TOP > 映画監督・俳優を探す > 光岡早苗

年代別 映画作品( 1959年 ~ 1963年 まで合計65映画作品)

1963年

ギャング忠臣蔵

  • 1963年10月20日(日)
  • 出演(芸者A 役)

「男の嵐」の松浦健郎がオリジナル・シナリオを執筆、「暴力団」の小沢茂弘が監督したギャングもの。撮影は「親分を倒せ」の西川庄衛。

監督
小沢茂弘
出演キャスト
片岡千恵蔵 山村聡 今井健二 進藤英太郎

やくざの歌

  • 1963年9月8日(日)
  • 出演(朱実 役)

池田雄一がオリジナルシナリオを執筆、若林幹が監督した歌謡ドラマ。撮影は「カメラ・トップ屋 お嬢さんが狙ってる お色気無手勝流」の高梨昇。

監督
若林幹
出演キャスト
千葉真一 北島三郎 本間千代子 佐々木孝丸

民謡の旅 秋田おばこ

  • 1963年6月9日(日)
  • 出演(梨枝 役)

「べらんめえ芸者と丁稚社長」の監督渡辺邦男と「新選組血風録 近藤勇」の笠原和夫が共同で脚本を執筆、渡辺邦男が監督した民謡ドラマ。撮影はコンビの渡辺孝。

監督
渡辺邦男
出演キャスト
美空ひばり 山下洵一郎 小川虎之助 南廣

べらんめえ芸者と丁稚社長

  • 1963年1月23日(水)
  • 出演(若葉 役)

お馴染べらんめえ芸者シリーズの七本目。「祇園の暗殺者」の笠原和夫のオリジナル・シナリオを、「三百六十五夜(1962)」の渡辺邦男が監督。撮影もコンビの渡辺孝。

監督
渡辺邦男
出演キャスト
美空ひばり 浪花千栄子 進藤英太郎 梅宮辰夫

警視庁物語 十代の足どり

  • 1963年7月7日(日)
  • 出演(女教師 役)

警視庁シリーズの第二一話。スタッフは前作「警視庁物語 ウラ付け捜査」と同じ。

監督
佐藤肇
出演キャスト
神田隆 堀雄二 花澤徳衛 南廣
1962年

太平洋のGメン

  • 1962年4月22日(日)
  • 出演(バーの女A 役)

「恋と太陽とギャング」の石井輝男が脚本・監督を相当したアクションもの。撮影は「地獄の底をぶち破れ」の西川庄衛。

監督
石井輝男
出演キャスト
片岡千恵蔵 江原真二郎 丹波哲郎 沖竜次

誇り高き挑戦

  • 1962年3月28日(水)
  • 出演(ロバートの秘書 役)

「白昼の無頼漢」の佐治乾のオリジナル・シナリオをコンビの深作欣二が監督したサスペンス・ドラマ。撮影もコンビの星島一郎。

監督
深作欣二
出演キャスト
鶴田浩二 丹波哲郎 梅宮辰夫 大空真弓

べらんめえ芸者と大阪娘

  • 1962年2月7日(水)
  • 出演(テレビのコマーシャル・ガール 役)

べらんめえ芸者シリーズの第三作。スタッフは前回の「べらんめえ芸者佐渡へ行く」と同じ。

監督
渡辺邦男
出演キャスト
美空ひばり 高倉健 石黒達也 水原弘
1961年

万年太郎と姐御社員

  • 1961年10月7日(土)
  • 出演(古川みどり 役)

太郎シリーズの四作目。講談倶楽部連載の源氏鶏太の小説を「新人生劇場」の舟橋和郎が脚色、「金も命もいらないぜ」の小林恒夫が監督した。撮影は新東宝から転社した岡戸嘉外。

監督
小林恒夫
出演キャスト
高倉健 星輝美 月形龍之介 小林裕子

魚河岸の女石松

  • 1961年5月31日(水)
  • 出演(ビート喫茶のマダム 役)

直居欽哉と横山保朗の共同脚本を、「八荒流騎隊」の工藤栄一が監督したひばりの明朗編。撮影担当は「アマゾン無宿 世紀の大魔王」の西川庄衛。

監督
工藤栄一
出演キャスト
美空ひばり 山形勲 吉川満子 柳永二郎

光岡早苗の関連人物

神田隆  須藤健  沢彰謙  曽根秀介  大東良 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 光岡早苗

ムービーウォーカー 上へ戻る