映画-Movie Walker > 人物を探す > 市田ひろみ

年代別 映画作品( 1956年 ~ 2005年 まで合計47映画作品)

2005年

二人日和

  • 2005年11月26日(土)公開
  • 出演(千恵の友人 役)

藤村志保&栗塚旭のベテラン俳優を迎えて描く大人のメロドラマ。京都の町家を舞台に、長年連れ添ってきた老夫婦の暮らしぶりから愛のかたちをつづる感動作。

監督
野村惠一
出演キャスト
藤村志保 栗塚旭 賀集利樹 山内明日
1995年

幻の光

  • 1995年12月9日(土)公開
  • 出演(初子 役)

“生と死”“喪失と再生”をテーマに、宮本輝の告白体の同名小説を映画化した人間ドラマ。これまでテレビのドキュメンタリーを数多く手掛けてきた是枝裕和の劇映画デビュー作。主演はモデル出身でこれが映画デビューとなった、テレビ・ドラマ『輝け燐太郎』の江角マキコ。第52回ヴェネチア国際映画賞・金のオゼッラ賞ほか、国内外で多くの賞を受賞した。95年度キネマ旬報ベストテン第4位。

監督
是枝裕和
出演キャスト
江角マキコ 内藤剛志 浅野忠信 柏山剛毅
1963年

暗黒街NO.1

  • 1963年12月19日公開
  • 出演(カオル 役)

菊田一夫原作“香港ジョー”より「ギャング忠臣蔵」の松浦健郎が脚色、「風速七十五米」の田中重雄が監督したアクションドラマ。撮影もコンビの高橋通夫。

監督
田中重雄
出演キャスト
宇津井健 藤巻潤 高松英郎 早川雄三

彼女と彼(1963)

  • 1963年10月18日公開
  • 出演(看護婦 役)

清水邦夫と「充たされた生活」の羽仁進が共同でオリジナル・シナリオを執筆、羽仁進が監督した社会ドラマ撮影もコンビの長野重一。

監督
羽仁進
出演キャスト
左幸子 岡田英次 山下菊二 長谷川明男

女が愛して憎むとき

  • 1963年8月28日公開
  • 出演(悠子 役)

「イチかバチか」の菊島隆三のオリジナル・シナリオを、「温泉芸者」の富本壮吉が監督した愛情ドラマ。撮影もコンビの小原譲治。

監督
富本壮吉
出演キャスト
若尾文子 田宮二郎 仁木多鶴子 森光子

温泉女中

  • 1963年7月27日公開
  • 出演(女あんま 役)

「温泉芸者」「温泉あんま」につぐ温泉もの第三作目。「すてきな16才」の高橋二三のオリジナルシナリオを「黒の死球」の瑞穂春海が監督した風俗喜劇。撮影もコンビの中川芳久。

監督
瑞穂春海
出演キャスト
滝瑛子 姿美千子 川崎敬三 清川玉枝

黒の死球

  • 1963年6月8日公開
  • 出演(銀座バーのマダム 役)

オール読物所載・高原弘吉原作“あるスカウトの死”を「やっちゃ場の女」の田口耕三が脚色、「殺陣師段平(1962)」の瑞穂春海が監督した推理もの、“黒”シリーズの七作目である。撮影は「黒の報告書」の中川芳久。

監督
瑞穂春海
出演キャスト
宇津井健 河野秋武 藤由紀子 倉石功

温泉あんま

  • 1963年5月15日公開
  • 出演(万竜 役)

「温泉芸者」につぐ温泉シリーズの第二作。「温泉芸者」の下飯坂菊馬と「あした逢う人」の桜井康裕と小滝光郎が共同で脚本を執筆、「瘋癲老人日記」の木村恵吾が監督した風俗喜劇。撮影は「背広の忍者」の石田博。

監督
木村恵吾
出演キャスト
叶順子 高千穂ひづる 川崎敬三 多々良純
1962年

男と女の世の中

  • 1962年9月1日公開
  • 出演(達子 役)

週刊新潮連載源氏鶏太原作を「女房学校」の斎藤良輔が脚色、「情熱の詩人啄木」の島耕二が監督したコミカル・ドラマ。撮影は「すてきな16才」の渡辺公夫。

監督
島耕二
出演キャスト
船越英二 本郷功次郎 万里昌代 三条江梨子

爛(1962)

  • 1962年3月14日公開
  • 出演(みどり 役)

徳田秋声原作から「献身」の新藤兼人が脚色、「うるさい妹たち」の増村保造が監督した文芸もの。撮影は「誘拐」の小林節雄。

監督
増村保造
出演キャスト
若尾文子 田宮二郎 水谷良重 丹阿弥谷津子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 市田ひろみ