクションもの。撮影はコンビの岩佐一泉。

監督
松尾昭典
出演キャスト
石原裕次郎 桑野みゆき 芦田伸介 宍戸錠

日本仁侠伝 血祭り喧嘩状

  • 1966年4月10日(日)
  • 出演(船頭・弥五郎 役)

松浦健郎の原作を、「赤い谷間の決闘」の舛田利雄と松浦健郎自身が共同で脚色、舛田利雄が監督した“日本仁侠伝”シリーズ第一作。撮影は「大空に乾杯」の萩原憲治。

監督
舛田利雄
出演キャスト
高橋英樹 宍戸錠 藤竜也 芦川いづみ

賭場の牝猫 捨身の勝負

  • 1966年3月12日(土)
  • 出演(浜村一夫 役)

「賭場の牝猫 素肌の壷振り」でコンビの浅田健三と西田一夫が共同でシナリオを執筆、「殴り込み関東政」の野口晴康が監督した“賭場の牝猫”シリーズ第三作目。撮影もコンビの中尾利太郎。

監督
野口晴康
出演キャスト
野川由美子 宍戸錠 平田大三郎 宮阪将嘉

鉄火場仁義

  • 1966年2月12日(土)
  • 出演(神田 役)

小山崎公朗の原案をもとに、「男の紋章 竜虎無情」の甲斐久尊がシナリオを執筆、「愛して愛して愛しちゃったのよ」の井田探が監督したアクションもの。撮影もコンビの萩原泉。

監督
井田探
出演キャスト
高橋英樹 和泉雅子 芦田伸介 滝沢修

男の紋章 竜虎無情

  • 1966年1月14日(金)
  • 出演(比良 役)

「男の紋章 俺は斬る」の甲斐久尊がシナリオを執筆、「泣かせるぜ」の松尾昭典が監督した“男の紋章”シリーズ第十作目。撮影は「男の紋章・俺は斬る」の萩原憲治。

監督
松尾昭典
出演キャスト
高橋英樹 宍戸錠 和泉雅子 小池朝雄
1965年

殴り込み関東政

  • 1965年12月18日(土)
  • 出演(津上義三郎 役)

「男の紋章 俺は斬る」の甲斐久尊のオリジナル・シナリオを、「賭場の牝猫」の野口晴康が監督した仁侠もの。撮影は、「秩父水滸伝 必殺剣」の中尾利太郎。

監督
野口晴康
出演キャスト
高橋英樹 二谷英明 槙洋子 藤竜也

賭場の牝猫 素肌の壷振り

  • 1965年10月23日(土)
  • 出演(大滝 役)

「賭場の牝猫」の浅田健三と「あばれ騎士道」の西田一夫がシナリオを執筆、「大日本殺し屋伝」の野口晴康が監督した“賭場の牝猫”シリーズ第二作目。撮影もコンビの永塚一栄。

監督
野口晴康
出演キャスト
野川由美子 二谷英明 北竜二 須賀不二男

河上信夫の関連人物

山田禅二  弘松三郎  深江章喜  雪丘恵介  小泉郁之助 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/7更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 河上信夫

ムービーウォーカー 上へ戻る