TOP > 映画監督・俳優を探す > 奈良ひろみ

年代別 映画作品( 1958年 ~ 1962年 まで合計9映画作品)

1962年

家庭の事情

  • 1962年1月3日(水)
  • 出演(女秘書 役)

オール読物連載の源氏鶏太の原作を、「献身」の新藤兼人が脚色。「女の勲章」の吉村公三郎が監督した老サラリーマンをめぐるホームドラマ。撮影は「可愛いめんどりが歌った」の小原譲治。

監督
吉村公三郎
出演キャスト
山村聡 若尾文子 叶順子 三条魔子
1961年

男の銘柄

  • 1961年11月12日(日)
  • 出演(隣家の主婦 役)

週刊文春に連載された円地文子の原作を荒井八郎が脚色。「幼馴染みというだけさ」の弓削太郎が監督した情事もの。撮影はコンビの石田博。

監督
弓削太郎
出演キャスト
筑波久子 大瀬康一 根上淳 渋沢詩子

性生活の知恵

  • 1961年7月28日(金)
  • 出演(杉田和子 役)

謝国権のベストセラーから関口多景志・桜井康裕が脚本を書き、水野治が監督したもので、五話にわかれている。撮影は「背広姿の渡り鳥」の渡辺徹。

監督
水野洽
出演キャスト
松村達雄 竹村南海児 三浦友子 隅田一男

お嬢さん(1961)

  • 1961年2月15日(水)
  • 出演(「花村」の女中 役)

三島由紀夫の同名小説を、「警視庁物語 不在証明 十五才の女」の長谷川公之が脚色し、「東京の空の下で」の弓削太郎が監督した青春編。撮影は「黒い樹海」の小林節雄。

監督
弓削太郎
出演キャスト
若尾文子 川口浩 野添ひとみ 田宮二郎
1960年

鎮花祭

  • 1960年11月1日(火)
  • 出演(「六愛」の女店員A 役)

丹羽文雄の週刊誌連載小説の映画化。「喧嘩太郎」の松浦健郎が脚色し、「熱い砂」の瑞穂春海が監督した。撮影は「女妖」の中川芳久。

監督
瑞穂春海
出演キャスト
若尾文子 根上淳 丸山修 吉川満子

歌行燈(1960)

  • 1960年5月18日(水)
  • 出演(おいな 役)

泉鏡花の同名小説を映画化したもので、衣笠貞之助・相良準が脚色、「かげろう絵図」の衣笠貞之助が監督した。撮影は「嫌い嫌い嫌い」の渡辺公夫。

監督
衣笠貞之助
出演キャスト
市川雷蔵 柳永二郎 信欣三 中条静夫
1958年

別れたっていいじゃないか

  • 1958年10月15日(水)
  • 出演(看護婦 役)

神戸一郎のヒットソングを織りこんだ歌謡映画。「白いジープのパトロール」の星川清司の脚本を、「嵐の講道館」の枝川弘が監督、石田博が撮影した。「都会という港」の川崎敬三、「不敵な男」の川上康子が主演するほか、神戸一郎が特別出演している。

監督
枝川弘
出演キャスト
川崎敬三 川上康子 神戸一郎 永井智雄

夜の素顔

  • 1958年10月15日(水)
  • 出演(朱実の弟子 役)

「不敵な男」の新藤義人のオリジナル・シナリオを、「一粒の麦」の吉村公三郎が監督したもので、自己の野望のため権謀術数を弄して舞踊界の花形になった一人の女の半生と、それを追い越そうとする若い弟子の葛藤を描いたドラマ。撮影は「一粒の麦」の中川芳久。「赤線の灯は消えず」の京マチ子、「一粒の麦」の若尾文子をはじめ、根上淳・菅原謙二・細川ちか子・小野道子・坂東簑助らが出演する。

監督
吉村公三郎
出演キャスト
京マチ子 若尾文子 細川ちか子 根上淳

素っ裸の青春

  • 1958年8月12日(火)
  • 出演(菊 役)

大学生と海女との恋を描いた青春映画。「赤線の灯は消えず」の相良準の脚本を、「恋を掏った女」の原田治夫が監督、「赤線の灯は消えず」の渡辺公夫が撮影した。「息子の結婚」の川崎敬三、叶順子、「赤線の灯は消えず」の船越英二、「俺たちは狂っていない」の仁木多鶴子、紺野ユカなどが出演している。

監督
原田治夫
出演キャスト
川崎敬三 叶順子 仁木多鶴子 紺野ユカ

奈良ひろみの関連人物

竹里光子  川崎敬三  若尾文子  根上淳  星ひかる 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 奈良ひろみ

ムービーウォーカー 上へ戻る