映画-Movie Walker > 人物を探す > 三浦光子

年代別 映画作品( 1945年 ~ 1964年 まで合計101映画作品)

1964年

恐るべき遺産 裸の影

  • 1964年10月公開
  • 出演

実の両親が広島の原爆により亡くなり、自身も胎内被曝したことを知った女子高生が、辛い出自や原爆症に悩まされる姿を描く社会派ヒューマンドラマ。1964年の公開当時、30人の少女たちの入浴シーンが問題視された。監督は、「キャタピラー」の若松孝二。出演は、「稲妻」の三浦光子、「源氏物語」の花ノ本寿。

監督
若松孝二
出演キャスト
三浦光子 花ノ本寿 榊原扶美子 岡山紀子
1962年

若い人(1962)

  • 1962年10月6日(土)公開
  • 出演(江波ハツ 役)

石坂洋次郎原作を「草を刈る娘」のコンビ三木克巳が脚色、西河克己が監督した青春ドラマ。撮影は「事件記者 拳銃貸します」の萩原憲治。

監督
西河克己
出演キャスト
石原裕次郎 吉永小百合 浅丘ルリ子 三浦充子

怪談三味線堀

  • 1962年8月4日(土)公開
  • 出演(坂東三津弥 役)

「伝七捕物帖 影のない男」の柳川真一が脚本を執筆、「大江戸の鷹」の内出好吉が監督した怪談もの。撮影もコンビの杉田正二。

監督
内出好吉
出演キャスト
品川隆二 千原しのぶ 伏見扇太郎 北沢典子

お姫さまと髭大名

  • 1962年3月14日(水)公開
  • 出演(奥方 役)

「暴れん坊一代」のコンビ、結束信二と高橋稔が共同で脚本を執筆。「権九郎旅日記(1961)」の工藤栄一が監督した時代喜劇。撮影は「赤い影法師」の吉田貞次。

監督
工藤栄一
出演キャスト
里見浩太朗 桜町弘子 星てるみ 山城新伍
1961年

ネオンの海の暴れん坊

  • 1961年5月11日(木)公開
  • 出演(バーのマダム節子 役)

「銀座野郎」の第二部で、スタッフは前作と全く同じ。

出演キャスト
小野透 大辻三郎 春丘典子 浦野みどり

銀座野郎

  • 1961年4月5日(水)公開
  • 出演(マダム節子 役)

田代淳二の脚本を、「若い明日を突っ走れ」の和田篤人が監督したアクション・ドラマで二部作。撮影は「二人だけの太陽」の星島一郎が担当。

監督
和田篤人
出演キャスト
小野透 大辻三郎 北原しげみ 梶すみ子

鳴門秘帖(1961)

  • 1961年1月26日(木)公開
  • 出演(四国屋お久良 役)

吉川英治の同名小説の映画化。「江戸の朝風」の高岩肇が脚色、「鉄火大名」の内出好吉が監督した。撮影は「江戸の朝風」の三木滋人。

監督
内出好吉
出演キャスト
鶴田浩二 木暮実千代 近衛十四郎 大川恵子
1960年

拳銃を磨く男 深夜の死角

  • 1960年5月17日(火)公開
  • 出演(吉村未亡人 役)

「拳銃を磨く男 呪われた顔」に続く拳銃を磨く男シリーズの一篇。脚色・小川正、監督・伊賀山正光、撮影・福島宏といずれも前作と同じ顔ぶれ。

監督
伊賀山正光
出演キャスト
南廣 梅宮辰夫 清水一郎 永島明

大空の無法者

  • 1960年5月10日(火)公開
  • 出演(マダム玲子 役)

「白銀城の対決」の直居欽哉の脚本を、「男の挑戦(1960)」の島津昇一が監督したアクション・ドラマ。撮影も「男の挑戦(1960)」の星島一郎。

監督
島津昇一
出演キャスト
高倉健 岡田英次 佐久間良子 小宮光江

天下の快男児 万年太郎

  • 1960年1月15日(金)公開
  • 出演(野山鶴子 役)

源氏鶏太の原作を、「旅情」の舟橋和郎が脚色し、「高度7000米 恐怖の四時間」の小林恒夫が監督した明朗サラリーマンもの。撮影は「ふたりの休日」の飯村雅彦。

監督
小林恒夫
出演キャスト
高倉健 山東昭子 中村是好 吉川満子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 三浦光子