映画-Movie Walker > 人物を探す > 柳沢類寿

年代別 映画作品( 1948年 ~ 1969年 まで合計44映画作品)

1969年

喜劇 新宿広場

  • 1969年11月22日(土)公開
  • 脚本

柳沢類寿と椿澄夫が共同で脚本を書き、「ザ・タイガース 華やかなる招待」の山本邦彦が監督した新シリーズ第一作。撮影は、「ボルネオ大将 赤道に賭ける」の黒田徳三が担当した。

監督
山本邦彦
出演キャスト
藤田まこと 三田佳子 黒沢年男 松山英太郎
1965年

われら劣等生

  • 1965年3月13日(土)公開
  • 脚色

鈴木亮の原作「現代高校生気質・われら劣等生」を「赤いダイヤ」の柳沢類寿が脚色、日本テレビ・ディレクターの佐藤雄三が監督した青春もの。撮影は「雌・めす・牝」「この道赤信号」の岩橋秀光。

監督
佐藤雄三
出演キャスト
いしだあゆみ 香山ユリ 高石かつ枝 田村正和
1964年

赤いダイヤ

  • 1964年10月14日(水)公開
  • 脚色

梶山季之の同名小説を「この道赤信号」の柳沢類寿と「やくざの歌」の池田雄一が共同で脚色「東京丸の内」の小西通雄が監督した風俗ドラマ。撮影は「ジャコ万と鉄(1964)」の坪井誠。

監督
小西通雄
出演キャスト
藤田まこと 三田佳子 曽我廼家明蝶 藤田佳子

この道赤信号

  • 1964年5月16日(土)公開
  • 脚本

「のれんと花嫁」の柳沢類寿がシナリオを執筆「東京オリンピック音頭 恋愛特ダネ合戦」の近江俊郎が監督した風俗ドラマ。撮影もコンビの岩橋秀光。

監督
近江俊郎
出演キャスト
南原宏治 筑波久子 炎加世子 宮裕子
1963年

赤い水

  • 1963年5月3日(金)公開
  • 脚色

杉浦明平原作を「喜劇 とんかつ一代」の柳沢類寿と山形雄策、山本薩夫が共同で脚色、「忍びの者」の山本薩夫が監督した諷刺喜劇。撮影は「雪之丞変化(1963)」の小林節雄。

監督
山本薩夫
出演キャスト
伊藤雄之助 八波むと志 織田政雄 船越英二

喜劇 とんかつ一代

  • 1963年4月10日(水)公開
  • 脚色

八住利雄の原作を「寛美の我こそは一等社員」の柳沢類寿が脚色、「しとやかな獣」の川島雄三が監督した喜劇。撮影は「憂愁平野」の岡崎宏三。

監督
川島雄三
出演キャスト
森繁久彌 淡島千景 加東大介 木暮実千代
1962年

寛美の我こそは一等社員

  • 1962年1月29日(月)公開
  • 脚本

「のれんと花嫁」の柳沢類寿と「二階の他人」の山田洋次が共同で脚本を執筆。「白い南風」の生駒千里が監督したサラリーマン喜劇。

監督
生駒千里
出演キャスト
藤山寛美 小林千登勢 瑳峨三智子 杉浦直樹
1961年

のれんと花嫁

  • 1961年12月24日(日)公開
  • 脚本

「恋とのれん」の柳沢類寿と菅野昭彦が共同でシナリオを書き、「ふりむいた花嫁」の番匠義彰が監督した下町喜劇。撮影はコンビの生方敏夫。

監督
番匠義彰
出演キャスト
津川雅彦 伴淳三郎 高橋とよ 月丘夢路

漫画横丁 アトミックのおぼん 女親分対決の巻

  • 1961年5月23日(火)公開
  • 脚本

「漫画横丁 アトミックのおぼん スリますわヨの巻」につづく、アトミックのおぼんシリーズ第二作。スタッフは前作と同じ。

監督
佐伯幸三
出演キャスト
水谷良重 中島そのみ 春川ますみ 横山道代

恋とのれん

  • 1961年4月28日(金)公開
  • 脚本

「兵六大臣行状記 漁色のこよみ」の柳沢類寿に管野昭彦が加わった共同脚本を、「渦」のコンビ番匠義彰と、生方敏夫が監督、撮影した。

監督
番匠義彰
出演キャスト
淡島千景 桑野みゆき 山下洵一郎 佐野周二
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 柳沢類寿