映画-Movie Walker > 人物を探す > 安城百合子

年代別 映画作品( 1960年 ~ 1966年 まで合計32映画作品)

1966年

愛欲(1966)

  • 1966年4月1日(金)公開
  • 出演(ホステス 役)

「廓育ち」の佐藤純彌と森川英太郎が共同でシナリオを執筆、佐藤純彌が自ら監督した風俗もの。撮影は「ギャング頂上作戦」の西川庄衛。

監督
佐藤純彌
出演キャスト
佐久間良子 三田佳子 三國連太郎 丹波哲郎
1965年

流れ者仁義

  • 1965年11月20日(土)公開
  • 出演(明子 役)

「昭和残侠伝」でトリオの村尾昭、山本英明、松本功が共同でシナリオを執筆、「かも」の関川秀雄が監督したヤクザもの。撮影は「冷飯とおさんとちゃん」の飯村雅彦。

監督
関川秀雄
出演キャスト
高城丈二 梅宮辰夫 岡崎二朗 桜町弘子

おんな番外地 鎖の牝犬

  • 1965年10月15日(金)公開
  • 出演(葉山茂子 役)

「続・兵隊やくざ」の舟橋和郎がオリジナル・シナリオを執筆、「いろ」の村山新治が監督した“おんな番外地”シリーズ第一作。撮影は「おゝい、雲!」の林七郎。

監督
村山新治
出演キャスト
緑魔子 浦辺粂子 原知佐子 若水ヤエ子

怪談片目の男

  • 1965年9月4日(土)公開
  • 出演(秋山圭子 役)

「怪談せむし男」の高岩肇と「大勝負」の宮川一郎が共同でシナリオを執筆、「銃殺」の小林恒夫が監督した“怪談シリーズ”の第二作目。撮影は高梨昇。

監督
小林恒夫
出演キャスト
西村晃 中原早苗 北条きく子 三島雅夫

次郎長三国志 甲州路殴り込み

  • 1965年8月25日(水)公開
  • 出演(投げ節お仲 役)

村上元三の原作を、「次郎長三国志」のマキノ雅弘、山内鉄也が共同で脚色、マキノ雅弘が監督した“次郎長”シリーズ第四作目。撮影もコンビの山岸長樹。

監督
マキノ雅弘
出演キャスト
鶴田浩二 大木実 山城新伍 曽根晴美

悪魔のようなすてきな奴

  • 1965年5月15日(土)公開
  • 出演(朱美 役)

「拳銃無頼帖 流れ者の群れ」の松浦健郎が原作・脚色し「赤いダイヤ」の小西通雄が監督した風俗もの。撮影は「顔役(1965)」の星島一郎。

監督
小西通雄
出演キャスト
高城丈二 杉浦直樹 緑魔子 三島雅夫

黒い猫

  • 1965年2月13日(土)公開
  • 出演(マリ 役)

「悪女」でコンビの下飯坂菊馬と渡辺祐介がシナリオを執筆、渡辺祐介が監督した女性もの。撮影もコンビの西川庄衛。

監督
渡辺祐介
出演キャスト
三田佳子 木暮実千代 緑魔子 金子信雄

飢餓海峡

  • 1965年1月15日(金)公開
  • 出演(葛城時子 役)

水上勉の同名小説を「鮫」の鈴木尚之が脚色「宮本武蔵 一条寺の決闘」の内田吐夢が監督した推理劇。撮影は「路傍の石(1963)」の仲沢半次郎。16ミリからのブローアップ、ネガ像とポジ像を密着してのポジ焼きつけ、現像途中での意識的な露光による「東映W106方式」を採用。1964年12月27日公開予定であったが制作の遅れから、翌年の1965年1月15日公開へと順延、「あの雲に歌おう」との二本立て興行となった。1964年度キネマ旬報ベスト・テン日本映画5位。

監督
内田吐夢
出演キャスト
三國連太郎 風見章子 左幸子 加藤嘉
1964年

牝(1964)

  • 1964年11月21日(土)公開
  • 出演(女店員 役)

「帰郷(1964)」の馬場当がシナリオを執筆「悪女」の渡辺祐介が監督した風俗もの。撮影は「狼と豚と人間」の星島一郎。

監督
渡辺祐介
出演キャスト
中村伸郎 緑魔子 菅佐原英一 久保菜穂子

肉体の盛装

  • 1964年11月21日(土)公開
  • 出演(雪子 役)

新藤兼人の原作“偽われる盛装”を自ら脚色「海軍」の村山新治が監督した女性ドラマ。撮影は「赤いダイヤ」の坪井誠。

監督
村山新治
出演キャスト
佐久間良子 藤純子 丹阿弥谷津子 岩本多代
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 安城百合子