TOP > 人物を探す > 加戸敏

年代別 映画作品( 1948年 ~ 1963年 まで合計46映画作品)

1954年

怪猫逢魔が辻

  • 1954年12月29日(水)
  • 監督

大映怪猫映画の第四作で、企画者高桑義生の小説を前三作と同じく木下藤吉が脚色し、「投げ唄左門三番手柄 覆面髑髏隊」の加戸敏と武田千吉郎がそれぞれ監督、撮影に当る。前三作同様、入江たか子が主演するほか「丹下左膳 こけ猿の壷」の坂東好太郎、「お富さん」の勝新太郎「投げ唄左門三番手柄 覆面髑髏隊」の阿井美千子、「馬賊芸者」の村田知英子のほか霧立のぼる、橘公子、香川良介などが出演する。

監督
加戸敏
出演キャスト
入江たか子 坂東好太郎 勝新太郎 阿井美千子

投げ唄左門三番手柄 覆面髑髏隊

  • 1954年11月10日(水)
  • 監督

左門捕物映画の第三作。「水戸黄門漫遊記 地獄極楽大騒ぎ」の尾形十三雄が脚本を書き、「怪猫岡崎騒動」の加戸敏が監督、「赤穂義士(1954)」の武田千吉郎が撮影する。前二作と同じく黒川弥太郎(「赤穂義士(1954)」)が主演し、「銭形平次捕物控 幽霊大名」の長谷川裕見子、「伊達騒動 母御殿」の阿井美千子、市川小太夫、香川良介、「若い人たち」の御橋公らが出演するほか新人江島みどりがデビュウする。

監督
加戸敏
出演キャスト
黒川弥太郎 長谷川裕見子 阿井美千子 市川小太夫

怪猫岡崎騒動

  • 1954年7月21日(水)
  • 監督

「怪猫有馬御殿」の木下藤吉が吉田哲郎と協力して書いた脚本を、「阿波おどり狸合戦」の加戸敏が監督する。撮影は同じく「阿波おどり狸合戦」の武田千吉郎で、音楽は「血ざくら判官」の山田栄一。「妻恋黒田節」の入江たか子、「殴り込み孫悟空」の坂東好太郎、阿井三千子に、杉山昌三九、霧立のぼる等の出演。

監督
加戸敏
出演キャスト
入江たか子 坂東好太郎 阿井美千子 杉山昌三九

阿波おどり狸合戦

  • 1954年3月13日(土)
  • 監督

阿波の国の民話に取材した狸映画で、「山椒大夫」の八尋不二のオリジナル脚本を「黒帯嵐」の加戸敏が監督している。撮影も「黒帯嵐」の武田千吉郎、出演者は「妻恋黒田節」の黒川弥太郎、南條新太郎、赤坂小梅、「番町皿屋敷 お菊と播磨」の阿井三千子、羅門光三郎、「怪盗まだら蜘蛛」でデビューした三田登喜子などである。

監督
加戸敏
出演キャスト
黒川弥太郎 南條新太郎 阿井美千子 羅門光三郎
1953年

黒帯嵐

  • 1953年11月3日(火)
  • 監督

読切読物倶楽部に連載された甲斐克彦の原作を、「砂絵呪縛(1953)」の八尋不二が脚色、「木曽路の子守唄」の加戸敏、武田千吉郎が監督、撮影にあたった。「血闘(1953)」の三田隆、「怪談佐賀屋敷」の伏見和子、「坊っちゃん(1953)」の藤間紫、「地獄門」の小柴幹治、千田是也、「続砂絵呪縛 雪女郎」の杉山昌三九などが出演している。

監督
加戸敏
出演キャスト
三田隆 伏見和子 藤間紫 伊沢一郎

木曽路の子守唄

  • 1953年8月5日(水)
  • 監督

伊丹秀子の特別口演になる浪曲時代映画で「決戦高田の馬場」の木下藤吉が脚本を書き、「凸凹太閤記」の加戸敏が監督している。撮影は「決闘五分前」の武田千吉郎。出演者は「関の弥太ッぺ(1953)」の黒川弥太郎、「胡椒息子」の伏見和子、「人形佐七捕物帖 通り魔」の杉山昌三九、東京若草劇団の子役毛利充宏のほかに、テイチクの田端義夫、菅原都々子が特別出演している。

監督
加戸敏
出演キャスト
黒川弥太郎 伏見和子 霧立のぼる 市川小太夫

凸凹太閤記

  • 1953年1月28日(水)
  • 監督

企画・監督はそれぞれ「社長秘書」の辻久一、加戸敏、脚本は「腰抜け巌流島」の民門敏雄が担当した。撮影は「神州天馬侠(1952)」の牧田行正。「一等社員」の森繁久彌、「明日は日曜日」の伏見和子、「すっ飛び駕」の黒川弥太郎の他、坂東好太郎、入江たか子、清川虹子、山口勇、渡辺篤等が出演している。

監督
加戸敏
出演キャスト
森繁久彌 伏見和子 入江たか子 黒川弥太郎

社長秘書

  • 1953年1月22日(木)
  • 監督

辻久一の企画によって「大あばれ孫悟空」の八尋不二、加戸敏がそれぞれ脚本、監督を担当したサラリーマンもの。撮影、音楽も又「大あばれ孫悟空」の竹村康和、白木義信である。「巣鴨の母」の根上淳、「いついつまでも」の木村三津子、「千羽鶴(1953)」の進藤英太郎、「鞍馬の火祭」の入江たか子、「腰抜け巌流島」の清川虹子、「勘太郎月夜唄」の大美輝子、「二人の瞳」の岡村文子、「稲妻(1952)」の植村謙二郎などが出演している。

監督
加戸敏
出演キャスト
根上淳 木村三津子 進藤英太郎 入江たか子
1952年

大あばれ孫悟空

  • 1952年9月4日(木)
  • 監督

「怪談深川情話」と同じく高桑義生が、「西遊記」シリーズとして原案を立てている。脚本は「振袖狂女」の八尋不二(「西遊記(1952)」と同じく)、監督は「女次郎長ワクワク道中」の加戸敏、撮影は「雪崩(1952)」の竹村康和である。出演者の顔ぶれは、「利根の火祭」の坂東好太郎と若杉曜子、「新やじきた道中」の伴淳三郎と清川虹子のほか、柳家金語楼、羅門光三郎、長谷川照容などである。

監督
加戸敏
出演キャスト
坂東好太郎 伴淳三郎 羅門光三郎 柳家金語楼
1951年

緑の果てに手を振る天使

  • 1951年5月12日(土)
  • 監督

三宮杉久の原作を、ヴェテラン犬塚稔が脚色、「絢爛たる殺人」の加戸敏が監督したもので「赤い鍵」の辻久一の企画である。出演者は、新派の大矢市次郎に、飯野公子改め、鳩えり子、「赤い鍵」の堀雄二、それに新人子役春野すみれが活躍することになっている。

監督
加戸敏
出演キャスト
大矢市次郎 春野すみれ 鳩えり子 堀雄二
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 加戸敏