TOP > 映画監督・俳優を探す > 団徳麿

年代別 映画作品( 1950年 ~ 1966年 まで合計107映画作品)

1966年

日本侠客伝 血斗神田祭り

  • 1966年2月3日(木)
  • 出演(岸八 役)

「日本侠客伝 関東篇」の笠原和夫がオリジナルシナリオを執筆、コンビのマキノ雅弘が監督した“日本侠客伝”シリーズ第四作目。撮影は「大勝負」のわし尾元也。

監督
マキノ雅弘
出演キャスト
高倉健 大木実 藤山寛美 山本麟一

十七人の忍者 大血戦

  • 1966年1月26日(水)
  • 出演(伴藤内 役)

「刑事 (デカ)」の池上金男と「間諜」の鳥居元宏が共同でシナリオを執筆、鳥居元宏が監督した忍者もの。撮影は「主水之介三番勝負」の赤塚滋。

監督
鳥居元宏
出演キャスト
松方弘樹 小川知子 大友柳太朗 三島ゆり子
1965年

股旅 三人やくざ

  • 1965年5月22日(土)
  • 出演(牛右衛門 役)

「日本侠客伝 浪花篇」の笠原和夫が第一話を、「御存じ いれずみ判官」の中島貞夫が第二話を、「赤い手裏剣」の野上龍雄が第一話を、それぞれ執筆、「御存じ いれずみ判官」の沢島忠が監督したオムニバス時代劇。撮影もコンビの古谷伸。

監督
沢島正継
出演キャスト
仲代達矢 桜町弘子 内田朝雄 尾形伸之介
1964年

忍者狩り(1964)

  • 1964年9月5日(土)
  • 出演(赤蛙 役)

「江戸犯罪帳 黒い爪」の高田宏治のオリジナル・シナリオを新人山内鉄也が監督した忍者もの。撮影は赤塚滋。

監督
山内鉄也
出演キャスト
近衛十四郎 佐藤慶 山城新伍 河原崎長一郎
1963年

月影忍法帖 二十一の眼

  • 1963年12月15日(日)
  • 出演(伯典 役)

山田風太郎原作“忍者月影抄”より、「雲の剣風の剣」の結束信二と「霧の港の赤い花」の森田新が共同で脚色、「江戸忍法帖 七つの影」の倉田準二が監督した忍者もの。撮影は「おれは侍だ 命を賭ける三人」の伊藤武夫。

監督
倉田準二
出演キャスト
松方弘樹 里見浩太朗 近衛十四郎 中谷一郎

伊賀の影丸

  • 1963年7月24日(水)
  • 出演(くも丸 役)

週刊少年サンデー連載・横山光輝原作の同名漫画を「江戸忍法帖 七つの影」の高田宏治が脚色、「鷹天皇飄々剣 吉野の風雲児 大江戸の対決」の小野登が監督した忍者もの。撮影は「柳生武芸帳 片目の十兵衛」の脇武夫。

監督
小野登
出演キャスト
松方弘樹 羽柴久 斎藤信男 小谷悦子

いれずみ半太郎

  • 1963年2月10日(日)
  • 出演(杢助 役)

長谷川伸原作“刺青奇偶”を「若ざくら喧嘩纏」の野上龍雄が脚色、「大暴れ五十三次」のマキノ雅弘が監督した股旅もの。撮影は、「次郎長と小天狗 殴り込み甲州路」の吉田貞次。

監督
マキノ雅弘
出演キャスト
大川橋蔵 丘さとみ 夏川静枝 進藤英太郎
1962年

血煙り笠

  • 1962年10月12日(金)
  • 出演(音造 役)

「赤い影法師」の比佐芳武のオリジナル・シナリオを、「右門捕物帖 紅蜥蜴」の松田定次が監督した股旅もの。撮影もコンビの川崎新太郎。

監督
松田定次
出演キャスト
大川橋蔵 里見浩太朗 朝丘雪路 児玉悦治

天下の御意見番

  • 1962年1月31日(水)
  • 出演(町人 役)

「美男の顔役」の小国英雄のオリジナル・シナリオを「維新の篝火」の松田定次が監督した時代劇の娯楽篇。撮影もコンビの川崎新太郎。

監督
松田定次
出演キャスト
月形龍之介 松方弘樹 北大路欣也 木村功
1961年

維新の篝火

  • 1961年10月14日(土)
  • 出演(猿廻し 役)

オール読物所載の池波正太郎の『色』を「出世武士道」の結束信二が脚色、「新吾二十番勝負 第二部」の松田定次が監督した。新選組副隊長土方歳三の恋の苦悩を描く異色時代劇。撮影は「出世武士道」の川崎新太郎。

監督
松田定次
出演キャスト
片岡千恵蔵 月形龍之介 岡田英次 里見浩太朗
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 団徳麿

ムービーウォーカー 上へ戻る