映画-Movie Walker > 人物を探す > 尾崎和枝

年代別 映画作品( 1960年 ~ 1961年 まで合計11映画作品)

1961年

美少年変化 竜の岬の決闘

  • 1961年6月21日(水)
  • 出演(多絵 役)

「美少年変化」の続篇で、前作の安田公義に代って「うっちゃり姫君」の田坂勝彦が監督した。脚色・八尋不二、撮影・牧田行正は前作に引続いての担当。

監督
田坂勝彦
出演キャスト
成田純一郎 丹羽又三郎 三田登喜子 尾崎和枝

美少年変化

  • 1961年5月31日(水)
  • 出演(多絵 役)

北村寿夫の原作を、「桜田門」の八尋不二が脚色し、「飛び出した女大名」の安田公義が監督した成田純一郎の第一回主演作。撮影は牧田行正が担当した。

監督
安田公義
出演キャスト
成田純一郎 丹羽又三郎 尾崎和枝 宇治みさ子

大菩薩峠 完結篇(1961)

  • 1961年5月17日(水)
  • 出演(山の娘 役)

「大菩薩峠(1960)」の第三部・完結編で、中里介山の原作を、一・二郎に続き衣笠貞之助が脚色し、三隅研次に代って「おけさ唄えば」の森一生が監督した。撮影も「おけさ唄えば」の本多省三。

監督
森一生
出演キャスト
市川雷蔵 中村玉緒 小林勝彦 本郷功次郎

旅はお色気

  • 1961年4月26日(水)
  • 出演(朱実 役)

「赤穂浪士(1961)」の小国英雄の脚本を新人黒田義之が監督した明朗時代劇。黒田監督は昭和三年生れ、立命館大学卒後、大映京都に入り、伊藤大輔、安田公義らに師事した。撮影は「天下あやつり組」の本田平三。

監督
黒田義之
出演キャスト
小林勝彦 浦路洋子 近藤美恵子 丹羽又三郎

寄切り若様

  • 1961年4月2日(日)
  • 出演(あや 役)

「刺客屋敷」の吉田哲郎のオリジナル・シナリオを、「わんぱく公子」の弘津三男が監督した三田村元の時代劇。「刺客屋敷」の竹村康和が撮影した。

監督
弘津三男
出演キャスト
三田村元 中村豊 鶴見丈二 小桜純子

晴小袖

  • 1961年1月9日(月)
  • 出演(お嬢さん 役)

川口松太郎の原作を、「武器なき斗い」の共同執筆者・依田義賢が脚色し、「一本刀土俵入(1960)」の安田公義が監督したもので、深川木場を背景にした明治もの。撮影は「月の出の血闘(1960)」の武田千吉郎。昭和十五年、新興キネマで映画化されたことがある。

監督
安田公義
出演キャスト
長谷川一夫 月丘夢路 鳳八千代 根上淳

木曽ぶし三度笠

  • 1961年3月1日(水)
  • 出演(お国 役)

「唄は峠を越えて」の犬塚稔の脚本を、「妖花伝」の加戸敏が監督した歌謡股旅もの。撮影は「晴小袖」の武田千吉郎。

監督
加戸敏
出演キャスト
小林勝彦 三田村元 橋幸夫 井上明子
1960年

わんぱく公子

  • 1960年11月22日(火)
  • 出演(浪江 役)

山手樹一郎の同名小説を映画化した明朗時代劇で、「競艶八剣伝」の松村正温が脚色し、「海蛇大名」の弘津三男が監督した。撮影も「海蛇大名」の牧浦地志。

監督
弘津三男
出演キャスト
鶴見丈二 中村豊 島田竜三 浦路洋子

忠直卿行状記

  • 1960年11月22日(火)
  • 出演(主馬の召使 役)

菊池寛のおなじみの小説の映画化で、「疵千両」の八尋不二が脚色し、「不知火検校」の森一生が監督した。撮影も「不知火検校」の相坂操一。

監督
森一生
出演キャスト
市川雷蔵 小林勝彦 山内敬子 丹羽又三郎

競艶八剣伝

  • 1960年8月24日(水)
  • 出演(三輪 役)

島田一男の新聞連載小説を「源太郎船」の共同執筆者・松村正温が脚色し、「虹之助乱れ刃」の西山正輝が監督した娯楽時代劇。撮影は「幽霊小判」の本田平三。

監督
西山正輝
出演キャスト
中村豊 阿井美千子 三田登喜子 林成年
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 尾崎和枝